秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

カテゴリ: ライフスタイル

今朝の最低気温は7度。

この前まで暑くて暑くて、アイスクリームを食べていたのに、もうこんなに寒い (((( ;゚д゚)))

畑もすっかり晩秋のよそおいです。ばあちゃんが仏様に供えるためにたくさんの花を植えているのだけど、寒くなってだんだん少なくなってきました。この白い花がかろうじて残っています。名前はなんだろう?



ばあちゃんの畑もすっかり秋野菜になりました。今まさに秋野菜が生育中です。
こちらは青梗菜。


霜降りインゲン。見た目は良くないのですが、火を通せばきれいな緑色になり柔らかくておいしい!


こちらは大根。



青じその実はとって漬物に使います。

私が手伝っているダリアも、日照時間が短くなってきて露芯が増えてきました。もう、終わりがちかずいてきました。

私は、早朝から午前中はアスパラガスやダリアなど、出荷用の野菜の手伝いをしています。ばあちゃんはほとんど自家用の野菜を育てています。

ばあちゃんが、野良仕事が限界にきていることは誰が見ても明らかです。でも私は、出荷用の野菜の手伝い、自分の仕事、ブログなどでめいっぱい。なかなかばあちゃんの畑仕事を教えてもらう時間がない(泣)家の管理や、冠婚葬祭や、漬物などの保存食などなど、おそわらなくてはいけないことが山ほどある。

私の時間と、ばあちゃんの頭がしっかりしている残り時間とのせめぎ合い!!

もっと早くに、大事なことと自覚して暮し方を教えてもらうんだったよ・・・・・

ダリア販売中
訳アリダリア20本セットを格安でお届けします。専用の鮮度保持の容器に入れて全国にお届します。
こちらからどうぞ

ダリアの収穫体験をしてみませんか? 
詳しいことはこちらをご覧ください。

このブログにのせてある画像は、ご自由にお使いください。素人がスマホで撮ったつたない画像です。FREEですのでよろしかったらどうぞ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 





農業とは雑草との戦い!!
敵は強く、そして美しい。

踏まれても、刈られても、次々に生えて来てすくすくと育つ。
大事に保護されて育つ野菜なんて、到底たちうちできない。

降参! 
もう雑草とは戦いたくない。

今日は、写真でその美しさをたたえます w(゚o゚)w 

ダリア販売中
訳アリダリア20本セットを格安でお届けします。専用の鮮度保持の容器に入れて全国にお届します。
こちらからどうぞ

ダリアの収穫体験をしてみませんか? 
詳しいことはこちらをご覧ください。

このブログにのせてある画像は、ご自由にお使いください。素人がスマホで撮ったつたない画像です。FREEですのでよろしかったらどうぞ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

数か月前に最初のわが部屋の断捨離をしました!!

断捨離 こんなものいらない シーズン1その一
断捨離 こんなものいらない シーズン1その二
断捨離 こんなものいらない シーズン1その三
断捨離 こんなものいらない シーズン1その四
PPS_washitutomado_TP_V1
目指すは、こんな和風古民家のな~んにもない空間!!
ここに手足を広げて寝ころべるような、そんな部屋が理想です。

そして先日から「断捨離 こんなものいらない シーズン2」を開始。

まずは、ブックオフに段ボール2箱をひき取りに来てもらいました。今、査定待ちですが、値段が付かないものはブックオフで廃棄してもらい、値段が付いた分だけ振り込んでもらうことにしました。これでちょっとだけ本棚があきました。

そして、45リットルの大ゴミ袋に5袋をすてました。

毛糸類はメルカリでだいぶ売りました。もうちょっとあります。今、一押しの商品はこちら! ムスチオ(イタリアからの輸入毛糸です)10玉 NO1
m78403056825_1
これが10玉です。

ムスチオはイタリア製の極太毛糸 で、なんと定価は、1玉 1026円 の品です!!
これがたったの10玉 2600円 (送料込み)
この糸で編む帽子とマフラーの編み図を同封します。(下の画像の作品の編み図です)
アルパカ62%、ウール26%、アクリル10%、ポリエステル2%
50g 35mで、使用する棒針は、15号〜7mmくらいです。

m78403056825_3
m78403056825_4
ありえな~~~い安さです!! 

これと同じものが、NO2 と NO4 
そして、6玉入り NO5が なんと 1800円(送料込み)

よろしかったらどうぞ!! 私は部屋がかたずく、あなたは高級輸入毛糸が格安で手に入る!! ウイン&ウインな良い条件です。

そのほか、手芸材料や道具類がまだまだたんま~りとあります。こちらはこれからメルカリに出品したり、アマゾンで販売したりします。これがまた農作業や家事の合間にやらなければいけないので、なかなか進みません(涙)

そうそう、これは売れないだろうと思っていた、センサーが狂った i-pad が売れました。驚きでした。そういう業者さんがあるんですね今は!

送料が高いのでどうしようかと思っているものも、地元限定で取りにきてくれる人むきの ジモティ というのがあるらしい。または、セカンドストリートなどのリサイクルショップに持っていけばいい。これに持っていこうか考えているのが、糸つむぎ機。でも、これはまだ決心がつかないからもう少し保有しておきます。

断捨離するにつれ、なんていろいろなものを私は持っていたのだろう! と驚いてしまいます。こんなに捨てたのにまだまだある。どれだけどうでもいいものを持っていたんだろう! 

今の私のミッションは、森川農園を日本一おいしいアスパラガス農家にするべく、お手伝いすること。他のものは、一気に私の中での価値が暴落しました(笑)

秋田の実家に住むようになって、私の価値観は全く変わりました。ここにはおいしい野菜やお米があり、毎日新鮮な食事ができる。よい風景の中で暮らせることに感謝している私です。幸せって足元にあったのに気が付かずに、どこか他のところにあると勘違いして探しに行っていたんだ。

メーテルリンクの青い鳥。そう、チルチルとミチルの幸せの青い鳥は実は家にいた!!

これも東京で暮らしたからわかったこと。10年間、自分で商売してみてわかったこと。こういう2重生活ができるから、素直に感謝できるのかもしれない。ずっと秋田だけで暮らしていたらわからなかっただろう。

今、これと言って物質的にほしいものはないのです。服もバッグも、どこかへ行く必要がないのでいらない。むしろ服が減ってスペースがあいたタンスが理想。

昨年ニューヨークに旅行へ行って思ったけど、世界中のみんながカジュアルな格好で地球のあちこちを旅行している。高級ブランドの服を着て歩いている人なんかほぼいない。だって普段の生活では使わないもん。もし、天皇陛下に勲章でももらうことになったら、借りればいいのだわ(笑)

家は、この実家があるし、千葉県に自宅がある。特に実家は建物も宅地も広すぎて手入れが大変。おそうじはいきとどかないし、雑草取りやら庭の手入れが本当にしんどい。それに固定資産税がかかるのですよ、所有していると!

車も千葉の自宅に自分名義の車があります。これは主人が主に乗ってる(笑)これも、税金と保険がかかるから最低限の役目を果たすものでいいと思うのだけれど、主人の好みで真っ赤な外車。動けばいいのよ車は! 実家では息子の自家用車か、軽トラックを借りてる。

10年間の商売に現金をつぎ込んでしまったので、一文無しの私。それが不思議で、毎日こうしておいしいごはんがお腹いっぱい食べられる。そして自分はしあわせと感じている!!

でも、母を養うお金と、実家の維持費と、自分の老後のための現金が必要なので、それが稼ぎ出せる仕組みの仕事をしなくては! そしてブログを書いて広告費が少しでも入ればラッキー!

もし大金が入ったら何に使うか?  農産物の加工品を作るための専用のキッチンと作業場。どうせならグローバルギャップをとって世界中に輸出できるようにしたい。それから農機具が冬でもちゃんとしまえる広い作業場。

結局は森川農園のためだね! ここに帰ってくる運命だったのですね私は(笑)

他のことは出来る限り手放したい。スッキリしたい。身軽になりたい。今、私は変わるために殻を脱ぎすてているのかもしれない。

元気で動けるうちは、こんな私でも世間に役に立つことをしていたい。だから、一番大事な体を鍛えなくては。アスパラガスの夕方の収穫がありサボっていた金曜の夜のトレーニング、アスパラガスの夜の収穫がなくなったら再開しなくては。今シーズンは他に太極拳などにも挑戦してみたい。

断捨離を進めていくうち、いろいろなことが見えてきました。古いものを両腕に抱えていては、新しいものが来た時につかみ取ることができません。両腕はいつでもフリーでチャンスをつかめるようにしておかないと。だから断捨離が必要なんですね。

また断捨離を実行した時にはお知らせしますね。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

今日は旧盆です。

秋田では大事な日です。これに合わせて女性陣はおうちのおかたずけを、男性陣は家の周りの草刈りや生垣切りなど、ご先祖様の里帰りに備えるのです。
ZUN_hohoemuojizousan_TP_V1
毎年、敷地にあるお地蔵様に新しいエプロンを縫ってお盆に着替えさせるのですが、今年は母がこのことをすっかり忘れていた! 私が言うまでまったく気が付かなかった。もうろくしたよなぁ、ばあちゃん。雨の日に縫ってなんとかお盆まで間に合わせた。

母は一昨日は、お地蔵様のお社を掃除、昨日は仏壇を掃除していました。これで「腰が痛い。疲れた。」と言って、今朝も朝ごはん後に横になっていました。

その前はお墓の雑草取りをして、やはり朝から横になっていました。本当に母の体力がなくなった・・・・・

母がボケる前に私はこの家のもろもろのことを覚えられるのだろうか? 
imari0I9A5447_TP_V1
私も汗を流しましたわ。いつもは掃除機をかけない部屋まで掃除機をかけ、窓の縁なんかも拭きました。

そのほか、お盆のお供え物などを先日購入。今日はこれから晩御飯の買い出しに行き、お盆のお料理を作ります。

夕方からはお墓に行き、迎え火を焚きます。あちらの世界から祖母も父も帰ってくるはず!

明日はたぶん妹の家族と姪っ子の家族が来るので、そのための食材の買い出しにお料理をつくらくてはいけません。

15日は、お寺さんが仏壇にお経を上げに来てくれるので、お布施の用意だわ。

田舎のお盆は大変です(汗)

特にわが実家の場合はちょっと複雑。と言うのは、私は「小須田」に嫁に行った身で、この家はおばあちゃんのもので「森川」なのです。

ばあちゃんにお迎えが来ると、この家は私の次男が継くことになると思うのだけど、名前は「森川」から「小須田」に変わります。

私はその場合もここが自分の家ではなく、次男の家のお手伝いと言う形になるのだ、たぶん。う~ん、複雑だ。

要するに、私が取り仕切らなくてはいけないのだけど、家は自分のものではないので、母や次男にいちいちお伺いをたてなくてはならない。

千葉に自宅もあり、主人もそちらに住んでいて、私の住所も千葉においてある。複雑だ。面倒だ~~~~~

なんか、根無し草のようでおちつかないのだわ。

でも考えよう。今日は畑の雑草をとっているけど、明日は銀座を闊歩したりする。どちらも本当の私で、どちらも違和感がない。言葉もバイリンガルで、秋田弁と東京弁をあやつる(笑) このジプシー暮しを楽しめばいいのだ、うん。

考えてもしょうがない。今できることに集中していけば、良いところに流れていくだろう。

今夜、ご先祖様が帰ってくる。そんな私たちを見守っていてください!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


乳白色のいいお湯です。

2日間のんびりします。
でも、ブログとか書いちゃうんだろうな(≧∀≦)

咲いている花も山の花だわ。何ていう花かしら?


こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人生の午後を楽しむアラカン女のブログ を開設して3か月が過ぎました。

ニットデザイナーの仕事の引退を決め、心機一転、ブログも新たにしました。
キャアミソール 小須田逸子
ニットデザイナー時代の残務が一つの残っていて、8月中旬までかかりそうですが、それが終わったら全くのフリーです。

実家の森川農園の手伝いとアスパラガスなどのPR、自分のネットショップに全力を傾けます。

そんな中で人気だった記事を紹介します。

10位 9位 
8位 7位 6位 

5位 

4位 

3位 

2位 

1位 

ええぇ~~~、これですかぁ!!

まったく自分で、予想だにしていませんでした。農産物直売所のしゅしゅまるオープンの記事に一番アクセスが多かったようです。

そんなにしゅしゅまるが世間の人は気になっていたのか? 秋田県の人が、このブログをたくさん見に来てくださったということか? 謎は深まるばかりです Σ( ̄ロ ̄|||)

そして2位、朝ドラの恐ろしさですね。しかも、食べ物だったのでますます勢いがありました。同じ朝ドラのネタでも、かぎ針の考証の記事は13位でした。

自分では、野菜や農作業やアスパラガスについて、すごく一生懸命に書いたのですが、1個も入っていません(泣)まだまだ新しい読者さんではなくて、昔のニットデザイナー時代からの読者さんが読んでくれているのだと思います。

3位から10位までは、だいたい想像通りでした。手芸業界の裏話まで書いてあるブログなんて今までなかっただろうし、現役の方は今後も書けないでしょう。今までの大御所の先生が引退しても、こんなブログなんて書いている方はいないだろうし、レアな記事が多かったのでしょうね。

プロフィールは、友達の イイネ! を見て、このブログに来てくださった方が見てくださったのだと思います。

3か月よく書きました! あんまり深く考えず、テーマも絞らず、思いついたことを書きました。これからもたぶんそんな感じで進めていきます。

でも、できれば面白い記事や、役にたつ記事が書けたらいいなと思います。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

よかったら、これからも見に来てください。そして、ブログ村のバナーもポチッと置いてくださるとうれしいです。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



昨夜、東京から秋田に帰りました。

なんと、実家の前で何十年かぶりに ほたる を見ました!!
PKIMGL0479_TP_V
子どものころは、今頃は毎晩うじゃうじゃいたものです。手で捕まえられるほどいました。捕まえて来て、蚊をよけるための かや の中にほたるを放して一晩中たのしんだりしていました。

それが、農薬を使うようになって激減。追い打ちをかけるように、用水路を自然のものからコンクリートで固めたものに変えて絶滅に近い状態でした。

用水路に住んでいた、タニシや昆虫も激減しました。アメンボやタガメなども普通にいたのに、すっかり見かけなくなりました。エサもなく、ますますほたるにとっては生きにくくなったのでしょう。

それが、それがですよ。実家の前の田んぼにいたのです。立ち止まって数分みとれましたよ!!

農薬の散布の量が減ったのか? 農薬の質が改善されたのか? その辺はよくわかりませんがうれしいことです。

さて、私たち日本人が普通ほたると呼んでいるものは、ほとんどがゲンジボタルだそうです。

ウィキペディアによると

おもに熱帯から温帯の多雨地域に分布し、世界にはおよそ2,000種が生息しているとされる。幼虫時代を水中ですごす水生ホタルと陸上の湿地ですごす陸生ホタルがいる

日本で「ホタル」といえば、本州以南の日本各地に分布し、5月から6月にかけて孵化するゲンジボタル Luciola cruciata を指すことが多い。日本ではゲンジボタルが親しまれていて、これが全てのホタルの代表であるかのように考えられるが、実際には遥かに多様な種がある。国内には約40種が知られるが、熱帯を主な分布域とするだけに、本土より南西諸島により多くの種がある。

さらに南に下った台湾では約58種が生息しており、初夏にホタルを鑑賞する観光行事も行われている。

ゲンジボタルの成虫が初夏に発生するため、日本ではホタルは風物詩ととらえられているが、必ずしも夏だけに出現するものではない。たとえば朝鮮半島中国対馬に分布するアキマドボタル Pyrocoelia rufa は和名通りにに成虫が発生する。西表島で発見されたイリオモテボタル Rhagophthalmus ohbai は真に発光する。

国内でも40種類もいるんですね。しかも驚いたことに、真冬に発行するほたるが西表島にはいるんだ!世界中に2000種類もいれば、光る時期もちがえば、光り方もちがうんですね。

ほたるの食べ物は

多くの種類の幼虫は湿潤な森林の林床で生活し、種類によってマイマイキセルガイなどの陸生巻貝類やミミズヤスデなどといった土壌動物の捕食者として分化している。日本にすむゲンジボタルヘイケボタルクメジマボタルの3種の幼虫は淡水中にすんでモノアラガイカワニナタニシミヤイリガイなどの淡水生巻貝類を捕食するが、これはホタル全体で見るとむしろ少数派である。また、スジグロボタルの幼虫は普段は陸上で生活するが、摂食時のみ林内の小さな湧き水や細流の水中に潜り、カワニナを捕食していることが知られている。ゲンジボタルやヘイケボタルなど水生の種では、幼虫・成虫ともに水草スイカのような香りがある。

多くの種類の成虫は、口器が退化しているため、口器はかろうじて水分を摂取するぐらいしか機能を有していない。このため、ほぼ1-2週間の間に、幼虫時代に蓄えた栄養素のみで繁殖活動を行うことになる。海外の種の中には成虫となっても他の昆虫などを捕食する種類がいる

続きを読む

今夜は東京です。
秋田新幹線こまちを降りて、まず感じたことは 蒸し暑い!

街に出てみたら、外人が多い!
オリンピックを前にしているせいか、ますます増えたと思います。うれしいことです。

そして、若者が普通に歩いてる (^。^)

秋田では、若者を見かけるなんてそうそうない事です。ましてやカップルがたくさんいるなんて夢のようです。

やっぱり東京は華やかで刺激的ですね!

消滅しそうな秋田県ですが、諸条件を逆手にとって工夫していかなくてはなりません。

私は、あと数年でアメリカのような大規模農業をしていくことになると予想しています。

現在、周りはみんな70代、80代の農家です。もう作業ができなくなるのは目に見えています。

その時に、それを引き受けられる人材を確保している人間が勝ちます。今からその時に備えて仕組み作りをしなくては!

そしてその農作物を自分で売る能力が必要です。自分で値段を決め、自分で売る力がある農家だけが伸びると思う。

私は森川農園を手伝っているだけですが、自分が若かったらわくわくするほど楽しいと思います。ちょうど世の中が変革する時期に生きているなんてそうそうないことです。

日本の人口は減っていますが、世界規模で考えれば増え続けています。食料はますます必要です。やり方次第で限りなく伸びる可能性がある。

どこに目をつけて、どこを目指すか。そのためには、どんな事を学んで実践していけばいいのか、才覚次第で無限の可能性がある。

高齢化率日本一、人口減少率日本一の秋田県ですが、そう考えるとチャンスなのです。

人生は考え方次第です。試行錯誤の日々もまた楽し!

トンボ返り とは、

Yahoo!知恵袋   によると、
とんぼが飛びながら軽く身を翻して後ろへ戻ることから比喩的に「地面をけって、空中でからだを1回転させること」「ある場所に行って用を済ませ、すぐに戻ってくること」を言った言葉です。「蜻蛉(とんぼ)返り」と書きます。「蜻蛉帰り」は誤りです。

なるほど、勉強になります。「帰り」ではなく「返り」のほうが正しいのですね。

そのトンボ返りを今日します   宙返りではありません、すぐに戻ってくるほうです。

本日午後から東京に行き、明日の午前中に用事を済ませ、すぐに秋田へ帰ってきます。日帰りでないだけまだマシですね。

主人の用事の代理です。主人は今ドイツ出張中なので、秋田からの方がドイツよりは近い(笑)
PPS_shiokaratonbo_TP_V
急遽きまったので、本日やる予定だった仕事ができなくなりました。なので、昨夜いそいでやりましたがまだできていません。明け方まで頑張ってんだけど(涙)

これから午前中に時間ぎりぎりまでがんばります。例によって秋田新幹線こまちでお昼寝していきます。

東京はたしか雨でしたね。かさを忘れずに持っていきます!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 


今朝のブログ の続きです。

身近にありすぎるものって、身近過ぎて良さに気ずきにくいっていう話です。
image

image
画像はわが実家の玄関先。この雪国秋田で、サボテンの花が咲き乱れているのです。私たちは毎日見ているからあたり前だけど、これって実はすごいことなんですよね。

秋田の良さも、秋田県人にはわかっていない人が多いのです。私も子どものころはそんな一人でした。「秋田なんて何もない。田んぼばっかりだし、有名な企業はないし、お金持ちもいない。かっこいい大人もいない。こんなところイヤだ!」とマジで思っていました。

ところが東京近郊で暮らして30数年、秋田へ帰ってみるといいところがたくさんあるじゃん!!

食べ物はおいしい、空気もうまい、水はきれい。家も屋敷も広いし、スパーも公共施設も駐車場は広いし、車をゆっくり運転していても誰もブーブーとクラクションを鳴らさない。

早寝早起きで健康的で、夜は暗い。星もちゃんと見える。

広大な農地はある。行き交う人はゆったりとしている。秋田弁はやさしい。

どうしてこんな良いところに気がつかなかったんだろう?

ところが、ずっと秋田で暮らしているばあちゃんは「ここは何にも良いところがない!」と心から思っていてそう言う。これも、あたりまえすぎて良さがわからないのだ。

秋田県人よ、田舎の人々よ。一度、地元を離れて都会で暮らしてみなよ。良さがわかるよ。

それから、よそ者を大いに受け入れるといい!! よそ者は逆に、その土地の良さがわかります。

それから、逆に都会の人には、数年、田舎に住んでみることをお勧めします。食べ物がどんなふうに作られているのか、それがどんなに大変なことか体験した方がいい。暮しは不便なことが多いのだけど、そもそも東京が便利すぎるだけで、この不便さは当たり前の不便さであると気が付くことでしょう。

なんか、断絶しているんだよね~~~

身近にありすぎて良さがわからないものって、他にもたくさんあると思います。たまにはぜんぜん別の環境に身を置いてみる事って大切なんだね。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



↑このページのトップヘ