秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ:シニア > 認知症・脳の老化

秋田県の昨日・一昨日の雨は止みました。本日は普通の梅雨らしいうっとうしいお天気でした。

わが森川農園はお陰様で、アスパラガスの枝の先っぽが少し折れるとか、山ずみにしていた雑草が水没してべとべとになった程度で、大した被害がでなくてすみました。本当にありがとうございました。

まだ水が引かない地域があったり、避難している方々もいます。仲間の農家さんは作物が大打撃の人たちがいます。道路も通行止めがあるし、秋田新幹線も大曲~秋田間は走れません。どうか一日も早く通常の生活に戻れますように。
image
自然は人間の浅知恵でなんとかできるもんではない。自然の前では人間は無力です。

そして、森川農園のアスパラも神様の気まぐれに翻弄されてます。ほら、双子なのか、くっついて離れません!! どうしようもない、成り行きにまかせるしかないのですよ。この現実を受けいれるしかありません w(゚o゚)w オオー!  

さてさて、そんな大雨の中、能天気な老婆がここにも一人いました。テレビを見ても、事態の深刻さがちっともわかってないっぽい。
「 同じ大仙市だよ! ほら、あそこの刈和野のところだよ。」
「 花火通りのあの橋だよ。あの通りだよ。水があふれているでしょう!」
と言ってもピンとこないらしい。のんきに相撲の応援などしていました。

なぜなのか? すべての感覚が鈍くなっているんでしょう。

暑い日も「 水を飲んでね。」と言ってもぜんぜん飲まない。「のどがかわかないんだもの。」と言う。とにかくコップに飲み物を入れて飲んだのを確認しなくてはいけない。一事が万事こんな感じで、新しい情報がぜんぜん頭の中に入って行かないようです。

友人とラインで無事かどうか確認しあった。そこの実家の一人暮らしのお母さんも、避難するように迎えに行ったけど、一人で家にいると言い張り、大げんかのすえやっと連れ出したと嘆いていました。

身に危険がせまっているのが理解できない。そしてガンコ!! いざ逃げるとなると、まともに動けないから周りにも迷惑がかかる。そんなことさえ見通せる能力が減っている。

しかも、自分ではできないのにいつも文句だけ言う。明るいことは言わないで、常に最悪の事態を想定した話をする。

昨夜も母のことを考えてゆううつな気分になって、一人でツイートしてました(爆)
ストレスたまります!!

老化は避けられない。でも、すこしでも筋肉、気力、脳みそを鍛えて、なるべく若い人に迷惑をかけないバアさんになりたい。

雨の洗礼をうけ、老化への恐怖を感じ、ちょっと暗~い気分になっちまった。

こんな日はさっさとお風呂入ってビール飲んで寝ようっと。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



HTdaijyokujyou20150221103058_TP_V1

実家で暮らすようになってまず最初に愕然としたのが、オーバー80才の母の理解力の衰えでした。

体の衰えは、想像の範囲内でした。体重が少なく体力のない母は、本当にすぐに疲れる。背中は丸まり、腰も曲がり、膝も開いています。時々腰を伸ばして背中をそらす、あの老人独特のポーズをします (≧ヘ≦) 

その体力の衰えより、脳の衰えはすさまじかった!!
・ 理解ができない
ドラマを見ていても、内容も登場人物も理解できていない。同じ物を見て、理解しているという前提で話したら、何もわかっていなくてショックでした。
・ すぐに忘れる
鍼灸マッサージに連れていく途中に、新しい脳外科業院ができました。車で前を通る時には「新しい病院ができたんだ!」 と喜びます。また次に連れて行った時も同じことを言います。毎回毎回おなじことを言います。

他にも、日々の暮らしでいろいろ感じます。

あと20数年で私もああなるのだ、と思うとショックでした。できれば体力だけでも保ちたいと、週一だけどジムに通いだしました。

そうしたら、こんな記事が

一部の高齢者の脳では、大脳皮質が残り少なくなると、白質がバックアップジェネレーターとして機能している可能性
  
はやく研究が進むといいですね。私の脳がこれ以上老化する前になんとかしてくれることを祈ります。

今、私たちが記憶力を保つためにできることは、
定期的に運動することや家族や友達たちと良好な関係を維持すること、喫煙を控えること、新しいことを学習することなどが有効な対策だと言われている。
ということです。

昔から言われているけれど、早寝早起き、好き嫌いせず腹8分目に食べる、みんなと仲良く暮らす、新しいことにチャレンジする、ということのようですね。

昔の人は科学的に実験したわけではないだろうに、真理をわかっていたのですね。すごい!!


 小須田逸子をフォローする!  

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

にほんブログ村

↑このページのトップヘ