世の中、ほんとうに変わりました。こんなものがネットで売っていて、そして実際に売れている!!







こちらがこの半年のアマゾンのドローンの売り上げ一番の商品だそうです。規制対象外のものだそうで、わずか14453円。私はプライム会員なので、買ったとしても送料無料です。

あと2~3年したら、ドローンが商品の配達をするようになるのかもしれない。

KENTA039_madaaketenai_TP_V1


プライム会員は年間3900円の会費を払う必要があるけど、私のようにちょくちょく注文する人は、送料が無料なのですぐに元がとれます。

しかもプライム会員の特典はすごい!!

アマゾンのページより抜粋
  • 無料の配送特典

    Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。

  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料

    Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。

  • プライム・ビデオ

    映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。

  • Prime Music

    追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。

  • プライム・フォト

    Amazon Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。

  • Amazonパントリー

    食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点からご購入いただけるサービスです。ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届けします。

  • Dash Button

    Dash Buttonを使用すると、お好みの商品を切らすことなく注文できます。

  • プライム会員限定先行タイムセール

    タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。

  • Kindleオーナーライブラリーの利用

    対象タイトルの中からお好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーをご利用いただけます。日本国内のお客様のみが対象です。ご利用にはKindle端末が必要です。

  • ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(Amazonファミリー特典)

    おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになるAmazonファミリー特典をご利用いただけます。

  • 家族と一緒に使い放題

    会員ご本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録できます。家族会員は、上記のAmazonプライムの配送に関する特典を無料でご利用いただけます。

  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引

    日用品ほか対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便をプライム会員ならさらにお得にご利用いただけます。おまとめ割引が適用されるには一定の条件があります。

秋田県で暮しはじめてから、ますますアマゾンで買うことが多くなりました。お店は遠いし、行ったとしても満足な品ぞろえはないし。それならアマゾンで買ったほうが確実なのです。

秋田は、さすがに都内ほど早くは届かなくて、ほとんどのものは2日後です。それでも特にこまりません。

重いものなどは、家の中まで運んでもらえるのでらくちんです。



今日はこちらを注文しました、熱中症対策で母にのませなくてはなりません。








プライムは年間3900円の会費が必要だけど、時々買い物をする人なら送料無料なので、すぐに元がとれちゃう。しかも特典がすごい!!

そしてリピートで買うのがこちらのインク
なくなりそうになれば 即アマゾンでポチッ です。



この半年で一番よい買い物をしたなと思ったのは、


これをノートパソコンにつないでアマゾンミュージックを聞いています。この値段でこの性能の良さには驚きです。

他に、本 はほとんどアマゾン。こうしてみるといつのまにかアマゾンに生活の多くの部分をゆだねています。

アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは、今や世界一の資産家になろうとしています。彼がアマゾンでやってきたことはインターネットを変え、産業を変え、消費者をすっかり変えてしまった。われわれの生活にあまりに密着してその隅々にまで入り込んでいます。

この驚きの現実にまばたきしている間にも進化が止まらない。私のキャパシティーが少ない旧式の脳のコンピューターではついていくのに必死。もはや振り落とされている・・・・・

文明の進化に感謝して利用させていただくのだが、どこまで行くのかわからない怖さが一瞬こころをよぎる今日この頃です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村