秋田農村写真集 人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ: 起業

いつもお世話になっている趣味起業コンサルタントの戸田充広先生。

戸田さんは、コンサルタントとして活躍しているだけではなく、こんな本も出しているんです。「さぼてんねこのさぼにゃん こころのアカを落とす本」絵も、もちろん戸田さんが書いたのですよ!!

この本、絵がかわいいだけではなく、内容が癒される~~~
楽しくて、深くて、絵本なんだけど人生を応援する本なんです。
 
今回、第2巻「宇宙のリズムに乗っかる本」が出ます!!
21192070_1698280606883926_6693218164474919968_n
戸田さんがチラッと公開している中身です

21150454_1698280676883919_8765353362467949166_n
子どもも大人も楽しめるよ~~~

21106522_1698280770217243_8086838551300147558_n
「ぐちは、うんをけすよ」 偉い人ではなくさぼにゃんに言われれば納得!!
 
本日 8月29日24:00まで、Amazonキャンペーンで、購入特典として抽選でさぼにゃんグッズが当たります。私も申し込みました。私がほしいのはアレです~~~

みなさんもぜひご一読を。癒されて、元気が出て、宇宙のリズムに乗っかりましょう!!

こちらから本をポチっと予約して、注文番号を控えてきださい。
そして下のキャンペーンページにいってキャンペーンに参加してくださいね!

 
キャンペーンページ
https://sabonyan.themedia.jp/pages/1221258/page_201708261825
さぼにゃん応援グループ
https://www.facebook.com/groups/1150997188267657/?ref=group_header

今やFBには、20億人もの人間が集まっています。10年前には存在しなかった「場」です。
freee151108519450_TP_V1

私も毎日FBを見ます。親しい人の動向は、ほぼFBを通じて把握します。メールも出すことが随分と減りました。FBのメッセーンジャーかLINEです。メールよりすぐにお返事が来るし、見おとすことも少ないからです。

FBへの投稿も毎日2~3回します。この前は、2日投稿しなかったら
「どうしたの? なにかあったのですか? 元気ですか?」
とメッセージが来ました。

それほど日常に入り込んでいます。今や私の生活には欠かせません。

 SNS 、ブログのそれぞれの特徴 

FBやTwitterやInstagraなどのSNSは、人と人をネット上でつなぐサービスです。この特徴のひとつは、友達登録された人に一斉に自分のメッセージを届けることができるという点です。

「今」を投稿して、交流することができます。

そしてSNSの最大の特徴としては情報の拡散性です。イイネ! や、シェアや、リツイートで何倍もの人に情報が拡散することがあります。

でも、よいことばかりではないのです。FBなどのSNSの投稿はすぐに流れてしまいます。数日前に自分が投稿した記事は探すのがむずかしい。これは、Twitter や Instagram でも同じ。次々に新しい投稿がされて、情報が流れていきます。

でもブログは違います。自分の記事は前のものからずっとストックされていきます。カテゴリー分けしておくと、記事も探しやすくなります。

グーグルなどからも記事をさがしてもらえるし、自分の考えを述べるのにも、仕事の情報を発信し続けるのにも向いています。

なので、ホームページやブログは、役立つ情報や価値ある内容を書き、長く検索されるようにという考えで書いています。

 なぜブログやSNSをするのか、まずは考える 

ただ単に楽しいから書いている人は、好きなことを好きなように書けばいいのですが、私のブログを見てくださる人のほとんどは、仕事上で必要があって書いている人だと思います。

その場合は、最終的に何をしてほしいのか? を時々思い出してください。

・ 教室やサロンに来てほしい
・ 商品を買ってほしい
・ セミナーに申込みをしてほしい
・ 自分の考えに賛同してほしい
・ ブログに人を集めてグーグル広告費をたくさん得たい

など。そのためには、何をしたらいいのか考えます。

ブログに記事を書き溜める

グーグルなどを検索してお客様が来てくださる

SNSからもブログに流れて来てもらう

ブログの記事を読んで、自分のファンになってもらう

最終的には、上記の目的を達成

という流れになります。なので、ブログは見つけられやすいように、アクセスされやすいように中身を作ることが大切。お客様の役にたつ記事、お悩みを解決する記事、楽しい記事を書きためていきます。

私の場合はSNSでは更新情報を告知する。また、近況報告など画像と簡単な説明で投稿します。ブログのリンクを押してもらえるように考えて投稿しています。

 SNSからブログに流れてもらうために大事な事 

SNSの投稿からブログに来てもらうだけではありません。それぞれの投稿にリンクを貼るはもちろんですが、
SNSからブログに流れてもらうために多くの人が見落としてる大事な部分が実はあるのです。それは、また別の記事で書きます。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

暑い! とにかく暑い! 今日は35度もあった秋田県大仙市です。

そんな中でも、朝晩2回のアスパラガスの収穫のお手伝いをし、その他に午前3時間のアスパラ畑の雑草取りを頑張った私です。みなさん、森川農園のアスパラガスおいしいから食べてね!

さて、私のこのブログをテーマごとに分けるかの大問題は、森川農園とその他の二つのブログに分けようか? と先日の3つよりは退化しております(笑) でもまだ準備がととのいません。進行状態なども、このブログで随時おつたえしていきます。
CAT9V9A9145_TP_V1
さて、ブログを書いていろいろ記事がたまってくると、たくさんのごちゃごちゃした内容になってきます。私のこのブログなんて、森川農園のアスパラガスのことから、元ニットデザイナーとしての経験から、シニアの生活についてから、ブログの書き方に至るまで、多種多様でございます。

見に来てくださる人は、私の信者なら隅から隅まで逃さずにブログを見るのだろうけど、そんな人はいません(笑) 自分の興味のあるページだけ見に来てくださるのだと思います。

例えばブログの書き方だけ見たい人は、森川農園のアスパラの記事なんて読みたくないのです。ブログの記事だけ見たいときどうすればいいの? ということになります。

ブログ記事にカテゴリー設定をしよう

記事がちゃんとカテゴリーにわけられていれば「ブログ」と言うカテゴリーをクリックすれば「ブログ」について書いた記事だけを見ることができます。

このブログだとPCでは右側の下の方のカテゴリーというところです。アメブロでは「テーマ」になっていますね。

これを設定しないでずっとブログを書いていくと、あとであの記事を見たいと思っても、なかなか探せません。見にきてくださる方にも不親切です。

ブログのカテゴリー(テーマ一覧)は、ブログの目次です。ここを整理しておくと見に来てくれた人が情報を探しやすくなります。

ブログのテーマは上から順番に見られる機会が多いので重要なテーマはなるべく上に配置します。

アメブロだったら、
マイページ → ブログを書く → 設定・管理 → テーマ編集 
のところで設定と変更ができます。

ここで設定されていると、ブログを書くときにタイトルの下の テーマ の▼から選ぶことができます。テーマがない時には、その右のテーマ追加 で新しく付け加えることができます。

もし、初期設定のままだとずっと「ブログを書く」に記事がたまっていきます。まだカテゴリーに分けていない人は今すぐに分けてくださいね。

すでに分けている方は、同じようなテーマが重なっていないかとか、順番を変えようとか、見直してみてくださいね。

そして、ブログ記事の最後には、毎回、毎回、連絡先やメニューやお知らせを入れてくださいね。特にスマホでは記事本文だけしか見れません。PCのサイドや、メッセージボードは見れません。なので、毎回、毎回、コピペで連絡先やメニューやお知らせを入れてくださいね。

今日も、下の日本ブログ村のバナーをポチッとおしていただくと喜びます!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

テーマ(カテゴリ)ごとにブログを分けて作ったほうがいいのか?


このブログは、ニットデザイナーを引退することに決めて、もう好きに書くぞ! と立ち上げたブログです。なので本当に好き勝手に書いていたら、テーマが増えすぎてしました。
cat9V9A9026_TP_V1
ブログタイトルは死ぬほど大事! 
って書いておきながら、私のこのブログでは書いている内容が雑多すぎて、効果的なブログタイトルではありません(泣)
私のこのブログの内容は、
・ ハンドメイド業界のこと
・ ブログの書き方
・ 森川農園のアスパラガスや野菜のこと
・ 田舎生活や秋田県のこと
・ お料理
・ シニアの生活
・ 世界情勢
・ etc,etc
もうごちゃまぜ~~~~~

これは、
集客で使うのであれば悪い見本です。
集客のためのブログなら、自分のブログのテーマに沿った記事を8割、プライベートなことなど2割で進めるのがいいです。

まずお客様が知りたいのは、あなたのサービスにはどんなものがあるのか? そのサービスを受けるとどう変わるのか? どんなメリットがあるのかです。

決して、あなたがランチに何を食べたかではないし、どこへ行ったかでもない。それを知りたいのはタレントかスポーツ選手や有名人だけです!

そういうプライベートなこともたまには必要です。あなたがどんな人かちょっと知って、安心してサービスを受けたいからです。

私のこのブログはどんなテーマに分類できるかといえば、大雑把に
 1 ブログの書き方、SNSの使い方、ネット関係、ハンドメイド業界
 2 農業、森川農園、アスパラガス、田舎暮し、秋田県関係
 3 シニア、シニアに役立つ記事
の3つに分類できます。それぞれがまったく関係のないテーマです。

一番いいのは3つブログを作って、そのテーマにふさわしいブログタイトルを考える。そしてテーマにあった内容を書いていくということです。

そのほうがテーマにそった読者が集まりテーマにそった集客ができます。収益のためのブログでもテーマに沿った広告が載せられます。

でもね、私もお悩み中です。そんなにたくさん記事は書けないし運営も大変そうです。当分は一つのブログで行こうか? 

ただ、今使っているライブドアブログ、スマホのページが思ったようにできないのと、ライブドア側で用意している広告が載ってしまうようなのです。なのでワードプレスにしようかと、こちらもお悩み中。

ワードプレスを使うために、ちゃんとしたサーバーを借りて(今借りている格安のサーバーでは、過去に何度か問題が起こりました。今も問題が解決していません)ブログをつくろうかな・・・・・
方針が決まったら、またこのブログでも発表します。

そして、どうやって進めていくのか、リアルタイムでお伝えしていきますね。これからブログを書く人の参考のためと、自分の記録のために公開していきます。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

いざブログを書き始めたとします。慣れるまではなんでもいいから書いてみましょう! って先日のブログでお話しました。
LISA78_MBAsawaru20141018102912_TP_V1
何個か記事が書けてきました? どんな事をかきました? 

私のこのブログだと、
・ ブログの書き方
・ ハンドメイド業界のこと
・ 森川農園のアスパラガスのこと
・ お料理
・ シニアの生活
・ 世界情勢(笑)
・ etc,etc

もうごちゃまぜ~~~

このブログは、ニットデザイナーを引退することに決めて、もう好きに書くぞ! と立ち上げたブログです。なので本当に好き勝手に書いていたら、テーマが増えすぎてしました。

ブログタイトルは死ぬほど大事! 
って書いておきながら、私のこのブログでは書いている内容がごちゃごちゃしすぎて、効果的なブログタイトルが決められません(泣)

大雑把に考えると、
・ ブログの書き方、SNSの使い方、ネット関係
・ 農業、森川農園、アスパラガス、秋田県関係
・ シニア、シニアに役立つ記事

今日は、ちょっと体調不良、続きは明日にします・・・・・



ここのところ毎日、ブログについて書いている私です。なぜかお褒めの言葉をいただいたり、FBの友達申請をいただいたりでうれしいです!

私にとって集客ブログの書き方は、あたりまえで日常的すぎることです。こんなことを知りたい人なんかいまだいるんだ? と思っていました。でも新規で仕事を始める人は常にいるんですものね。ブログを始める人も常に一定数いるわけなんですね。

褒められれば調子に乗ってがんばっちゃう単純な私です。今日もわかりやすく、楽しく書いていきますね。
YOSX9845_TP_V1

 ブログに何を書けばいいの? 

はい、まず最初は昨日の記事でも書きました、プロフィールです!

そして、肩書や名前です。

水商売は 源氏名で
役者は、芸名で
ビジネスは、本名で !   

ですよ~~~

プロフィールができたら、次はブログの本文です。ブログ記事の本文には、最初は何でもいいのです。まずはブログを書くということに慣れてください。今日やったこと、食べたもの、感心したことなどなど。

PCやスマホの「ブログを書く」というページを毎日開くということが習慣になればしめたものです。歯磨きしないと気持ち悪いのと同じように、ブログを書かないで寝ればおちつかない! というようになればしめたものです。

そうしたら、自分の仕事の内容などを伝えていきます。どんな仕事なのか、どんなことにこだわっているのか、これは自慢のサービスメニューです! とか。作家さんなら、自分が作ったものや、どこで販売しているかなどなど。

そして、お客様のためになることや、お悩みを解決してあげる内容を書いていくと、アクセスも増えてきます。

ニュースについてでも、仕事についてでも、あったことをそのまま書くのではなく、それに対して自分はどう考えたか? と言うことを書けるようになると、ブログのファンも増えていきます。

気をつけなければいけないのは、毎回、毎回、これ買ってください! とか、このイベントに来てください! とか告知ばっかり書くこと。これを続けていれば、もうこのブログはつまらないから見ない (≧ヘ≦)  になります。

この書く内容については、時々、このブログでも書いていきますね。

その他に、絶対に必要なものがあります。さてなんでしょう? 考えてみましょう。


・ 


それは 問い合わせ先 です!

私の知り合いにブティックを経営している人がいます。数年前ブログをはじめました。新着の洋服やバッグなど、きれいに写真をとってマメにブログにのせていました。

ある日、私に「ブログ書いているのに、ぜんぜんお客様が来ないの」と言うのです。ブログを見にいったら原因がわかりました。どこにそのお店があって、どう行けばいいかわからないばかりか、連絡先が一つも書いてありませんでした。

・ メールアドレス
・ 電話番号
・ 問い合せフォーム
・ FB・Twitter などのSNSへのリンク

まったくありませんでした。これ本当にあった怖い話です   
来るわけないじゃん、お客様!! 

これだけは忘れないでくださいね。あなたが仕事につなげるためにブログを書くのなら、連絡先は書いてください。ものすごいチャンスを逃してしまうかもしれないのですから。この連絡先についても、また日を改めてくわしく書きます。

 ブログにのせなくてはいけない項目 

仕事のためのブログなら、プロフィール、問い合せの他、仕事内容も必要になってきます。

・ プロフィール 名前 肩書 プロフィール写真
・ 問い合わせ先 メール 電話番号 ホームページ SNS  申し込みフォームなど
・ 仕事内容 日程 場所 料金 メニューなど


物販やセミナーなどを販売する場合は

・ 特定商取引法に基ずく表記
・ プライバシーポリシー


なども必要になってきます。
さらに、バカ売れの人気ブログにしようと思ったら、

・ お客様の声
・ よくある質問

なども加えていくとよいでしょう。

ここはまだまだ先の話。まずはブログを開設。プロフィール書いてね! 

私の生徒さんたちで、今、大活躍している人たちって例外なくすぐに始めた人たちです。なにか勉強して48時間以内に一つでも実行しない人は、永久に実行できないという研究結果が出ています。私がブログの記事を書き始めてからもう48時間はとっくに過ぎました。

ブログ開設しました? 既にブログ書いている人は、見直しました? このブログを読んだら、すぐに自分のブログへ行って記事を書いたり、見直したりしてくださいね。

あっ、その前に ブログ村への投票していただけると嬉しいです。

ここのところ、ブログに関する記事が多いので、ライフスタイル というジャンルがマッチしないのですが、ブログのほか森川農園のアスパラガスとか、シニアのこととか書いているので、マッチする分野が見つからないのです 

では、ポチッ をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

先日からのブログについての記事、本当にたくさんの方に読んでいただけてうれしいです。こんなにブログについて知りたい人がいたなんておどろきです。私の経験がお役にたてて幸せです。

今までブログについて書いた記事はこちらです。

・ 元ニットデザイナー・手編み講師が語るブログの書き方 なぜブログを書くのか?

・ ブログタイトルは死ぬほど大事! 

・ 肩書きプロフィールはブログの顔です

CSS_ashiwokumuofficer1292_TP_V1
今日は、ブログのプロフィールの顔についてです。

 ブログのプロフィール画像は自分の顔を出さなくてはいけないのか? 

ブログやFBのプロフィール画像は何を使っていますか?  まさかピグではありませんよね?  ペットの写真や、アニメのキャラではありませせんよね? 花や食べ物ではありませんよね? 

顔を出さなくてはいけないという決まりはありません。本当は何だっていいのです。

でも、あなたは何のためにブログを書いていますか? たぶん私のブログを見に来る方は、ハンドメイド系の講師や、作家さんなどが多いはず。そのほか、セラピストでもネイリストでも、仕事に結びつけようと思って書いているはず。

だったらプロフィールの写真は自分の顔が断然いいです。特にお客様と直接会う仕事なら、私は自分の顔写真を使うことをおすすめします。

例えば、あなたが歯が痛くて歯医者さんをさがしているとします。歯医者さんて行きたくないよ~~~と思いながら、行けそうな歯医者はどこにあるか検索します。そしてあなたが女性なら、イケメンの先生の画像が載っていたらそこに決めるはず。男性なら、看護士さんが制服を着てニッコリ笑っている画像があったら、むしろ行きたくなるはず(笑)

あなたの教室でも、サロンでも、ちゃんと顔を出したほうがお客様は安心して来てくれます。

プロフィールの画像を見て、お客様は文章の何倍もの情報を得ます。
・ このブログを書いている人は男なのか女なのか?
・ 何歳くらいなのか?
・ 怖くはないか?
・ 暗い感じではないのか?
・ どんな体格なのか?

などという情報をキャッチします。顔をかくしたりせず、顔の全体がわかるように撮ってください。お客様と直接会う仕事なんですから、どうせ顔が見られてしまうんですよ(笑)

そして、どこかの企業が仕事を依頼したいと思ったとします。いいことを書いていたり、よい作品を載せていたとしても、プロフィール名が nekomama で画像がピグ の人に仕事を頼むか? 私だったら頼みません。

あっ、でも会社員で副業禁止なので、名前も顔もばれたら困るという人は工夫してくださいね。

なかには、顔出しもせず名前もビジネスネームだけど、ものすごく活躍している方もいます。でもそういう方は、いろいろなデメリットを克服して有り余るだけの覚悟と実力があるのです。

まったく無名で、まだ仕事もあまりない私たちが、好きこのんで顔出ししないマイナス面と闘うことはないと思います。

 どんな写真を使ええばいいのか? 

こんな写真はやめてくださいね。
・ 暗い顔 
  死神のようなお客様ばかり来ますよ(笑)
・ 怖そうな顔
  死神はおろか誰も来ませんよ!
・ 悪ふざけしている顔 
  さかなくんみたいにそのキャラで売っている人ならいいけど
・ 多人数で写っている写真 
  どの人がこのブログを書いている人かわかりません
・ ペットを抱いている写真 
  獣医さんとかペット関係の仕事ならいいかもしれないけど
・ お鍋とか洗濯ものとか生活臭ただようものが背景に移っている写真
  せめて見えない工夫を! この写真だと逆効果です
・ いつもとちがう綺麗すぎる顔
  実際にあった時にがっかりされます(涙)

人間は、外見じゃない中身だよって言う人もいます。でも、見た目が9割っていう研究結果も発表されています。見た目が悪ければ、中身を見てもらう前に来てもらえないのです!!

できる範囲で小奇麗にして写真を撮ってください。せめてお天気のよい日に にっこりと笑って撮ってください。

服装も気をつけてください。自分の仕事にあった服装でね。

出来れば、プロにきちんととってもらってください。お金をかけるだけの価値はあります。

私の写真はニットデザイナー時代のものです。今のブログもアメブロも FB、Twitter、Instagramも同じ画像を使っています。それは、ザイオンス効果を狙っているからです。

ザイオンス効果とは、同じ人に接する頻度が多いほど、その人に好印象をもつようになるという効果です。どのメディアでも同じにしておくと「あっ、この人だ!」と何度も会ったことになり、親近感がわいてくるのです。

プロフィール画像って、ものすごく重要な意味があるのです。見直してみてくださいね。

次回のブログに関する記事は、ブログには何をかけばいいのかをお知らせする予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

週末にもかかわらず、昨日のブログ記事「元ニットデザイナー・手編み講師が語るブログの書き方 ブログタイトルは死ぬほど大事! 」はたくさんのアクセスがありました。読んでくださってありがとうございます。

みなさん、今さらですがブログの書き方に興味があったんだ! とびっくりです。私からしたら、そんなことはもうみんなが知っていてオワコンかと思っていました。

アクセスに感謝して、今日も張り切って書きますね。今日は、肩書とプロフィールについてです。
PAK23_husentomemo20140313_TP_V1

 プロフィールには実名を使わなくてはならないのか? 

私のアメブロ「編物サロン かぎ針編み認定講座 秋田 大曲」のニックネームは、元ニットデザイナー小須田逸子 になっています。引退前はニックネームが ニットデザイナー小須田逸子 でした。

現在の肩書をもっと詳しく書くと「元ニットデザイナー、ネットショップ運営、森川農園広報 小須田逸子」みたいなことになります。面倒なので FB、Twitter、Instagramも「元ニットザイナー小須田逸子」に統一してあります。

私は、小須田逸子という実名を使っています。なぜなら生徒さん募集が目的で書きはじめたブログだったからです。先生が yuki とか wanko とか、そんな名前の人のところで勉強したいですか? 実名を使うことで、信頼感がまったくちがってきます。

今のブログは特に目的を限定しない自由なブログです。でも実名を隠す理由もないので、いままで同様に実名を使っています。私は何も悪いことしていないのに、匿名やへんなニックネームを使わなければならない理由がありません。

実名だと悪いことに巻き込まれるのではないかとか、ストーカーにあうのではないかと心配する人がいるけど、私はいままでそんなことは一度もありませんでした。むしろ、実名で書いてよいことのほうがたくさんあります。

匿名の人が特定の人を攻撃したり、ネガティブなことばかり書いたりしているのをよく見かけます。それって責任逃れです。実名の人のブログと匿名の人のブログ、どちらが信頼されるか、ちょっと考えればわかることです。

 プロフィールページの役割 

アメブロでは、プロフィールというページがあるので、そこに記入してください。このブログでは特にニックネームとか肩書を書くところは設けられていません。自分でプロフィールという記事を書き、それにリンクを貼ってプロフィールページとしています。

こちらが私のプロフィールページです。私はヘッダー、サイド、毎回の記事の最後にプロフィールへのリンクを張っています。

なぜにそれほどプロフィールへのリンクを貼るのか? プロフィールページはそれほど重要だからです。あなたと読者さんを結ぶ懸け橋だからです。

ブログを訪れた人がなぜプロフィールページを見るか。それはあなたがどういう人間か知りたいからです。ブログを訪れた人はどんな人が先生なのか、どんな人が売っているかを知って、納得してから申し込みたいのです。

ですから、プロフィールページで、信頼できる人間であるということを示さなければなりません。少なくとも、まともな人物であるということは知ってもらわなければ、その先につながりません。

 プロフィールページには何を書けばよいのか? 

名前と顔写真
写真があるのとないのでは雲泥の差があります。写真については、また日を改めて書きます。

基本情報
すべてさらすことはありませんが、できる範囲で公表したほうが親近感を持たれます。
・ 生年月日
・ 出身校
・ 趣味
・ 住んでいる地域 など

仕事内容
・ どんな仕事内容か、その仕事がどんな効果や良い結果をもたらすか簡単に書きます。
・ 専門用語は使わずに、中学生でもわかる言葉で書きます。

エピソード
・ ブログをはじめようと思った目的、理由など
・ ブログ開設までの道のり、失敗談など
・ あなたの理念、主張など
・ 今後の夢や目標など

簡単でいいので、書ける範囲で書いていきます。これを書いていくことで共感が生まれます。

私はサッカー日本代表の試合を毎回応援しているのですが、そのことを見つけてくれて、会った時にサッカー選手の話で盛り上がったことがありました。また秋田県出身というだけで親近感をもってくれる人もいました。

カッコつけず、ありのままの自分をさらけ出すことをお勧めします。気取ったプロフィールにすると、あとでつじつまが合わなくなって苦しくなるよ~~~

と言うことで、私は国語科を卒業したけれど、誤字脱字の女王です(笑) 時々、このブログでも誤字脱字があると思いますが、大目に見てやってください!

次のブログに関する記事は、プロフィール画像について書く予定です。


こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 Googleに認めてもらえなければ存在していないのと同じ 

昨日はブログを長く続けてきた私の遍歴を紹介、ブログを書く意味について考えました。

ここ数年スマホを常に携帯し、なんでもスマホで見て調べるという生活スタイルになりました。ウチの80代のばあちゃんでさえ「これ調べて!」と言うようになりました(笑)
TAKEBEIMGL3724_TP_V1
さてあなたは自分の仕事、自分の情報、自分の考えなどを発信していますか? グーグルで自分のお店、教室、サロンなどを検索してみてください。出てきました? または自分の名前で検索して、自分が出てきました?

例えば、あなたが新潟で書道教室をしているとします。スマホでブラウザを開けてみてください。私はiPhoneなので safari を開きます。または Google のアプリを入れている人はアプリを開きます。検索/Webサイト名入力 というところに、新潟 書道教室 と入力して検索してみます。

あなたの書道教室が出てきました? スクロールして一番下まで行ってください。次へ> というところまでに入っていなければ、スマホからの集客はむずかしいでしょう。


 image
このページにのっていないということは、極端に言えばこの世に存在していないのと同じです!!

子どもを書道教室に通わせようと思っているお母さんは、まずは通える範囲か調べて、上から順番にホームページやブログを見たり、電話で問い合わせします。

えっ! ここにのっていない私はどうすればいいの? と思ったあなた、大丈夫ですよ。私が時々ここでブログについての記事を書きますから、無料で勉強してね(笑)

 ブログタイトルは死ぬほど大事です!  

あなたのブログのタイトルは何ですか? 

私はその昔「ITSUKOのひとりごと」と言うブログを書いていました。その当時のハンドルネームは 「ITSUKO」でした。今から思うと当然だけど、生徒さんは一人も来なかったよ(爆)

こんなタイトルの方はいませんか? 

1 〇〇ママの手芸日記
2 □子のブログ
3 ハナコのキラキラ日記
4 楽しい暮し 
5 トレマーガ 

もしこんなタイトルのブログを書いていれば、間違いなく書くだけ無駄です。「集客目的ではないの、本当にひとりごとなの。」という方はそのままでどうぞ(笑) 

一番いいのは、タイトルを見てこのブログは何について書いてあるブログなのか、何をしている人なのか、どこにあるのかわかるのがベストです。

ちなみに 5のトレマーガ もいけません。トレマーガとは私の会社の名前で、10年間東京で手芸店と手編み教室などをしていました。なぜトレマーガというブログタイトルがだめなのか? それは、トレマーガって何なのか誰も知らないからです。知らなけば検索することもありません。

どうしても固有名詞を入れたいのなら、せめて「手芸と毛糸トレマーガ」など、何屋かわかるようにしてください。そして地名も入れて「東京千駄木 谷中 手芸と毛糸トレマーガ」にすればさらに良いです。

ブログタイトルはあとからも変えられます。でも、ここでタイトルをまじめに考えると、ブログをどう書いていくかコンセプトを考えることにもなります。

脳みそに汗をかいて、ブログタイトルを最低10個考えて書き出してみてください。そして、家族や親しい人にどれがいいか意見を聞いてみるのも良いと思います。

ちなみに今の私のアメブロのタイトルは「編み物サロン かぎ針編み認定講座 秋田 大曲」です。グーグルで 手編み 大仙市 で検索すると、ほぼ独占状態です。

なのにサロンのメンバーさんは少ないです。なぜなら、秋田ではまだスマホで検索していろいろなものを探すという習慣が定着していないのです。だって住んでいる人が主に70代、80代ですから。秋田県は人口減少率、高齢化率が日本一です。ネット環境が東京より10年遅れています(泣)

今のこのブログタイトル「人生の午後を楽しむアラカン女のブログ」は適当に付けました(笑) ニットデザイナーは引退したし、手編みサロンは趣味のサロンにしました。だから肩肘張らず、好きなことを好きな時に書こうと思っています。

今の仕事のアマゾンのネットショップは、マーケティングを駆使しなくても自然と売れるように商品力を磨く、と言う方針で運営しています。ネットの宣伝に力を入れようとは思っていません。それよりは実家の森川農園のアスパラガスの宣伝をしたいです!!

私のように、個人の意見を述べるブログであれば、タイトルはここまでこだわらなくてのいいのですが、その場合は肩書き、プロフィールがものすごく重要になります。

次回のブログについての記事は、肩書き、プロフィールなどについて書こうと思います。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 私のブログ歴 

私がブログを書き始めてもう10年以上になります。

まだブログと呼ばれていなかったころから少し書いていました。たしか2000年ころでしょうか? そのころは何も考えず、その日にあったことなど、たまに日記的に書いていました。

その後、ライブドアや、FC2や、jugemなどを書き、アメブロは何個か書き、WordPressでホームページを作りました(2~3日前からトラブル中、現在アクセスできません 

そして、今年の春からまたライブドアのこのブログ。独自ドメインをとって運営しています。

一番ながく書いているのがアメブロです。これは今でも続いていますが、主に手編み教室の集客のために書いています。東京では、手編み教室の生徒さんはほぼブログを通じて来てくださいました。
ipadIMGL1341_TP_V1
 ブログを続けて得られたもの 

生徒さんを集客するために、ブログやSNSについてはすごく勉強しました。がんばればがんばっただけ成果が出て楽しかったです。

ブログを通じて新しい知り合いが増え、友人ができ、自分を知ってもらえたし、新しい世界も開けました。

そして、ブログから多くの仕事に結び付きました。出版社さんからもたくさん声をかけていただいたし、テレビの取材や、NHKのすてきにハンドメイドにも2回ださせていただきました。これもコツコツとブログで発信していたからです。

多分これからもブログは書いていくと思います。なぜ、こんなに時間がかかることを長く続けられたか考えてみました。

それは、楽しかったから。自分の考えを発表でき、より整理して考えるくせがつきました。そして社会とつながっているんだ! という感覚があったからです。そしてそのうちまったく知らない人から、
「いつもブログを読んでます!」
「小須田さんのブログおもしろい!」
「ブログのファンです!」
などと言われるようになりました。そうなるとますます楽しくなって続いた、と言う感じです。

好きなことを仕事にしていくために
 ・ まず発信する。自分はどこで何をしているか世界に向けて知ってもらう。
 ・ アクセスを集める。たくさんの人に読んでもらえる楽しい記事、役にたつ記事を書いていく。
 ・ ファンづくり。ブログやFB、リアルでもコミュニケーションをとってファンを増やしていく。
 ・ 販売する(または大事なことを発表する) 
 ・ すべてを楽しんでやる!!

この順番通りにやって行けば、ブログを通じて仕事にできるという経験をました。そして、ブログは記事が蓄積されるので、私の生きた歴史として残るのです。

以前、私のところでかぎ針編み認定講座をとった方などを対象に、ブログの書き方の勉強をしました。その方たちは生徒さんがたくさんいる手編み教室、手芸教室に成長しています。鈴木朋子さん よこやまさとこさん 大胡のぞみさん 根上博子さん 大澤こずえさん、まだまだたくさんいらっしゃいます。積み重ねって大事ですね。



 どのブログを選べばいいの? 

数あるブログサービス、どこを選べばいいでしょう? なんの目的でブログを書くかにもよります。それからどれくらいネットの知識があるかにもよります。

ブログから収入を得たいと思っているのなら、WordPressか、ライブドアか、はてなブログです。でも、どれも独自ドメインで作らなくてはいけないです。特にWordPressはレンタルサーバーを借りなくてはならないので初心者にはハードルが高いかもしれません。

やっとブログを開設しても、次にグーグルアドセンスに申請したり、楽天やアマゾンのアフェリエイトプログラムに登録したり、
アフィリエイト広告の配信を管理するASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)への登録したりしなくてはなりません。そしてバナーやテキストリンクといったアフィリエイト広告を取得し、自分のブログに貼らなくてはなりません。けっこう大変です(汗)

そして、ブログを書いて月に何万円も何十万円も収入を得ているブロガーは、ほんのひと握りだということです。大多数は月に数千円からほとんど無収入。というか、その前にブログ止めちゃう人が一番多い(笑)

この収益ブログについては私は詳しくないので、これ以上のことはグーグルで調べてみてください。

ブログの収益化はいいから、まずはブログを始めたいという方は、どこのブログでもかまわないと思います。無料ブログで十分だと思います。ただしアメブロは営利目的で使ってはダメとか、それぞれのブログで決まりがあります。

一時ほどの勢いはなくなった気がしますが、まだまだアメブロは集まっている人数も多く人気です。また、集客に有利な構造になっています。

結論は、どこでも好きなところでいいよ(爆)

ブログについて、これからちょくちょく書いていきますね。でもこのブログは、私の気まぐれでお気楽なブログなので、その日の気分で内容が変わります。せっかく見に来たのにブログについてじゃないの? と怒らないでね~~~

次のブログについて記事は、ブログのタイトルについて書く予定です。お楽しみに!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



↑このページのトップヘ