人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。現在はネットショップを運営。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスや野菜のPRもがんばってます。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ:料理 > 食材

今日の湿度は82% じとじとしていて梅雨の真っただなかの秋田県です。

雨が降ろうが、雪が降ろうが、3度の食事の時間はやってきて食べなくてはいけないのが人間というもの。

その昔は狩りをして獲物を捕まえたり、山で木の実をひろって食べたりしていたのでしょうが、現代人のほとんどはお店から食べ物を買います。

外食や、中食(出来合いのものを買って家で食べる)が増えてきたとはいえ、毎日だと飽きるし費用もバカにならばい。多くは材料を買って家で調理して食べると思います。
TTIMGL4340_TP_V1
最近の傾向は、1~2人用の量が少ないものが売れ筋だそうです。なぜなら、1人住まいが増えているからです。

お米も、もはや10キロなんて売れなくて、3キロ、2キロなどのものが売れ筋。野菜もカット野菜です。コンビニに行くと、調味料や日用品まで少量のものが売られています。

そんな中、マルエツではこんなものが売れるようになったとか。
「工場野菜」です。

p1
マルエツに登場した「工場育ちの野菜」コーナー(東京都調布市の国領店) 日経ビジネスより

キーワードは「もったいない」と「潔癖」

品目数はスプラウトやレタス、ベビーリーフ、ルッコラ、ホウレンソウなど約30種類。蛍光灯やLEDを使った植物工場や、室内環境を制御した太陽光型の栽培ハウスなどで作られた生鮮野菜だ。
続きを読む



今日、こなつファームの富永聡子さんから「小夏」が届きました。生まれて初めての「小夏」です。秋田では見かけたことがありません。八朔よりも一回り小さく、色は八朔よりも黄色です。 

いろいろ柑橘類を作っているけど、「小夏」が大好きなので こなつファーム と名づけたそうです。

続きを読む

↑このページのトップヘ