秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

タグ:孫



孫の1歳の誕生会を開く予定だったのに、具合が悪くなって入院(≧∀≦)   お見舞いに行きました。

知らない爺さんと婆さんが来たので、不審な目で怯える孫(^。^)

特に爺さんはどこぞの組長のように強面だからなぁ(笑)

快方に向かっているとの事で、よかったです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日、一昨日と還暦を祝う会で岩手県のつなぎ温泉にお泊まりで行ってきました。

楽しかった 
でも、超つかれました(笑)

同窓生は全部で180人でしたが、参加したのは半分ほどでした。

画像は、お宿での2次会の席です。お泊りなので、帰りの時間や車の運転を考えずに飲みまくりです!還暦を祝う会ですが、気分は15歳の乙女のまま(爆)

この会に参加して思ったこと、まずは60年間たいした病気もせず、こうしてお祝いの会に参加できたことは本当にしあわせだということ!! だって、すでに亡くなった方がたくさんいたのです(涙)

それから、女性陣は介護とかいろいろあって、お泊りでは参加できない人がかなりいました。2日目のお昼は地元に帰って、その人たちも合流してランチ同級会でした。

実家の母は足腰が弱ったとはいえ、まだ私が何日かお泊りで出かけられるのだからありがたいことです。

そして、がんの大手術を昨年した人とか、数年前にくも膜下出血で救急車で運ばれて手術したけど、いまではフルマラソンを走るほど元気になった人とか、糖尿病の薬を欠かせなくなってしまった人もいたり、とにかく本当に人生いろいろでした。

女性陣は、この日のために洋服を選んだり、美容院へいったり、それなりに若作りをしてでかけてきたと思われ、みんな若くて美しかった。だれだかすぐにわかりました。

男性陣は、よく言えば貫禄がでて出世していて(頭は禿げるか白髪で、腹は出ておっさん臭がしている ともいう! )誰かわからない人が続出。さすがに同じクラスの男子は、話していたらすぐに誰かわかりましたが。

中学生の時にはまったく目立たなかった男子がえらく出世していたり、勉強できた子がどこでどう暮らしているかわからなくなっていたり、人生てどうなるかわからないわ!!

この会に欠席した人たちは、もちろん仕事の関係で来れない人もいるでしょう。体調が悪い人もいるのでしょう。介護で外出もままならない人もいるのでしょう。

もしかしたらご主人が奥さんのお泊まりを嫌がる人だっているかもしれない。

そして人生が思う方向に進んでくれず、みんなに会いたくない人もいるのでしょう。1泊の宿泊費や交通費がままならない人だっているのでしょう。

そんなことを考えたら、自分はなんて幸せな人生を歩んできたのかと思わずにはいられませんでした。感謝しかありません。

60歳を機に仕事はきっぱりやめるという人もいるし、65歳まで再雇用制度で働くことにした人もいた。自営業だからずっと元気なうちは働くという人もいた。ずっと専業主婦の人もいた。でもみんな思っていることは、子どもや孫の世代がもっと暮らしやすい世界であってほしいということ。

私も自分の生き方をもう一度考えるよい機会になりました。私はまだまだ頑張るよ。体が元気なうちは世界とつながっていたいし、すこしでも社会貢献したい。遊んでいるだけの老後はつまらないよ!!

ちゃんと自分の仕事で自分の老後の資金を稼ぎたいし、森川農園のお手伝いもしたい。健康に注意してがんばります。

そうそう、担任だった先生たちと主任の先生を合わせて、6人の先生にお世話になっていました。主任の先生は亡くなったそうですが他5人はご存命。だけど来てくださったのは唯一の女性だった加藤イヨ先生。

加藤先生は、私たちが15歳の時に35歳だったので現在80歳です。なのにびっりぎょうてん!! 同窓生と見間違うほどお若い!!

ハイヒールで背筋はピンとしていて、お話も若いころとお変わりなく、脳細胞も衰えていないことはすぐにわかりました。驚異の80歳でした。爪の垢をもらってくるんだった~~~

あんな80歳になりたいわ。そんな目標もできた還暦を祝う会でした。

本当にお世話係のみなさまにお疲れ様を言いたい。おかげで思い切り楽しむことができました。今日はたぶんまだ疲れが抜けていないと思います。ゆっくり休んでくださいね~~~

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



↑このページのトップヘ