人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

2016年夏、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。元ニットデザイナー。現在はネットショップ運営を中心に活動中。また実家の森川農園の手伝いも。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ: 庶民の暮らし

先日「還暦を祝う会」に参加しました。その会の終わりに、郷土にある「国指定名勝 旧池田氏庭園」に寄ってボランティアガイドさんの説明を聞きました。

image
この画像は、正門横にある彫刻です。私がスマホでとりました。よく見ると亀がかくれています。池田氏の家紋に亀が関係あります。

DDNRwoRU0AIFiVS
「写真提供:大仙市」

「国指定名勝 旧池田氏庭園」 の説明をする前に、旧池田氏とは何か? から説明しなければいけませんね。

旧池田氏について、入口にある看板の説明 を引用して書かせていただきますね。

国指定名勝 旧池田氏庭園
旧池田氏庭園(本家庭園)は仙北平野のほぼ中央部に位置し、約4haの敷地は、東に奥羽山脈、西に神宮寺岳、南東に名峰鳥海山を遠く望む田園地帯に囲まれており、美しい散居景観の中に位置しています。池田家は、山形県酒田市の本間家、宮城県石巻市の齋藤家と並び、近代における東北三大地主として知られており、明治時代から昭和初期にかけ、旧高梨村をはじめ秋田県の政治、経済、文化に大きく貢献しました。
庭園は、近代造園の祖、長岡安平による造営であり、明治時代末頃から大正時代にかけて完成したものです。家紋に倣った亀甲形状の大規模で独特な地割を有するとともに、洋館及び大型の雪見灯篭を配する主庭園の景観は他に類を見ないものであり、鑑賞上、学術上の価値が極めて高く、平成16年に秋田県内の庭園として始めて、国の名勝に指定されました。また、同じく長岡安平が設計及び造営を手がけた払田分家庭園が、平成20年に追加指定を受けています。

仙北平野の散居景観と旧池田氏庭園
東北三大地主と言われた池田家の敷地は42,114㎡(約12,700坪/四町二反歩)の広さを誇り、池田家家紋を意識した亀甲形を形成しています。仙北平野の散居景観は、田園地帯の原風景であり、文化的景観として近年高い評価を得ています。仙北平野の田園風景の中に、広大な六角形の敷地が浮島のように浮かび上がる景観は非常に美しく特徴的です。

国内最大級の雪見灯篭と
池泉庭園
国指定名勝旧池田氏庭園の象徴とも言える大型雪見灯篭。高さ約4m、傘の直径4m。傘の積は畳で八畳分に達し、そのスケール感は見る人全てを圧倒し、驚きと感動を与えます。しかしながら、近代造園の祖、長岡安平が池泉回遊式の大庭園の中にあっては、絶妙のバランス美を醸し出しています。

洋館(池田家図書館)
秋田県内初の鉄筋コンクリート工法による建物。大正11年(1922)竣工。池田家邸内に建てられ、私設公開図書館として地域の青少年に開放されました。また来客用の迎賓かとしても利用されました。壁紙には、かつての国会議事堂で使用されていたものと同種の金漢草紙が使用されています。

簡単に言うと、戦前の大地主の池田さんの住んでいたお屋敷です。当時、ものすごい権力と莫大な財産がありました。そのころから、この地に理想の農村を作ろうと、小学校をたてたり、治水工事をしたり、子供たちに給食を出したり、図書館を作ったり、病院を作ったり、村のために貢献したので「親方様」として尊敬されていたのです。

「秋田の近代を歩く」というサイトを公開している方がいて、旧池田家 につても詳しくレポートされています。画像もたくさん公開なさっていてすばらしいです!

上の大仙市提供の画像に写っている洋館については、花椛雪 さんのホームページに建物の中の様子の画像もたくさん載っています。

この旧池田氏庭園、わが実家のすぐ近く。たぶん徒歩15分くらいです。あまりにもそばにありすぎて、改まっていく気がおきませんでした。

また、「親方様」とあがめられている方だったので、一般公開が始まる前は、庶民が気軽に行ける雰囲気ではなかったのです。その習慣を引きずっていたので入りにくかったというのもあります。

昨年の秋には、次男夫婦が、ここで結婚の記念の写真をとらせていただきました。その時には
じめて足を踏み入れたのです。今回、ボランティアガイドさんの説明を聞いて、身近にこんない素晴しいところがあったのか!! と感動しました。

なんで「親方様」と尊敬されていたか、なんとなくわかっていたけど、話を聞いてはじめてわかった事がたくさんありました。

今回の池田氏庭園の件で考えさせられました。身近にありすぎるものって、あまりに日常的すぎて良さを見逃している!! 

身近にありすぎて良さがわからないということは、実はたくさんあります。
続きは、またのちほど・・・・


こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 


昨日、一昨日と還暦を祝う会で岩手県のつなぎ温泉にお泊まりで行ってきました。

楽しかった 
でも、超つかれました(笑)

同窓生は全部で180人でしたが、参加したのは半分ほどでした。

画像は、お宿での2次会の席です。お泊りなので、帰りの時間や車の運転を考えずに飲みまくりです!還暦を祝う会ですが、気分は15歳の乙女のまま(爆)

この会に参加して思ったこと、まずは60年間たいした病気もせず、こうしてお祝いの会に参加できたことは本当にしあわせだということ!! だって、すでに亡くなった方がたくさんいたのです(涙)

それから、女性陣は介護とかいろいろあって、お泊りでは参加できない人がかなりいました。2日目のお昼は地元に帰って、その人たちも合流してランチ同級会でした。

実家の母は足腰が弱ったとはいえ、まだ私が何日かお泊りで出かけられるのだからありがたいことです。

そして、がんの大手術を昨年した人とか、数年前にくも膜下出血で救急車で運ばれて手術したけど、いまではフルマラソンを走るほど元気になった人とか、糖尿病の薬を欠かせなくなってしまった人もいたり、とにかく本当に人生いろいろでした。

女性陣は、この日のために洋服を選んだり、美容院へいったり、それなりに若作りをしてでかけてきたと思われ、みんな若くて美しかった。だれだかすぐにわかりました。

男性陣は、よく言えば貫禄がでて出世していて(頭は禿げるか白髪で、腹は出ておっさん臭がしている ともいう! )誰かわからない人が続出。さすがに同じクラスの男子は、話していたらすぐに誰かわかりましたが。

中学生の時にはまったく目立たなかった男子がえらく出世していたり、勉強できた子がどこでどう暮らしているかわからなくなっていたり、人生てどうなるかわからないわ!!

この会に欠席した人たちは、もちろん仕事の関係で来れない人もいるでしょう。体調が悪い人もいるのでしょう。介護で外出もままならない人もいるのでしょう。

もしかしたらご主人が奥さんのお泊まりを嫌がる人だっているかもしれない。

そして人生が思う方向に進んでくれず、みんなに会いたくない人もいるのでしょう。1泊の宿泊費や交通費がままならない人だっているのでしょう。

そんなことを考えたら、自分はなんて幸せな人生を歩んできたのかと思わずにはいられませんでした。感謝しかありません。

60歳を機に仕事はきっぱりやめるという人もいるし、65歳まで再雇用制度で働くことにした人もいた。自営業だからずっと元気なうちは働くという人もいた。ずっと専業主婦の人もいた。でもみんな思っていることは、子どもや孫の世代がもっと暮らしやすい世界であってほしいということ。

私も自分の生き方をもう一度考えるよい機会になりました。私はまだまだ頑張るよ。体が元気なうちは世界とつながっていたいし、すこしでも社会貢献したい。遊んでいるだけの老後はつまらないよ!!

ちゃんと自分の仕事で自分の老後の資金を稼ぎたいし、森川農園のお手伝いもしたい。健康に注意してがんばります。

そうそう、担任だった先生たちと主任の先生を合わせて、6人の先生にお世話になっていました。主任の先生は亡くなったそうですが他5人はご存命。だけど来てくださったのは唯一の女性だった加藤イヨ先生。

加藤先生は、私たちが15歳の時に35歳だったので現在80歳です。なのにびっりぎょうてん!! 同窓生と見間違うほどお若い!!

ハイヒールで背筋はピンとしていて、お話も若いころとお変わりなく、脳細胞も衰えていないことはすぐにわかりました。驚異の80歳でした。爪の垢をもらってくるんだった~~~

あんな80歳になりたいわ。そんな目標もできた還暦を祝う会でした。

本当にお世話係のみなさまにお疲れ様を言いたい。おかげで思い切り楽しむことができました。今日はたぶんまだ疲れが抜けていないと思います。ゆっくり休んでくださいね~~~

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



昨日から還暦のお祝いの会で、岩手県のつなぎ温泉に来てます。

イヤ〜、楽しかったよ!
これから観光バスで帰ります。

みんなに画像を載せていいか、チェックしていないので風景を載せます。



セロリもだいぶしっかりした苗になってきました。

今日は、これから還暦の同級会でお出かけです。つなぎ温泉でお泊りです。なので明日までは農作業できない。かえってきたら段どりします~~~

それにしても、ばあちゃん曰く、寒くて今年は野菜の育ちが悪い!!
うん、たしかに6月も下旬になろうとしているのに、こたつがはずせない。私の部屋の電気ストーブ、実はまだしまっていません。正確にはしまったけどあまりの寒さのために、また引っ張り出してきました。

私の部屋は夏は最高に涼しい北向き。冬も最高に寒い北向き(泣) この季節でもお日様のあたる部屋と比べると極寒。寒がりの私がじっとすわってパソコンをしていると、足元からじわ~っと寒さがしみてくるのです(涙)

いつもは太平洋側の岩手県が「やませ」にやられて冷害になるのだけど、今年は日本海側の秋田の気温が低い。こままだとなんだか やばい! 気がします。お天気が持ち直して、例年並みの気温になることを祈ります。

さてさて、同級会のことで気もそぞろな私です。みんないいジジィ、ババァになっていることでしょう(笑)

では、行ってきます!!


★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

東京に向かっています。今回は明日仕事をして明後日には帰る強行軍です。


ブルーベリーの実も大きくなって来ました。

自転車で転んだ母の事がちょっとだけ心配です。

このブルーベリーも心配ですが、3本だけ私が植えたマルベリー = 桑の実も、カラスに狙われているので心配です。
去年は私が1個も食べずに、カラス様に献上してしまいました

秋田は久しぶりに快晴です。東京は雨?

短時間ですが頑張って来ます。






バッグの本体はなんともないのに、持ち手だけがダメになったという経験はありませんか? もったいないですよね。 

そんな方のために、こんな便利な持ち手をご用意しました!!
ファイル 2017-04-15 10 33 08

本革でできています。縫製もしっかりしています。長さは革部分が約34cmで、幅(Dカンの内側)は2㎝です。
ファイル 2017-04-15 10 35 49

ホックをはずすとこうなります。芯を入れてしっかり縫製してあります。
金属部分はシルバーです。このホックはあけ閉めできます。Dカンもとりはずしができます。

ファイル 2017-04-15 10 37 48


こわれた持ち手を切り離して、この持ち手を取りつけてホックを閉めれば完了です。縫うことも、道具を使うこともありません。
ファイル 2017-04-15 10 38 14
あまりにも重い荷物だと持ちこたえられません。片手で持てる重さの範囲内でお願いします。

手芸でバッグを作る方にも使ってもらいたいです。本革で2本入りです。使いやすい長さです。自分のバッグはもちろん、ご主人や彼氏のバッグの持ち手は大丈夫か点検してみてくださいね。

色は黒と焦げ茶です。もし持ち手が壊れたままのバッグがある方はどうぞ。地球にやさしく、自分のお財布にもやさしいです。持ち手が壊れた時には、思い出してくださいね!!















にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

今日はお昼前から雨になった秋田県です。アスパラガス畑の雑草取りを切り上げて家に入ったら、母が自宅の屋敷に生えている蕗をとってきて皮をむいていました。
image
画像はしろつめくさ。子どものころ、これで花輪を作って遊んだなぁ。今はそんなたくさんのしろつめくさが生えていないし、第一、外で遊んでいる子どもなんて見かけない。ちょっと悲しい。

私は、子供のころ、亡くなった祖母の料理をたべて育ちました。祖母は自宅の屋敷に生えている、蕗、ミズ、ふきのとう、ほかにもいろいろな野草を料理してくれました。

その記憶はあるのですが、自分からはその植物が食べごろになっていることにまったく気がつきません。今日も、母が蕗の皮のむいているのを見て
「そうか、蕗、食べごろなんだ!」
とやっと気がつきました。
水蕗の皮むき

他にもこの季節になったらどんなことをするのか、どんなものを食べて、保存方法はどうするのか、年中行事などなど、知らないことだらけです。

昨年、母の老いがどうしようもないところまできて、一人では買い物にも行けなくなり、仕方なく移住した私です。東京での仕事をすてて秋田に帰ってくるのは、正直つらかった。

東京で生活していたころは、仕事のことがほぼ 100% 頭の中を占めていて、田舎の暮らしのことなどまったく思い出しもしませんでした。

やむをえず引っ越した秋田の実家でしたが、住んでみると良いところにたくさん気が付きました。子供のころは、いやでいやでたまらなかった田舎でしたが、東京から帰ってみると視点が変わったせいか楽しいことがたくさん!

私は、今まで、こんな足元にある資源やしあわせや希望に気がつかなったのです。そして、今、よい文化を何も受け継いでいないことに愕然としているのです。

80代の母や、同年代の方々は、智恵の宝庫なのです。いろいろ教えてもらって覚えることを急がないと、あっちの世界からお迎えが来ちゃうよ(笑)

今日も母と昭和40年の初めころまでの田植えの話をしました。私が小学校の低学年のころは、田植え機も、稲刈り機もなくて、村民総出でツアーを組んで家々の田んぼに苗を植えていました。

小学校の低学年でも苗を田んぼまで運んだり、お茶やおやつを届けたり、それなりのお手伝いをしました。高学年になると田植え機や稲刈り機が入ってきて一変しました。あのころの農作業や生活を知っている人もどんどん少なくなるのだと思ったら、そういう記録ってちゃんととってあるんだろうか? と考えてしまいました。

あのころ使っていた農機具や生活道具も、貴重な資料だよね。実家ではもうとっくに棄ててしまいました。

時代は、無人のトラクターが田んぼや畑を耕す時代になりました。
国産のGPS柄衛星の打ち上げに成功して、誤差が数センチの位置情報が得られるようになりました。あと数年で、森川農園でも自動運転のトラクターなどを使うことになるでしょう。これは素晴らしいことです。人口減少で働き手がいないのです。このような機材はこれからの農業には必須になることでしょう。

こんな新技術の恩恵を受けながらも、この農業、日本の基礎を築いてきた先人への感謝を忘れたらいけないと思った今日でした。

私にできることは本当に少ない。覚えられることにも限界があるけど、できる限り日本の古き良き文化を受け継ぎたい。母がこれ以上ぼけないうちのいろいろと教わろう!!

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



実家の森川農園を手伝うようになって、いろいろなことを覚えなくてはならなくなりました。

マイボーイちゃんを正しく使いこなすことや、くわの使い方とか、とにかくいっぱいあります。

あっ、マイボーイちゃんて、これです(笑)
小型耕運機 マイボーイ 三菱

そして、以外ですがロープの結び方。野菜は、成長するにつれ支柱が必要になったり、資材をつかったりで、ロープやひもでつなぐことが必要になってくるのです。

ずっと編物や手芸を仕事としてやってきて、結ぶことと関係がありそうですが、ロープのつなぎ方は知らない(涙) 

今回教えてもらったのは、長いものつるを這わせるためのロープをつるすために教えてもらいました。力が加わってもほどけない方法で、あとでほどくのが簡単な方法です。

ちょつと考えるとわかるし慣れると何てことはないのですが、その場その場に応じて、最適なつなぎ方があるものだと感心しました。

自分で忘れないように、忘備録としてユーチューブに残しておきます。毛糸を使っているところが元ニットデザイナーだわ(笑)


こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
森川農園の春アスパラは5月25日までです。夏アスパラは7月上旬から発売予定です。

3重苦です。

近視・遠視・乱視です!

眼鏡をかえました。2週間前に眼鏡屋さんで色々と計測し、ようやく取りに行ってきました。

目の疲れがひどくてどうしようもありませんでした。それぞれに度が進んでいたようです。車の運転用・パソコン用の二つの眼鏡と、スマホは眼鏡なしの複雑な生活でした。これも解消できるのか?



見かけ今まで使っていたものと大差ありません。ちょっとレンズが大きいです。

遠近両用なので、微妙に角度をかえなくてはいけない。それがはたから見ると年齢を感じるポイントなんだよね。実際、年齢を重ねているのでしょうがないけど。

今は遠視用のレーシックがあるらしい。どうなんだろ?

できることなら、目をひっこぬいて新しい目と交換したい(笑) そんなことをしたら目がますます怒って反抗的になるかな?

しばらく、新しい眼鏡に慣れるまで戸惑いそうです。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

今日は母の日。

私はこう見えて? 2人の男の子を育て上げました。育て上げたというよりは、こちらが親として、人間として成長させてもらいました Σ( ̄ロ ̄|||)

元気で好ききらいなくよく食べて、まっとうに働けば食べるには困らないだろう。好きなように生きなさい!! そんな方針で育て、勉強しろとも言わなかった。そうしたら本当に勉強しなかった(苦笑)

そんな男の子ふたりも30歳をこえ、所帯を持ちました。こんなドラ息子たちのところによくぞ来てくれた! といういいお嫁さんたちが来てくれました。

お嫁さんたちを見た時に、私の子育ては間違っていなかったと確信しました。長男には赤ちゃんも生まれ、おばあちゃんにさせてもらった。

そして、今日は長男、次男の家族から母の日のプレゼントが!!
image
こういうのを幸せっていうんですよね 

本当にありがたいです。長男なんて独身の時には、ただの一度もプレゼントなんてくれなかったし、貸したお金がかえって来たこともなかったけど、こうして母親を気にするようになったのね。これもお嫁さんが来てくれたからだわ~~~

さて、私も母にプレゼントをしました。私は腹黒く(爆)自分も食べようという魂胆で、これにしました。
image
高級うなぎのお取り寄せ!

普段はスパーの安いうなぎもたまにしか食べられないから、母の日にかこつけました (笑)

いろいろ問題はある母ですが、とりあえずは今年の母の日を無事に迎えられてよかった。来年もできればこれ以上ぼけないで、娘の私からのプレゼントだということがわかる状態でありますように!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



先日、夕販の支度をしようと実家の台所に行ったら、

アリ! アリの行列が~~~
大量のありんこが台所を行進してしているではありませんか!!

NS602_burauni-_TP_V1

アリの行列の目的地は、ゴミ箱に捨てられたケーキの外側のセロファンでした。そして、もうひとつの目的地は戸棚の中の黒砂糖でした。

以前、千葉の自宅でも同じようなことがありました。その時アリは高級はちみつを見つけて入りこんできたのでした。

ちょうど友人から、純国産のはちみつをプレゼントとしていただき、少し食べてキッチンに置いていたらアリに狙われました。スーパーで売っている安いはちみつもそこにあったのに、アリは見向きもせず、純国産の高級はちみつに群がっていたのです。

なぜだ? いったいなぜなのだ?
と考えました。どうもアリは添加物がはいったものには近づかず、天然の甘味に群がっているのでした。本能的に危険な食べ物は避けるのでしょう。

実家のゴミ箱に棄ててあったケーキのセロファンは、その日、妹たちがお土産に買ってきてくれたケーキのものでした。地元では老舗のケーキ屋さんです。アリが付くということは、このケーキ屋さんは添加物を使っていないんだなと感心しました。

そして、もうひとつの沖縄の黒砂糖。こちらも無添加の天然ものなんだ!!

黒砂糖はちょっと食べて、母が輪ゴムで止めていたのでアリが入り込んでしまいました。なので、アリがついたところは外にすてて、残りはタッパーに入れて密封しました。

ごみ箱も外に出し、新しいゴミ袋を入れたのでした。かわいそうだけど、アリの通り道にはキンチョールをまいてこれ以上の侵入を防ぎました。

普段、家にアリが入り込まないということは、住宅が昔とちがって気密性が高いということもあるけど、食べ物のほとんどに添加物が入っているからではないのか? 

アリの行列に考えさせられた一日でした。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



↑このページのトップヘ