秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

タグ:パクチー

7月に入りました。

秋田県も雨になり、蒸し暑くて梅雨らしい一日になりそうです。
毎回好評のこれは何の植物シリーズです。

昨日、畑を見回っていたら咲いているのを発見しました。私も、これは初めて見ました。小さくて、ニラの花に似ているかな~~~

さて何の花でしょうか?





今年はじめて植えてみました。ばあちゃんには嫌われてしまった野菜です。でも東京では大人気だそうです。私もこれから食べ方も、育て方も研究しなければなりません。

答えは、じゃ~~~ん!!

パクチー

こんな花が咲くんですね。これ、ちゃんと咲かせて、できれば種を取りたいと思っています。最近は西洋野菜や、アジア系の野菜など、バラエティに富んでいて楽しいですね!

日本ブログ村のバナーも押していただくと嬉しいです 


★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



今年、はじめてパクチーを植えました。

日本人には強烈な匂いで好き嫌いがはっきりでてしまうのですが、世界的には「良い香り」だという認識のほうが一般的のようです。世界中で、使われているハーブです。

タイではパクチーですが、中国では「香菜」、英語では「コリアンダー」、スペイン語では「シラントロ」、ベトナムでは「ザウムイ」、インド(ヒンディー語)では「ダニヤー」と呼ばれています。


タイではトムヤンクンなどに、ベトナムでは生春巻きやフォーに、中南米ではサルサやスープに使われています。ヨーロッパでは種子の部分をスパイスとしてパンや焼き菓子や肉料理の香り付けに使い、インドではカレー粉のブレンドに使います。

最近になって日本に入ってきたのかなと思っていたらちがいました。もうずっと昔からありました。平安時代の書物にも記載があることから、10世紀までには渡来したと考えられています。

古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマなどでは医療などにももちいられていました。

古代ギリシャ、ローマでは腹痛・めまいに、中世ヨーロッパでは媚薬として用いられていました。また、利尿効果、皮膚発疹、アレルギー疾患、風邪、肝臓病などにも使用されました。古代インドでは安眠剤として、また中国では消化器系のトラブルに対して生薬として使われていました。

抗酸化力に優れた野菜という実験結果もあります。この点、パクチーは他の主な緑黄色野菜よりもずっと抗酸化力が高く活性酸素を除去する能力が高いので、毎日の食生活に少しずつ取り入れる野菜としては大変おすすめです。

つまり、私の体を若返らせる 
ダイエットと美容にもってこいのスーパー野菜 です!
image
なのに、私以外の家族はこのパクチーが嫌いな様子・・・・・
特に、ばあちゃんは香りがだめらしい・・・・・
東京では大人気でレストランも満員だよ、と言っても嫌いなものは嫌いらしい・・・・・

今日も、私だけ生のパクチーを刻んでお皿に山盛り食べてます。

栽培方法は思ったより簡単で、初心者の私でも一番上の画像のように立派にそだっています。ただ、すべて一緒に植えないで、少しずつの種を時期をずらしながら植えると、ずっと食べられるということがわかりました。

また、1粒の種のように見えるけど、実は2個の種がくっついているので、これを割ってはなして植えた方が密集しすぎないのでよいということも分かりました。

次回は、もっと工夫して植えます。そして、
生で食べる以外にお料理を研究しておいしく食べる方法をさがさないといけないなぁ。おいしい食べ方を探したら、またレポートします!

追伸:今夜、スープにしたところ、やっとばあちゃんが食べてくれました。スープの画像をとるのを忘れた(泣)

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

4月末に植えたパクチー、順調に育っています。10cmほどになりました。

パクチーなんて植えたことがなかったので、種を見たのも初めて。思ったより大きな種でした。





種を傷つけてから撒くように書かれてましたが、無視して植えました。ネットで検索したら、この種は2個がくっついて1個に見えているそうなので、傷つけて1個にばらして植えた方がいいよ、という意味でした。

半日ほど水に浸してから植えました。発芽率は60%ほどと書かれていましたが、思ったより芽が出てくれました。
image

今日はじめて間引いて、それを冷ややっこの薬味にして食べました。おいしい~~~

収穫の時、3分の一位を残して切ると、あとから新しい葉が育つそうで、1株から数回収獲できるそうです。

image

この刺激的な香りが大好きです。薬味として使う他、主人も私もざく切りにしてお醤油を少しかけてバクバク食べちゃいます。

スープにしてもいいし、もやしと炒めてもいいようです。もちろんサラダも!!

そして、数株は放置して花を咲かせて、種をとりたいと思います。ああぁ、楽しみが増えました (*゚▽゚*)

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



↑このページのトップヘ