秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

タグ:老化

秋田県の昨日・一昨日の雨は止みました。本日は普通の梅雨らしいうっとうしいお天気でした。

わが森川農園はお陰様で、アスパラガスの枝の先っぽが少し折れるとか、山ずみにしていた雑草が水没してべとべとになった程度で、大した被害がでなくてすみました。本当にありがとうございました。

まだ水が引かない地域があったり、避難している方々もいます。仲間の農家さんは作物が大打撃の人たちがいます。道路も通行止めがあるし、秋田新幹線も大曲~秋田間は走れません。どうか一日も早く通常の生活に戻れますように。
image
自然は人間の浅知恵でなんとかできるもんではない。自然の前では人間は無力です。

そして、森川農園のアスパラも神様の気まぐれに翻弄されてます。ほら、双子なのか、くっついて離れません!! どうしようもない、成り行きにまかせるしかないのですよ。この現実を受けいれるしかありません w(゚o゚)w オオー!  

さてさて、そんな大雨の中、能天気な老婆がここにも一人いました。テレビを見ても、事態の深刻さがちっともわかってないっぽい。
「 同じ大仙市だよ! ほら、あそこの刈和野のところだよ。」
「 花火通りのあの橋だよ。あの通りだよ。水があふれているでしょう!」
と言ってもピンとこないらしい。のんきに相撲の応援などしていました。

なぜなのか? すべての感覚が鈍くなっているんでしょう。

暑い日も「 水を飲んでね。」と言ってもぜんぜん飲まない。「のどがかわかないんだもの。」と言う。とにかくコップに飲み物を入れて飲んだのを確認しなくてはいけない。一事が万事こんな感じで、新しい情報がぜんぜん頭の中に入って行かないようです。

友人とラインで無事かどうか確認しあった。そこの実家の一人暮らしのお母さんも、避難するように迎えに行ったけど、一人で家にいると言い張り、大げんかのすえやっと連れ出したと嘆いていました。

身に危険がせまっているのが理解できない。そしてガンコ!! いざ逃げるとなると、まともに動けないから周りにも迷惑がかかる。そんなことさえ見通せる能力が減っている。

しかも、自分ではできないのにいつも文句だけ言う。明るいことは言わないで、常に最悪の事態を想定した話をする。

昨夜も母のことを考えてゆううつな気分になって、一人でツイートしてました(爆)
ストレスたまります!!

老化は避けられない。でも、すこしでも筋肉、気力、脳みそを鍛えて、なるべく若い人に迷惑をかけないバアさんになりたい。

雨の洗礼をうけ、老化への恐怖を感じ、ちょっと暗~い気分になっちまった。

こんな日はさっさとお風呂入ってビール飲んで寝ようっと。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



先月、母が転んで耳を切り、肩や首などを打ってしましました。その様子は、以前のブログに書きました。
・恐れていたことがおきてしまった
・続 恐れていたことが起きてしまった

紆余曲折ありましたが、整形外科に行き、痛み止めの注射をして、筋肉が柔らかくなるという薬をもらってきて、今はおちついています。
image
その時にもらった薬についてと、この事実から考えた事を書きます。

母が処方してもらった薬は
・ カロナール
・ チザニジン
という2種類を2週間分もらいました。

「痛みが治まったら飲むのをやめていいし、少しずつ減らしていってもいいですよ。」という説明でした。

goo辞書 薬の手引き によると

カロナール どんな薬か?

体温調節中枢や神経中枢にはたらきかけて、熱を下げ、痛みをやわらげる効果のある薬です。


と言うことで、これは母の首のあたりに熱を持っていたために出されたと思います。

チザニジン どんな薬か?

筋肉の運動に関係している脳・脊髄(せきずい)にはたらきかけて、神経の過度な興奮を鎮め、筋肉の痛み、こわばり、緊張を解消する薬です。中枢性筋弛緩剤にはいろいろな種類があります。

副作用

①過敏症状(発疹(ほっしん)などのアレルギー症状)がおこることがあります。過敏症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。

②ときに、ねむけ、めまい、ふらつき、頭痛、頭重感、倦怠感(けんたいかん)、意識障害、運動失調(複雑な動作や作業ができない)、かすみ目、吐き気・嘔吐(おうと)、胸やけ、胃のもたれ、下痢、便秘、腹痛、食欲不振、口やのどの渇き、一部の薬ではまれに胸内苦悶(きょうないくもん)(胸が苦しい)、呼吸障害のほか、かゆみ、足の脱力感、排尿障害といった症状がおこることがあります。また、 塩酸エペリゾン製剤では、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死(えし)症がおこることがあります。

このような症状がおこったときは、必ず医師に相談してください。

③肝障害、腎(じん)障害、血液障害、ショック、眼瞼下垂(がんけんかすい)がおこる薬もあります。副作用のチェックや薬の効果を確かめるために、定期的な検査が指示されることがあるので必ず受けてください。

使用上の注意

①いろいろな剤型がありますが、食後の服用が原則です。ただし、1日あるいは1回の服用量・服用時間・服用回数、服用期間については、医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。内服剤は、必ずコップ1杯以上の水で飲んでください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。とくに、過去に筋弛緩剤を使用して過敏症状をおこしたことがある人、てんかん、精神疾患、肝・腎障害、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)のある人は、必ず医師に報告してください。また、塩酸チザニジン製剤 では、重篤な肝障害の人には使用できません。

③妊婦または現在妊娠する可能性がある人、母乳で授乳中の人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。

④高齢者や小児が使うと副作用が出やすい薬です。医師の指示を守ってください。

⑤ねむけ、注意力・集中力・反射運動の低下などがおこることがあります。使用中は自動車の運転、高い場所での作業などの危険を伴うことはしないでください。

⑥この薬を服用中は禁酒を守ってください。

⑦薬によっては、 フェノチアジン系抗精神病剤 バルビツール酸系催眠鎮静剤などの中枢神経抑制剤、MAO阻害剤との併用、及び筋弛緩剤どうしの併用で、お互いの薬の効果が増強し、副作用が現れやすくなります。ほかの薬を併用するときは、必ず医師に相談してください。また、塩酸チザニジン製剤 は、 マレイン酸フルボキサミン製剤または シプロフソキサシン製剤を使用中の人には使えません。必ず医師に報告してください。



と言うことです。

母はこの薬を飲んでどうだったか?

結論から言うと、すごく効きました。はじめの2~3日は打撲の痛みがまだあったようですが、その後は全く何事もなかったかのように、いや、以前より元気にしていました。

いつもは目がさめた時から、肩や腰を痛そうにしていて、顔をしかめて起きてくるのに、この薬を飲んでいる間はそんなことがありませんでした。まるで何歳か若返った感じでした。

そして薬がなくなった今、元のように肩や腰を痛そうにしていて、顔をしかめています。歩くにも立ち上がるにも「よいしょ、よいしょ」と自分の体を自分で支えられない感じです。そして「今日は日曜で鍼灸院がお休みなので、明日は鍼灸院に連れて行ってちょうだい。」と言っています。

医師の処方箋の薬はやはりすごいです。こんなに効くのならずっと飲ませてあげたいほどです!

でも、私がお世話になってる整体の先生によると、使い続けるのは体によくないそうです。こんなに良く効くということはそれ相応の副作用があるはずだし、筋肉が緩みっぱなしになってしまいますよね。


では、市販のサプリなどでこれに近いものはないのだろうか? 調べるといろいろありました。



う~ん、これだと薬剤師さんがいる薬局でかうのでしょうか? 処方箋より弱いのでしょうか?

サプリだと、






定期購入できるサプリには
・ 笑みの種
・ きなり
などがありました。

ビタミンBが肩こりに効くので、ビタミン剤でもよいというお医者さんのコメントもありました。

私は以前、人工股関節にする前、毎日痛み止め薬を常用していました。薬を飲まないと痛くて寝返りもできないほどで、仕事になりませんでした。なので、薬の処方箋を書いてもらうために定期的に整形外科に通っていました。

私の股関節は、変形性股関節症という病気なので、痛み止めの薬もしょうがないと思います。でも母の肩こり、腰痛はどう考えても老化です。医師の処方した薬をのんで副作用が出るようなことはしないほうがいいでしょう。

サプリも飲んでみなければわからないけど、気休め程度ではという想像です。

できれば自然の衰えを受け入れて、痛みも疲れも生きている証拠と思って生きられれば一番です。でも、本人はつらいのだろうな。痛みが減るのなら、薬がほしいと思っているのだろうか?

なるべく筋肉が衰えないように体を動かし、脳細胞も衰えないように人と会い話をし、できれば文章を書くとかして鍛えてくれるとありがたいのですが、なかなかそうもいきません。

私も母の年齢の80歳を超えたら、肩こり、腰痛に効く薬があったら、副作用があっても飲みたいと思うのだろうか? 老いを受け入れることができるのだろうか? 自信がありません。

超高齢化社会に突入する日本、医療と人生の質について、ずっと答えがない問題を抱えていくことになりますね。

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



↑このページのトップヘ