★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

お酒をごちそうになりました。杯の1杯だけですが(笑)

image
息子がプレゼントでいただいた新政のNO6

昨日の晩ごはんの時に「飲んでみる?」と杯に1杯くれました。地元の秋田でもめったに手に入らない貴重なお酒です。

ちょっとだけシュワとした発砲性で、甘くてフルーティーでおいしかった!!
うめがった!! (秋田弁)

東大卒の新政酒造の8代目が、忘れられていた旧型の酵母「六号酵母」を引っ張り出してきてできたお酒なのだそうです。

曾祖父が昭和5年に発見したこの酵母は、低温でも発行力が強く、寒冷地でも酒作りを可能にした革命的な酵母なのだそう。

実は主人は日本酒を飲まない人で、ほとんどビールだけを飲みます。なので、私も秋田に帰ってくるまではあまり日本酒は飲みませんでした。

秋田で暮らすようになって、息子が日本酒を楽しんでいるし、頂き物にも日本酒が多くて飲むようになりました。最近はおしゃれな日本酒が多くなっていて驚きです。

亡くなった父も、冬は日本酒の熱燗で晩酌をしていました。たしか春霞や出羽鶴や福乃友などを飲んでいたような記憶があります。昔はお客様がくると、熱燗をとっくりで出したものでした。なつかしいなぁ。また日本酒がブームの兆しでうれしいです。

ここで カミングアウト!

息子が昨夜、物置をさがしていたこのお酒は私の部屋にありました。2~3合くらい一人で飲みました。許せ! そのうちに新しいのを買って置いておきます(笑)

image
こちらは福乃友酒造の冬樹。あえて普通の食べるお米で作っているお酒だそう。原酒をできたまま、無ろ過、無調整でそのまま瓶につめているそうで、ワイルドな味です。

酒の国、秋田ではこんなにおいしいお酒が飲めますよ。
しあわせだぁ~~~





こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村