秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ:森川農園 > 野菜

ばあちゃんがさやえんどうを収穫してきました。今年のさやえんどうはとても順調に生育しました。
image

image

image
さやえんどうは、四作豆と言われていています。年に4回も収穫できるということらしいです。さすが早く育ちました。特に今年はあっという間に大きくなりました。

昨夜はさっとゆでてサラダにしました。今朝はお味噌汁に。今夜はバター炒めにしようかな。こんなとれたて野菜をふんだんに食べられるのは、農家ならではの幸せです。

このさやえんどうはつるが伸びるので、支柱をたてたり、ロープで結んだりしなければならず、けっこう手間がかかります。支柱を立てる作業はばあちゃんとふたりでやりましたが重労働でした。

このさやえんどうは、すずめなどの鳥の大好物! 24時間いつも狙われています。鳥は鳥目なので明るい時間だけか(笑)

この支柱の上から小さい目のネットをかぶせてすずめが入らないようにすればいいのだけど、防風ネットくらいしかありません。あまりに目がつんだものだとお日様が当たらなくなります。きゅうりなどのネットは目が大きすぎてすずめが自由自在に入り込むので意味がありません。

ということで鳥よけのネットをかぶせることは断念。すずめに食べられて少し傷ついたものでも、自家用なので気にせず食べることにしました。

昔、私が子供のころは実がぱんぱんにふくれてから収穫したのだけど、今のトレンドでまだ実がちいさい薄いのを収穫します。でも、たまには実がぱんぱんに膨らんだものを食べたいなぁ。とても甘いんですよ~~~

自家用野菜の畑は、ほうれん草、春菊、ニラ、ピーマン、トマトと収穫できるようになりました。あっ、私が今年植えたパクチーもすばらしく成長しました!!

パクチーについては、また日をあらためて!

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



1週間前の この記事 覚えてますか?

その後、雨が続きチェックしていなかったのですが、ベっぴん2号はこうなっていました(^。^)
べっぴん2号の芽が出ていました!

こちらべっぴん2号の芽のアップ!!

しっかりした二葉だわ。夏にはりっぱな大根になっているはずです。

大きくなあれ、大きくなあれ~~~

このあとどんなお手入れをすればいいのか? 大根だから支柱をたてたりネットをかけたりする作業はないと思います。

雑草をとりつつ、追肥を時々やるのかな? またばあちゃんのご指導をうけながら育てます。

さてそのばあちゃんですが「ほうれんそうに養命酒をあげなくちゃ!」と言うのです。
養命酒???
畑に養命酒まくの???

養命酒は人間の滋養強壮に効く栄養剤です。
植物の滋養強壮に効く栄養剤は・・・・・ハイポネックス じゃないの?

ばあちゃん、たしかに滋養強壮に効くという共通点があるけど、養命酒をほうれん草にあげても喜ばないと思うよ(爆)

ばあちゃんは、ハイポネックスという言葉を思い出せなくて、養命酒と言ったようです。実際には、ちゃんとハイポネックスをあげていました(笑)

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



4月末に植えたパクチー、順調に育っています。10cmほどになりました。

パクチーなんて植えたことがなかったので、種を見たのも初めて。思ったより大きな種でした。





種を傷つけてから撒くように書かれてましたが、無視して植えました。ネットで検索したら、この種は2個がくっついて1個に見えているそうなので、傷つけて1個にばらして植えた方がいいよ、という意味でした。

半日ほど水に浸してから植えました。発芽率は60%ほどと書かれていましたが、思ったより芽が出てくれました。
image

今日はじめて間引いて、それを冷ややっこの薬味にして食べました。おいしい~~~

収穫の時、3分の一位を残して切ると、あとから新しい葉が育つそうで、1株から数回収獲できるそうです。

image

この刺激的な香りが大好きです。薬味として使う他、主人も私もざく切りにしてお醤油を少しかけてバクバク食べちゃいます。

スープにしてもいいし、もやしと炒めてもいいようです。もちろんサラダも!!

そして、数株は放置して花を咲かせて、種をとりたいと思います。ああぁ、楽しみが増えました (*゚▽゚*)

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



私がぎっくり腰の間、待ちきれずにばあちゃんはさやえんどうの苗を畑に定植しました。

ここのところのお天気つづきで、つるがだいぶ伸びてきました。そろそろ支柱を立てなくちゃ、というばあちゃんのツルの一声で、昨日、支柱を立てました。


畑に支柱を深く埋め込むのは、結構な力仕事です。脚立にのって、上からかなずちでたたかいて高さもそろえなくてはなりません。


支柱をたてたら、横の棒をロープで縛る。これも何か所もあるから大変。指の力がいります。それができたら鳥よけのネットを張ります。何もしないと鳥のかっこのエジキになってしまします。これを2棟やりました。ばあちゃんのご指導のもと、午前中びっしりかかりました。暑かった~~~


さて、この金属の棒ですが以前は農業ハウスに使っていたものをリサイクル。なので、ちょうどよい長さのものがありません。

通路にはみ出してしまいました。これ キケン! 
ばあちゃんがつまずいて転びそうな予感 (((( ;゚д゚)))

せめて目立つようにと、黄色のビニールテープをはりました。どうかつまずきませんように!

さやえんどうは4作豆という別名があるように、成長が早くて一年に4回も収穫できるそうです。我が実家では自家用なのでそんなには植えません。

ぎっくり腰はお陰様でほとんどよくなりました。完治とはいかないのですが、長期戦となることを覚悟して、昨日から少しずつ森川農園の手伝いも始めました。

今日の夕方、なんともありがたい出来事が!!
このブログを読んでくださっているという横手市の K様が、ぎっくり腰のことを心配してコルセットを持ってきてくださったのです。K様はときどき森川農園のダリアをお買い上げくださるお客様です。

もうほとんどぎっくり腰はよくなっているので、コルセットはお借りしなかったのですが、本当にありがた買った(感涙)そして、このブログもちゃんと読んでくれてる方がいるというのがうれしかったです。これからもブログを楽しんで書いていきます。

さて、ぎっくり腰の間、森川農園はどうなっているかというと、私の完治を待ちきれず、母がさやえんどうを定植しました。

ビニールみたいに見えるものは、雑草防止のためのマルチシートです。もう少し育つと、つるを絡ませるための棒をたてないといけません。こちらも生育状態を時々報告します。

昨日は、ルッコラを直播きしました。今日はルタバカと、フダン草というのを直播きしました。続きを読む

先日のブログで紹介した 死体を埋める穴 です。
その後どうなったかというと、



堆肥をまいて、土を細かくして埋め戻されました。ここまでお伝えしました。
image

それから、自家用に長いもを植えました。芽が出ているのがわかりますか?
image


それを2列に並べて、その上に土をかぶせて終了!!


晩秋には立派な長いもがたくさんできますよ~~~

母に指示されたように作業するのですが、なにしろ畑仕事は実際にやったことがないので上手にできません。母はもはや自分では体力がなくなって耕せないので多少はがまんしてるんでしょうが、何から何まで気にいらないのはみえみえです。

手伝ったのに気にいられないという最悪のパターンです。

でもばあちゃんよ、何か大事なことを忘れていませんか? 今は人工股関節にして何事もなかったかのように元気に歩いているけど、

身体障碍者3級ですよ、あなたの娘(私)は!!   

オペするまで足が痛くて、杖ついてビッコひいて歩いていたでしょうが!! 力仕事をさせてこきつかったらだめなんですよ!! 

都合の悪いことはボケてみんな忘れてるようです。どこかの元知事とおなじだな。今は自分の思ったように畑を作りたい、としか思っていないよ~~~

でもしょうがないです。本当にボケてしまう前に、私もいろいろと教えてもらわないといけませんから。お互いにがまんしつつ、譲歩しあってやっていかなくてはいけません (苦笑)

でも、本当によい娘(私)をもって幸せだよね。私なんてきっとボケたら姨捨山に棄てられるわ 

アスパラガス畑のほうは、畝と畝の間を耕して柔らかくしました。耕すことで、通気性がよくなります。水はけもよくなり、雑草も生えにくくなります。

そして土がこぼれて低くなってしまった畝に耕した土を盛って高くして、しっかりした畝にする作業を続けています。おいしいアスパラを育てるためには、まだまだ地味な作業が続きます。
 
小須田逸子をフォローする!    

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

にほんブログ村













森川農園の卑弥呼、森川ユリ子様=私の母 です。老いたりといえども、この森川農園に君臨しています。その母がしていることは、死体を埋める穴を掘っている???


いいえ、違います。この穴は、昨年秋に長いもを掘りあげた穴です。今日は、私も動員され、3時間の作業で下の画像のように埋めもどしました。


ここに、今年も自家用の長いもを植えるというので、この穴の下の部分の土を柔らかくし、まわりの土を柔らかくして埋めもどしました。

母は、野菜を作るのが生きがいで、おいしい野菜を私たちに食べさせてくれます。今年はもう畑は無理かな? と心配していましたがやる気のようです。

しかし、体力的にもうは自分だけでは 耕すことができず、私が動員されることになりました。今年は、お天気の日の午前は母の畑の手伝いです。

卑弥呼の言うことは絶対です(笑) 

私は動員され手伝った上に、母の気にいるように作業できずに怒られるという損な役回りです 

私は、今年から野菜に挑戦してみようと思っています。植えようと思っているパクチーや西洋カブなど、母の畑を手伝いながら作り方を教わろうと思います。

だいぶボケた母ですが、さすが自分の専門のこととなると頭がシャンとするから不思議です。

こちらは小型の管理機の「マイボーイ」ちゃん。今日、息子から運転の仕方と耕し方を習いました。まだちゃんとできませんが、練習しながら耕したいと思います。
続きを読む

↑このページのトップヘ