先日からのブログについての記事、本当にたくさんの方に読んでいただけてうれしいです。こんなにブログについて知りたい人がいたなんておどろきです。私の経験がお役にたてて幸せです。

今までブログについて書いた記事はこちらです。

・ 元ニットデザイナー・手編み講師が語るブログの書き方 なぜブログを書くのか?

・ ブログタイトルは死ぬほど大事! 

・ 肩書きプロフィールはブログの顔です

CSS_ashiwokumuofficer1292_TP_V1
今日は、ブログのプロフィールの顔についてです。

 ブログのプロフィール画像は自分の顔を出さなくてはいけないのか? 

ブログやFBのプロフィール画像は何を使っていますか?  まさかピグではありませんよね?  ペットの写真や、アニメのキャラではありませせんよね? 花や食べ物ではありませんよね? 

顔を出さなくてはいけないという決まりはありません。本当は何だっていいのです。

でも、あなたは何のためにブログを書いていますか? たぶん私のブログを見に来る方は、ハンドメイド系の講師や、作家さんなどが多いはず。そのほか、セラピストでもネイリストでも、仕事に結びつけようと思って書いているはず。

だったらプロフィールの写真は自分の顔が断然いいです。特にお客様と直接会う仕事なら、私は自分の顔写真を使うことをおすすめします。

例えば、あなたが歯が痛くて歯医者さんをさがしているとします。歯医者さんて行きたくないよ~~~と思いながら、行けそうな歯医者はどこにあるか検索します。そしてあなたが女性なら、イケメンの先生の画像が載っていたらそこに決めるはず。男性なら、看護士さんが制服を着てニッコリ笑っている画像があったら、むしろ行きたくなるはず(笑)

あなたの教室でも、サロンでも、ちゃんと顔を出したほうがお客様は安心して来てくれます。

プロフィールの画像を見て、お客様は文章の何倍もの情報を得ます。
・ このブログを書いている人は男なのか女なのか?
・ 何歳くらいなのか?
・ 怖くはないか?
・ 暗い感じではないのか?
・ どんな体格なのか?

などという情報をキャッチします。顔をかくしたりせず、顔の全体がわかるように撮ってください。お客様と直接会う仕事なんですから、どうせ顔が見られてしまうんですよ(笑)

そして、どこかの企業が仕事を依頼したいと思ったとします。いいことを書いていたり、よい作品を載せていたとしても、プロフィール名が nekomama で画像がピグ の人に仕事を頼むか? 私だったら頼みません。

あっ、でも会社員で副業禁止なので、名前も顔もばれたら困るという人は工夫してくださいね。

なかには、顔出しもせず名前もビジネスネームだけど、ものすごく活躍している方もいます。でもそういう方は、いろいろなデメリットを克服して有り余るだけの覚悟と実力があるのです。

まったく無名で、まだ仕事もあまりない私たちが、好きこのんで顔出ししないマイナス面と闘うことはないと思います。

 どんな写真を使ええばいいのか? 

こんな写真はやめてくださいね。
・ 暗い顔 
  死神のようなお客様ばかり来ますよ(笑)
・ 怖そうな顔
  死神はおろか誰も来ませんよ!
・ 悪ふざけしている顔 
  さかなくんみたいにそのキャラで売っている人ならいいけど
・ 多人数で写っている写真 
  どの人がこのブログを書いている人かわかりません
・ ペットを抱いている写真 
  獣医さんとかペット関係の仕事ならいいかもしれないけど
・ お鍋とか洗濯ものとか生活臭ただようものが背景に移っている写真
  せめて見えない工夫を! この写真だと逆効果です
・ いつもとちがう綺麗すぎる顔
  実際にあった時にがっかりされます(涙)

人間は、外見じゃない中身だよって言う人もいます。でも、見た目が9割っていう研究結果も発表されています。見た目が悪ければ、中身を見てもらう前に来てもらえないのです!!

できる範囲で小奇麗にして写真を撮ってください。せめてお天気のよい日に にっこりと笑って撮ってください。

服装も気をつけてください。自分の仕事にあった服装でね。

出来れば、プロにきちんととってもらってください。お金をかけるだけの価値はあります。

私の写真はニットデザイナー時代のものです。今のブログもアメブロも FB、Twitter、Instagramも同じ画像を使っています。それは、ザイオンス効果を狙っているからです。

ザイオンス効果とは、同じ人に接する頻度が多いほど、その人に好印象をもつようになるという効果です。どのメディアでも同じにしておくと「あっ、この人だ!」と何度も会ったことになり、親近感がわいてくるのです。

プロフィール画像って、ものすごく重要な意味があるのです。見直してみてくださいね。

次回のブログに関する記事は、ブログには何をかけばいいのかをお知らせする予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村