人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

2016年夏、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。元ニットデザイナー。現在はネットショップ運営を中心に活動中。また実家の森川農園の手伝いも。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ:健康 > 股関節

私はサイボーグ。

両足をチタンの人工股関節にして7年になります。お陰様で痛みも全くなく、今日も農作業ができました。長いも畑の支柱を立てましたよ。

わが実家のネコ車(運搬用一輪車)も、満身創痍です。たしか去年は木製の義足だった。今日、義足が金属性にレベルアップしたのを発見!! 息子がオペをしようです(笑)


この画像を見ても、どこの部分がどうなっているのかわかりませんよね?


こちらが全体像。細すぎるアスパラガスとか、折れたものとか、曲がりすぎているものとか棄てるものを積み込んでいます。

この左足の三角の部分が上の画像。とれた左足を金具で固定していました。

ちなみに私の人工股関節は両足ともこんな感じ。
5_3
画像は「人工関節の広場」より

なんか通じるものがあり、思わずスマホでパチリ。ネコ車よ、お前もか! 

人口関節のもの同士、がんばろうぜ!!


こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

今朝も「ひよっこ」の茨木弁に癒されて一日が始まりました。昭和40年て、まだ東京もこんな感じだったんだぁ、と興味深く見ています。

わが実家では私もまだ小さくて、テレビがやっと入ったころでした。実家では東京オリンピックを見ようとしてテレビを買ったと聞いています。

前回の考察は、元ニットデザイナーとしてかぎ針の考察でした。本日は、澄子が使っていた松葉杖についての考察です。

今回の記事は、私のオペ、入院の経験から書いています。患者としての考察なので、専門家から見ておかしいところがあるかもしれません。医療関係の専門家ではないのでご了承くださいね。

私は、両足が人工股関節です。その前に自骨で股関節のオペを2回していて、合計で半年ほど整形外科に入院しました。リハビリの時に、車いす、松葉杖、片松葉(1本だけ松葉杖を使う)ステッキを自分で使ったので、ある意味これらの器具のプロです(笑)

特に片松葉は、1回目のオペ後に退院してからも1年近く使っていました。
YUKA151018130I9A2455-thumb-autox1600-21946
この画像のように足を地面に着くことができず、両方の松葉杖を使うのは骨折などの重症です。この画像での松葉杖の使い方は問題ありません。

問題の使い方はこれほど重症ではない場合で、1本だけ松葉杖を使う片松葉の時です。今朝の澄子の松葉杖の状態です。

澄子がどんなふうに松葉杖を使っていたかをまずは説明します。澄子は左足首を痛めたようです。足を地面について少し体重をかけていたのでそれほどの重症ではなく、たぶん捻挫程度だと思います。そして松葉杖を同じ左側に持っていました。

正しくは片松葉の場合、痛めた足と反対の手に持ちます。

澄子は左足を痛めたのに、左手に松葉杖を持っていました。これでは、左足の保護になりません! 左足を痛めたのなら、右に松葉杖を持ちます。

なぜなら、自分の体重の半分を松葉杖に、半分を痛めた左足にのせるようにするためです。全体重を痛めた足にのせないよう、体重を分散させるということです。

これ、怪我をしたことがない人にはわかりにくいと思いますが、一度でも怪我をしたことがあればすぐに理解できます。

以前も、NHKのドラマで、これと同じ間違いを発見しました。足を痛めた力士が松葉杖を使うシーンでした。この時はこんなブログを書いていなかったので、指摘できませんでした。今回は、ブログで考察ができます(笑)

ドラマのスタッフに医療関係の方が一人もいなかったと思われます。また、怪我をして松葉杖を使った経験がある人もいなかったのでしょう。

前回のかぎ針の種類がちがう、という程度なら笑い話で済むけど、医療関係の間違いはよくないです。ドラマの時には、たとえ患者さんに直接触るとか、注射するとかでないにしろ、一度は医療関係者にみてもらったほうがいいと思います。

今日も、うるさいおばちゃんの勝手な考察でした(笑)

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 




OMG150918500I9A6447_TP_V

両足の股関節を、チタンの人工関節に変えてもうすぐ7年になります。

話せば長いのですが、両足の股関節が外れて生まれたらく、1才すぎてもなかなか歩かなかったそうです。お尻にオデキができて外科へ連れていったところ両足の脱臼がわかり、石膏のギブスで固められたそうです。

赤ちゃんだったのでまったく覚えていませんが、遠くの大学病院まで連れていくのが大変だったらしい。

子どもころはなんとか普通にすごしたのですが、20才を過ぎるころから足が痛みだし、痛み止め薬とお友達に。45才を超えるころからは杖をつかないと歩けなくなりました。寝返りするもの痛くなり、今から7年前の2010年、船橋整形外科病院で両足を人工股関節にしました。

お陰様で今は快適に歩けます。感謝です!!

人工股関節が何年もちこたえるのか、いまだデーターがたりないのでお医者さんもわからないそうです。できれば入れ替えのオペをせずにあの世に行きたいのだけれど、どうなることやら。

痛みのない生活ってそれだけで天国です。おいしいご飯がおなか一杯に食べられて、暖かいお布団で眠れて、家族が元気。これ以上のしあわせってないよね 

それなのに、もっと痩せたいとか、しわをなくしたいとか、シミもなくしたいとか、お金がもっとほしいとか、ぜいたくというものだわ。

でも、お金だけは自分や家族の夢を叶えるための道具なので、もっとほしい。お金は仕事を生かすための血液だからね。なので、今はちょっと貧血ぎみです(笑)

こうして普通にちかい状態で歩けるようになったことに心から感謝です。船橋整形外科の老沼先生にオペしていただいて本当によかったです。ありがとうございました。

これは、神様がもっと歩け!! 世の中の役に立つように動け!! と私に言って下さってるのだわ。私、まだまだがんばる。

 
小須田逸子をフォローする!  

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

にほんブログ村





 

↑このページのトップヘ