秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ: 農業

JA秋田おばこファーマーズマーケット しゅしゅえっとまるしぇ に行ってきました。

プレオープンの前日、バーコードの出し方などを教えてもらいに行ったのですが、森川農園のアスパラガスはいまだに出荷できず(涙) 今年は6月の低温が響いて、夏アスパラの育ちが遅れております。

ばあちゃんもまだどんな施設か見ていないので、ばあちゃんを連れて出かけてきました。わが実家の森川農園から車で10分ほど。秋田県大仙市花館字常保寺106-1 大曲から角館に向かう105号線ぞいにあります。

 
10時過ぎに着いたのですが、もう結構なお客様がいました。「写真撮ってもいいですか?」と係の方に聞いたら、お客さまの顔がわからないように遠景なら、と言うことだったのでこの画像です。

野菜は私たちのような地元の農家が、朝に収穫したものをすぐ納品しているだけあって新鮮です。ここでも6月の低温の影響か、まだ夏の野菜が少ない(涙)

もう少し暑くなると、ナスやトマトなど、てんこ盛りなってにぎやかになるのではないかと思います。

お惣菜コーナーもありました。業者さんの商品のほか、ここで作って売るものもあるそうです。時間が早かったせいか、まだ棚に並んでいるものが少なくてちょっと残念。お昼におうちに持ち帰ってすぐに食べられるものは絶対に売れるよ~~~

お菓子コーナーには昔なつかしい「はなみそ」など、たくさんありました。ばあちゃんが「はなみそ」お買い上げ。午後のおやつになりました(笑)

魚や肉や乳製品、豆腐やこんにゃくや調味料なども置いてありました。食べ物は一応なんとかそろうかな、という品ぞろえです。

駐車場スペースも結構広かったので、運転が下手な私でもだいじょうぶでした。

レストランは、まだ開いている時間でなかったので見れませんでした。今度、また日をあらためて食べに行きたいと思います。

私たち農家としては、このような産直の場所が増えることは嬉しいことです。順調に売り上げを伸ばして繁盛してほしいものです。

近くには「ビフレ」もあれば「よねや」もある。「タカヤナギイーストモール」や「イオン」でも、農家の直売所があります。そんなスーパーとも戦っていかなくてはならない。

このあたりでは、夏は自宅で自家用の野菜を作っている人も多い。大仙市の人口は8万人ほど、仙北市は27000人ほど。あまりにも少ない。スパーと闘いながら、この少ない人口を取り合うのは、今後大変だと思います。

今は、まだ新しい施設を見ようと、私たちみたいに行く人がいる。その後、固定客として定着してもらうには、しゅしゅまるの営業努力ももちろん必要です。それ以上に私たち農家も、工夫して新鮮でおいしい野菜などを提供することが大事。

でも、それだけではまだまだ足りない気がする。しゅしゅまるに行かなくてはならない理由が必要だと思います。それは何なのか? どうすればいいのか? 私たちも試行錯誤していかなくちゃ。

このご時世、ただおいしいお米や野菜を作っていればよい、という時代ではなくて、自分で作ったものをどうやって売るのか、どうやっておいしく食べていただくのか、そこまで考えなくてはなりません。

扱っているものが生鮮食品なだけに、売れなければ廃棄処分。きびいしい世界です。でも、工夫が楽しい! おいしいって言ってもらえるのがうれしい! やることは山ほどあるよ~~~

ここのところ雨が続いていたので、あんまり外での作業ができませんでした。明日からしばらくはお日様マークです。外で仕事ができるように、今夜は自分の仕事をできるだけ進めておきま~す!!

森川農園ネットショップ

森川農園ホームページ

森川農園ブログ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今日の湿度は82% じとじとしていて梅雨の真っただなかの秋田県です。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、3度の食事の時間はやってきて食べなくてはいけないのが人間というもの。

その昔は狩りをして獲物を捕まえたり、山で木の実をひろって食べたりしていたのでしょうが、現代人のほとんどはお店から食べ物を買います。

外食や、中食(出来合いのものを買って家で食べる)が増えてきたとはいえ、毎日だと飽きるし費用もバカにならばい。多くは材料を買って家で調理して食べると思います。
TTIMGL4340_TP_V1
最近の傾向は、1~2人用の量が少ないものが売れ筋だそうです。なぜなら、1人住まいが増えているからです。

お米も、もはや10キロなんて売れなくて、3キロ、2キロなどのものが売れ筋。野菜もカット野菜です。コンビニに行くと、調味料や日用品まで少量のものが売られています。

そんな中、マルエツではこんなものが売れるようになったとか。
「工場野菜」です。

p1
マルエツに登場した「工場育ちの野菜」コーナー(東京都調布市の国領店) 日経ビジネスより

キーワードは「もったいない」と「潔癖」

品目数はスプラウトやレタス、ベビーリーフ、ルッコラ、ホウレンソウなど約30種類。蛍光灯やLEDを使った植物工場や、室内環境を制御した太陽光型の栽培ハウスなどで作られた生鮮野菜だ。
続きを読む

7月に入りました。

秋田県も雨になり、蒸し暑くて梅雨らしい一日になりそうです。
毎回好評のこれは何の植物シリーズです。

昨日、畑を見回っていたら咲いているのを発見しました。私も、これは初めて見ました。小さくて、ニラの花に似ているかな~~~

さて何の花でしょうか?





今年はじめて植えてみました。ばあちゃんには嫌われてしまった野菜です。でも東京では大人気だそうです。私もこれから食べ方も、育て方も研究しなければなりません。

答えは、じゃ~~~ん!!

パクチー

こんな花が咲くんですね。これ、ちゃんと咲かせて、できれば種を取りたいと思っています。最近は西洋野菜や、アジア系の野菜など、バラエティに富んでいて楽しいですね!

日本ブログ村のバナーも押していただくと嬉しいです 


★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



思いがけない事が人生で起こるように、いつも見かける姿からは想像もつかない花が咲く植物があります。


この花はなんの花かわかりますか?

これは想像の想定内でしょうか?
.
.
.
.
.
春菊です(^。^)

小さめの黄色のマーガレットという感じです。

この植物は苦い味にもかかわらず、意外と素直な花が咲くのですね!





今夜は東京です。
秋田新幹線こまちを降りて、まず感じたことは 蒸し暑い!

街に出てみたら、外人が多い!
オリンピックを前にしているせいか、ますます増えたと思います。うれしいことです。

そして、若者が普通に歩いてる (^。^)

秋田では、若者を見かけるなんてそうそうない事です。ましてやカップルがたくさんいるなんて夢のようです。

やっぱり東京は華やかで刺激的ですね!

消滅しそうな秋田県ですが、諸条件を逆手にとって工夫していかなくてはなりません。

私は、あと数年でアメリカのような大規模農業をしていくことになると予想しています。

現在、周りはみんな70代、80代の農家です。もう作業ができなくなるのは目に見えています。

その時に、それを引き受けられる人材を確保している人間が勝ちます。今からその時に備えて仕組み作りをしなくては!

そしてその農作物を自分で売る能力が必要です。自分で値段を決め、自分で売る力がある農家だけが伸びると思う。

私は森川農園を手伝っているだけですが、自分が若かったらわくわくするほど楽しいと思います。ちょうど世の中が変革する時期に生きているなんてそうそうないことです。

日本の人口は減っていますが、世界規模で考えれば増え続けています。食料はますます必要です。やり方次第で限りなく伸びる可能性がある。

どこに目をつけて、どこを目指すか。そのためには、どんな事を学んで実践していけばいいのか、才覚次第で無限の可能性がある。

高齢化率日本一、人口減少率日本一の秋田県ですが、そう考えるとチャンスなのです。

人生は考え方次第です。試行錯誤の日々もまた楽し!

さきほど、明日と明後日プレオープンする、JA秋田おばこファーマーズマーケット しゅしゅえっとまるしぇ に行ってきました。

わが森川農園も、夏アスパラが育ち次第に出荷する予定です。本日はプレオープンに向けて、出荷する予定の人たちが、商品に張り付けるシールのバーコードなどを作るために集まっていました。息子が忙しいときなど、私が代わりに行くことがあるかもしれないのでついていきました。

農家のおばあちゃんたちもおおぜい出荷予定で、バーコードを出すためのパソコンの前は大変なことになっていました! おばあちゃんたちが慣れるまで大変だろうな・・・・・


JA秋田おばこは張り切っているようで、こんなりっぱな新聞折り込みが入っていました。

レストランや、イートインコーナーもあるそうです。たくさんのお客様が来て下さるといいなぁ!!


森川農園のアスパラガスは、葉がだいぶ茂ってきてうっそうとしてきました。畑のむこう側がもう見渡せません。

背の高さも2メートルほどで、りっぱなアスパラガスになってきました。

夏アスパラも、あと1週間もすれば地面からにょきにょきと出てきます。そして、もう少し気温があがってくると、朝と夕方の2回収穫です。私のお手伝いもさらに忙しくなります!!

この前雑草とりをしたばかりというのに、また生えて来てます。雑草は強いよ~~~

私が今年はじめて植えてみたパクチー(コリアンダー)も、もしかしたら しゅしゅえっとまるしぇ に出せるかもしれません。

しゅしゅえっとまるしぇは国道105号線沿いの大仙市花館です。プレオープンの特典もたくさんあるみたいです。ぜひお立ち寄りくださいね。

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



今年、はじめてパクチーを植えました。

日本人には強烈な匂いで好き嫌いがはっきりでてしまうのですが、世界的には「良い香り」だという認識のほうが一般的のようです。世界中で、使われているハーブです。

タイではパクチーですが、中国では「香菜」、英語では「コリアンダー」、スペイン語では「シラントロ」、ベトナムでは「ザウムイ」、インド(ヒンディー語)では「ダニヤー」と呼ばれています。


タイではトムヤンクンなどに、ベトナムでは生春巻きやフォーに、中南米ではサルサやスープに使われています。ヨーロッパでは種子の部分をスパイスとしてパンや焼き菓子や肉料理の香り付けに使い、インドではカレー粉のブレンドに使います。

最近になって日本に入ってきたのかなと思っていたらちがいました。もうずっと昔からありました。平安時代の書物にも記載があることから、10世紀までには渡来したと考えられています。

古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマなどでは医療などにももちいられていました。

古代ギリシャ、ローマでは腹痛・めまいに、中世ヨーロッパでは媚薬として用いられていました。また、利尿効果、皮膚発疹、アレルギー疾患、風邪、肝臓病などにも使用されました。古代インドでは安眠剤として、また中国では消化器系のトラブルに対して生薬として使われていました。

抗酸化力に優れた野菜という実験結果もあります。この点、パクチーは他の主な緑黄色野菜よりもずっと抗酸化力が高く活性酸素を除去する能力が高いので、毎日の食生活に少しずつ取り入れる野菜としては大変おすすめです。

つまり、私の体を若返らせる 
ダイエットと美容にもってこいのスーパー野菜 です!
image
なのに、私以外の家族はこのパクチーが嫌いな様子・・・・・
特に、ばあちゃんは香りがだめらしい・・・・・
東京では大人気でレストランも満員だよ、と言っても嫌いなものは嫌いらしい・・・・・

今日も、私だけ生のパクチーを刻んでお皿に山盛り食べてます。

栽培方法は思ったより簡単で、初心者の私でも一番上の画像のように立派にそだっています。ただ、すべて一緒に植えないで、少しずつの種を時期をずらしながら植えると、ずっと食べられるということがわかりました。

また、1粒の種のように見えるけど、実は2個の種がくっついているので、これを割ってはなして植えた方が密集しすぎないのでよいということも分かりました。

次回は、もっと工夫して植えます。そして、
生で食べる以外にお料理を研究しておいしく食べる方法をさがさないといけないなぁ。おいしい食べ方を探したら、またレポートします!

追伸:今夜、スープにしたところ、やっとばあちゃんが食べてくれました。スープの画像をとるのを忘れた(泣)

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

実家の森川農園では、アスパラガスが主要な作物です。こいつに稼いでもらわなければ困るのです。だから大事に育てなくてはなりません。

でも息子が一人で森川農園をやっているため、米、ダリア、ブルーベリー、そしてアスパラガスと作業が大変なのです。

昨年も、アスパラガスの雑草取りまでなかなか手が回りませんでした。ダリアとアスパラガスの収穫時期が重なってしまい、最後には雑草の茂みの中からアスパラガスを探して収穫する状態になってしまいました(涙)

今年から、私もできるだけ森川農園を手伝おうと決めて、こうして様子をお伝えしたり、実際に作業もすることにしました。

なので、雑草取りもやります! おいしいアスパラガスを待ってくださっているみなさまがいるんだもの、がんばります!!

そして、これが私の最新兵器の雑草取りセット
image
女優帽、膝のサポーター、テッシュ、水筒、手袋、腕カバー、これを入れるバッグ
それに、これをとっているスマホ。

これに雑草をとるための鎌をもってアスパラガス畑にご出勤。
もう少ししたら蚊にさされないための虫よけスプレーが加わります。

image
そして、約2時間半の作業で、この雑草!!

本当はもっとやっていたいのだけど、自分のネットショップの仕事や、3度のご飯のの支度や、ブログを書いたりメールの返事をしたり、その他のもろもろの雑用があるのでこれ以上雑草取りに充てる時間はきびしいのです。

それにしても、どうして野良着ってかわいくて機能的なのがないの? ダサいのを着ての作業は気分がのらないよ~~~。前日の記事でも書いたけど、自分でもんぺとか縫おうかな と真剣に考えるこのごろです。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



今日も山盛りのお宝だよ~~~ん!


義足のネコ車に積まれたお宝は、アスパラガス畑の5~10番の畝の雑草です!! 今日も頑張りました。



森川農園、現在のアスパラ畑はこんな感じ。小さな可憐な花が咲いています。いまだに雄花と雌花の違いがわかりません(泣) でも、私がわかろうがわからなかろうが夏には立派なアスパラが生えてくるのだ~~~


こちらはダリア畑


本日、すべての球根を定植しました。9月には秘密の花園と化します!!


そしてブルーベリーはこんな様子。もうちょっと大きくなったらカラスや鳥に狙われるのではないか心配です。

私は子どものころ足が悪かった。7年前に両足を人工股関節にするまで、私が農作業をするなんて考えられませんでした。だから、ほとんど農業に興味がなかったのよね。

ところがお陰様で、いまではすかっり痛みもなく、多少の力仕事ならできるようになりました。なのでこうして森川農園のお手伝いができます。

野良着もないので、適当にジャージやTシャツなどを着て作業しているのですが、これだとやっぱりだめです。土が生地に入り込んでしまうのです。

目がつんだ生地でなくてはいけないとわかり、コットンパンツで作業してみたらこれまたダメ。しゃがんで雑草取りなどの作業をするので、股上が短い。背中がでてしまいます。

母がはいている絣のモンペが最高なんだと理解しました。長靴もマイボーイで耕したりすると、土が入る。母がはいている地下足袋がいいのだわ。

ちょっとくらいの雨なら三度笠がいい。雨具をきなくても雨がしのげる。雨具は蒸れてつらいのです。

母たちが着ているあの野良着はダサい!! と思っていたのだけど、実際作業をしてみるとすべて理にかなっていることがわかる。昔の人の知恵ってすごい (*゚▽゚*)

母が着ている絣のモンペが最高だわ。自分でああいうの縫おうかな・・・・・


★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



えっ! こんなに変わるの?
KAZUHIRO005_TP_V1
この美女は単なるイメージ画像です。

劇的に変わったのはこちら。
Bfore 草取り前の紫アスパラガス畑


そして、草取り後の紫アスパラガス畑
After


美しい!!

誰か私の顔のシミ・しわもこのようにきれいにしてください(笑)

こちらは、主な出荷用の畑ではなくて、息子が楽しみで植えてる紫アスパラガスなので、畝も短くてすぐできました。

出荷用のグリーンアスパラガス畑は、この1万倍か2万倍くらい? 今、草取りを手伝おうかどうしようか悩み中。一度手を出ししたら、大変なことになるよね・・・・・。でも、夏アスパラガスを楽しみに待っているお客様のためにやろうかな。

息子よ、雑草取りしたら、せめてビールくらいは買ってきて飲ませろよ!! ボランティアなんだから(笑)

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 




















↑このページのトップヘ