秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ: 庶民の暮らし

秋田県大仙市、明け方から雪が降りはじめました。

昨年よりは、1週間以上おそい初雪です。

子どものころは、雪が降り始めると楽しくて遊んだものだけど、あの元気はもはやない(笑)

長い長い雪国の冬の始まりです。





美しい白亜の洋館、旧池田氏邸(秋田県大仙市)
このあとは来春の公開まで雪に埋もれます。

こんな秋田の田舎に、仙北平野(横手盆地)に、近代農村の理想郷を創ろうとした地主がいたのです。



ここは、日本では珍しい平な土地。広大な平野です。奥羽山脈から流れ出る清らかな水も豊富。北国なのに夏は温暖で、米を作るのには最適な土地なのです。農地として一等地!!

払田の柵跡 から、平安時代の昔から米が作られ、豊富だったということがわかってきました。

恵まれた土地に生まれながら、その価値にこの年になるまで気が付かない!! 気が付いただけマシか(笑)

感謝して、この土地を生かしていかなければね。

池田邸の画像、歴史など、またのちほどブログに書きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

実りの秋。梨、ブドウ、リンゴ、栗。本当においしいものが実って幸せな季節です。

私の大好物は柿!!

果物の王様といわれるドリアンも、女王といわれるマンゴスティンも食べたことないけど、たぶんそれを食べたとしても、私の中では柿が一番。

本日は、その柿をむいて干しました。


こちらが、昨日、親戚が持って来てくれた柿。干し柿用に、ヘタの上に枝を少しつけてもぎ取ってくれてます。ありがたや、ありがたや!!


ほっておくとすぐに熟してしまいます。20個ほどは渋抜きをして保存して、他は干し柿にすることにしました。

母と二人で、まずは皮をむく作業。その後、1個1個しばって7~8個の固まりに。それを熱湯にちょっとだけつけたあと、このように天日に干します。


8時半ごろから始めて、お昼前までかかりました。おいしいものを食べるのには手間がかかる (* ̄∇ ̄*)  あとは、お天気になって干し上がるのを待つだけです。

食べきれない分は冷凍します。そうすると、1年中楽しめます。下の画像は、去年の冷凍干し柿を解凍したもの。時々、デザートとして食卓に並びます。


先日、友達のカフェに行ったときも話した。
「還暦って自分や、周りの人や環境を考え直す時期だよね。」って。友人のご主人も、今までまったく興味がなかった畑仕事に興味を持ちだしたとか。

自然と共鳴する昔ながらの生活の知恵が、どれだけ大切なのかに気ずかされる。若い時には、自分が生きていくこと、のし上げることに精一杯で、そんなことを考える余裕はなかった。

そして最後には、食べることが生きることに直結していることに気が付かされる。食べ物そのものや、調理や保存の仕方がどれだけ大事ということに、やっと目覚める。それが人生のサイクルなんだろうな。

こうして、実りの秋にたくさんのおいしいものが食べられることに感謝!!

森川農園ホームページ

森川農園ブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


この1週間、私のほぼすべての神経が集中している出来事。今日は、その恐怖から逃れられるのか、覚悟を決めて出かけた。

ところが、あっけない幕切れに。その顛末は、また1週間後にブログでも書く予定。

なにはともあれ、その後はお土産にダリアを持って、友人のせっちゃんのカフェへ。せっちゃんが元気そうでよかった。お店のオーブンの調子が悪いとこまっていたけど(笑)

これは、せっちゃん手作りの洋なしタルト。驚くほどフルーツの量が多い。そして工程が普通の3倍という手のこみよう。おまけに金粉が!! 私の写真じゃおいしさが伝わらないわ~~~


こちらは、自家製のミートソースパスタ。地元の野菜がたっぷりはいっています。広島レモンを使った「レモスコ」と言うものを始めて見た!! 

何気ないおしゃべりって、精神を安定させる。

今の私の暮らしは、年老いた母との会話がほとんどで、息子はバカ話につきあってくれるほど暇ではない。だから、同年代とのちょっと洒落た会話は本当にうれしいのだ。

要領を得ないブログだわ(笑)

1週間後をお楽しみに!!

友人のせっちゃんのカフェは 「クッキーポット」
大仙市の大曲駅前の北都銀行の前です。
ケーキやベーグルも買えますよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



田舎では外食はほぼなし。
image
大体自分で作る。大変だけど、田舎ではあたりまえ。

全部自家製の野菜です。おいしいごはんが毎日たべられてしあわせ 

夏野菜もそろそろ終わり。

image

今日も、自家製野菜の夕食です。

あっ、一番手前のアスパラガスにかけてあるのは、レストランのジュエメのシェフが作ったカポナータです! これは斎藤農園さんのナスやズッキーニで作ったそうです。おいしい~~~

それからメロンは、角館の千葉さんのメロンです。

ほかは自家製です。焼きナスにしょうが、冷しゃぶサラダには本日はバジルを入れてみました。これがよく合う!! トマトとバジルは相思相愛ですね!

こんなとれたて野菜に仲間の野菜やお料理。これって本当に贅沢なことです。東京では味わえないわ!

ばあちゃんがなんとか今年も野菜を作ってくれてるけど、来年はしんどいかも。私は野菜を作れるのだろうか? と言うことはこの幸せが続かないってこと?

それはもったいない。こんなおいしい野菜を食べられなくなるのは悲しすぎます。もっとちゃんと野菜の育て方を学びます。

みなさま、画像を見てよだれをたらしてください(笑)

森川農園のアスパラガスは、9月までは直売所とJAには出荷します。ネットショップでのご注文にお送りする特Aは、9月にはあまり生えて来ません。ですので、8月末までにご注文くださいね。

森川農園のアスパラガスはこちらから注文できます。

森川農園ネットショップ

森川農園ホームページ

森川農園ブログ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

昨日、叔母の家族4人が、わが実家へやってきました。

仏様を拝む、という名目でやってきます。死んだ祖母も父も喜んでいることでしょう。
MOK_oketohisyaku_TP_V1

でも、準備をする私は大変。献立を考えることから始まり、お料理の買い出しから、調理、そしてあとかたずけと疲れる~~~

何が一番疲れるかと言えば、母がまったく手伝おうという気配がないこと(怒)
あんたのお客さんなんだよ! 

私が汗を流して準備しているかたわらで、のんきにお風呂に入り、テレビを見ようとする。ああぁ、老いたな。年寄りは何もしなくていいのだ、という雰囲気が漂っている。

私は、「座布を団用意して」「お箸を用意して」「コップは?」「子どもにあげるお盆玉は用意した?」
と指示&質問。

でも、1個ずつ指示しないとすぐに忘れて何もできない。本当にもうろくした・・・・・

来年のお盆は、ちゃんと対応してくれる健康状態を保てているか不安。

いずれにせよ、お盆のお客様はこれにて終了のはず。少しほっとしました。

明日から21日までは、東京にいってきます!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今日の夕飯です!

すべて森川農園の自家製のとれたて野菜で作りました。

・ チンジャオロースー 
・ じゃがいもとアスパラガスとウインナのマヨネーズ焼き
・ オクラのピーナッツ和え
・ きゅうりの塩もみ
・ 枝豆

こんなにたくさんの新鮮野菜が毎日いただけるって、とても贅沢なことです。
これが幸せでなくて何が幸せなのでしょう!!

悪魔に魂を売ってでも欲しい夢があったけど、もう遠い過去のこと。
今は、私を必要とする人の元で生きる。
そしてそこには、こんな幸せがあったんだ。

今日もおいしかった!!
足元の幸せに感謝です。

森川農園ネットショップ

森川農園ホームページ

森川農園ブログ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

言いたくないけど暑いです。

もう、何も考えられません。今日は花の画像を載せてブログ書くのやめよう、と思ったけど・・・

松葉ぼたん 夏の定番ですね!


これは何ていう名前かわからない

これはホタルブクロかな?

やっぱりひとこと書きます。

余裕ができたら休みます。いいえ、余裕なんて永久にできません。休んでリフレッシュするから余裕ができるんです。

お金ができたら勉強します。いいえ、お金を作るために勉強するんです。

新しい生き方をしたい! いいえ、今の生き方をしてる限りできません。今の生き方を手放したら必然的に新しくなります。

できないことの言い訳ばかりしてるな! そんなことに気がついた夜でした。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 




セブンイレブンで買い物したら、くじが引けました。3枚引いてハズレなし!
超しあわせ

大仙市の神宮寺岳に夕陽が沈みました。明日も暑くなりそうです。

↑このページのトップヘ