アスパラガスの食べ方で一番好きなのは、シンプルに塩ゆでです。多めの塩でゆで、ゆであがってから水にさらさないのがコツです。森川農園の朝どりアスパラガスでためしてみてください。

こちらの記事は5月に書きました。いつもブログを読んでくださっている方には先確認していただくために、新しくこのブログを見に来てくださった方には知っていただくために、再アップいたします。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

昨日は森川農園のアスパラガスの初物をいただきました。今年も甘くて美味しいです (^。^)

今日はおいしいアスパラガスのゆで方を紹介します。農家直伝、コツ満載のアスパラガスのゆで方です。

たっぷりのお湯を沸かします。今日は、アスパラ180gに対して1500mlですが、目分量で大丈夫。とにかくたっぷり沸かしてください。


ポイントその1 たっぷりすぎる塩を入れる!

水が沸騰したら塩を入れます。大匙やまもり一杯 入れます。イメージとして枝豆をゆでる時くらいの大量の塩を入れてください。色も味も良くなります。塩をけちらないのがおいしくいただく第1のポイントです。

根元の固い部分はすてます。ここもけちらない!! もったいないからと根本を切らないと、固くて筋が入ったものを食べることになってしまいます。お料理の本などでは、根本のすじを切り落とすように書いてあったりしますが、新鮮なアスパラガスはそんな必要はありません。

ゆでます。我が家はばあちゃんがいるので少し柔らかくなるまでゆでますが、あまりゆで過ぎない方がシャキッとしておいしいです。固さはお好みでどうぞ。

ポイントその3 水にさらすな!

ゆであがったらざるに入れて冷まします。そして、ここが今日の一番大事なポイントです。ゆでたアスパラガスはお水にさらさないでください。甘味が水の中にとけてしまいます。たっぷりの塩をいれてゆでれば、この時点で濃い緑色です。絶対に水にさらさないでください。


今年の初物、森川農園のグリーンアスパラです。このまま何もつけなくてもおいしい!! お好みでマヨネーズやドレッシングでたべてください。でも、まずはそのままでアスパラガス本来の甘さを楽しんでくださいね。

もう少しで出荷できるようになります。お楽しみに!!

森川農園ホームページ

森川農園ブログ

森川農園ネットショップ


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村