人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

2016年夏、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。元ニットデザイナー。現在はネットショップ運営を中心に活動中。また実家の森川農園の手伝いも。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ:健康 > 筋トレ



治療院のベッドに見えます?
いいえ、ジムのベンチプレスです(笑)

実は、今年の1月からジムに通い始めました。市が開催している講座で、週に1回です。金曜日の夜19時から20時半までです。

2010年に両足を人工股関節にしているので、まったくの独学ではトレーニングは危険かな? と思い、ちゃんとしたトレーナーがついている講座にしました。って言うか、秋田県大仙市ではジムは他になくて、選択する余地がありません、たぶん(苦笑)

東京に行っていたり、大雪が降ったりで、半分くらいしか参加できていませんが、行くと体がどんだけ縮んでいたのかわかります。ジムがない日は、思い出したら、自分で腕立て(のようなもの)腹筋(のようなもの)背筋(たぶん)スクワットのまね事をしています。思い出したらですが・・・・・

なんで超怠け者の私がジムに行く気になったか?
それは80才の母を見て「まだ80才なのに、あんなに背中が曲がったり、歩けなくなったりするのはイヤだ。100才まで自分の足で歩きたい!!」と思ったから。

母は体重が40キロありません。まったく筋肉がなくて、自分の体を支えるのが精いっぱいという感じです。秋田に移住して一番ショックだったのは、母の体力のなさ。2番目が理解力などの低下でした。

母は、私のような良い娘??? が二人もいるので、老後をこうしてみてもらえるけど、私は息子が二人。男の子は老後の世話や介護なんてアテにできない! と思っているので、お迎えが来る日までできれば自力で歩きたい。そのためには体を鍛えて筋肉をつけなくちゃ。できることは今からやっておこう、と思い立ったのです。

自分の体だけは、だれにも代わってもらえないからね~~~

ジムの最初に血圧、体重、体脂肪を計ります。1月の第1回目の時の計測は、血圧は正常でした。しかし
体脂肪が、恐怖の 35% でした!!

これはダメだ。120才まで生きられない。(私は128才まで生きるつもりなのです)
ということで、自主トレーニングを開始したのですよ・・・・・

昨日、体脂肪率は32%まで下がっていました。6月まで、できれが25%くらいにしたい。なぜならば、還暦の同窓会があるのですよ!! あと3か月ないじゃん(涙)

できればもっと痩せて、ウエストのくびれもほしい。でもよくばらないわ。これからお嫁に行くわけじゃないし(涙)だから健康で暮らせる体を作ります。体脂肪25%くらいになりたい。まだまだ元気で動きまわりたいから。

もうすぐ雪が消えたら、今年からまじめに農作業もするのだ!!
体脂肪も減るかもね。
みなさまに、時々、トレーニングが続いているか、体脂肪がどうなっているか、報告しますね。


こちらもどうぞよろしく!
Facebook
Twitter
Instagram

仕事の依頼や、当サイトへのお問い合わせはこちらからお願いします。
お問い合わせはこちら

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
 











 続きを読む

↑このページのトップヘ