人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

2016年夏、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。元ニットデザイナー。現在はネットショップ運営を中心に活動中。また実家の森川農園の手伝いも。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ: ライフスタイル

もうついていけません。
主演女優からおります。

yuka0I9A1561_8_TP_V1

ちょっと前まで私も、自分のブログやサイトのプロフィールは顔だし、しかもプロにとってもらったキメキメのプロフィール画像をいれてくださいと生徒さんたちに言っていました。

私の今のプロフィール画像は、そんな意図で撮った化粧濃い目の不自然な笑顔のものです。

教室を主宰したり、講師業だったり、自分が商品のタレント業の場合は顔だししたほうが良いのです。だってタレントですから。顔も売り物、覚えてもらってナンボです。

でも、私はもうタレント業を引退しました。ネットショップも森川農園も、私が商品ではなくて、雑貨品だったり農産物が売り物です。私が前面に出る必要はありません。

というより、もうタレント業は年齢的に無理だと引退しました。だから、そろそろプロフィール写真もかえなくちゃと思っています。

心が変わったら、必要な道具から服からすべて変わりました。物の見方も見事に変わりました。その中でもFBやブログやらの投稿で、キラキラ系の女子にもうついて行けなくなりました。

我が強い、強すぎる!!

きれいにお化粧して、自撮り写真を載せて、おいしいお食事の画像を載せて、ランチ会などの画像を載せて、自分が! 自分が! としゃしゃり出ている。

私はそんなみんなよりちょっと年上だけど、ついこの前までたぶんその仲間でした(笑) 引退を決心したとたんに、その強烈な 我 のパワーについていけなくなくなりました。

私の中で幸せの基準が変わりました。この前までは、きれいに着飾って、都会で成功して、パ
ーティなんかも行って、ちやほやしてもらうのが幸せだと信じていました。

でも変わっちゃったのよ、見事に180度!

今は、自然の中で季節の移り変わりを感じながら、おいしい食べのものを作り、土のにおいや花のにおいの中で暮らすのを幸せだと思っている。

変われば変わるもんだ。というより、子供のころにもどったんだろうな。

キラキラ系女子の自撮り投稿に辟易している今日この頃です。


小須田逸子をフォローする!  

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

にほんブログ村

CCC9V9A9986_TP_V1

ニットデザイナーを引退して、もう公の場に出ることもそんなにないだろう。二人の息子も結婚したし、晴れやかな式などのビッグイベントも終了。

秋田の実家にいる時間が長くなり、毎日の必需品はエプロンになった。

ファッション誌が大好きでけっこう買っていた。すてきと思うけれど、そんな洋服はほとんど買うこともなく、普段きているものはユニクロなどのカジュアルなもの。

どうしてか考えてみると、着やすいから。合わせやすいから。リーズナブルだから。よそ行きは着ていくところがないから。

そう考えてタンスの洋服を見直すと、もうこれは一生着ないだろうと思う服であふれている。もういい、棄てよう!

入ってしまった緊急の仕事を早いとこ終わらせて、断捨離しよう!!

・ 手芸屋の時の在庫
・ 手芸材料
・ 洋服
・ 部屋のインテリア・雑貨・文房具など
・ 割れたお皿・使わない鍋・調理道具
・ 書類・本
・ パソコン・スマホの中身・アプリ
・ 金融機関・カード類
・ 各種会員・コミュニティ
・ 人間関系
・ 儲からない仕事
・ 脂肪

こんなものいらないよ!!

ニットデザイナーという仕事はこのまえ断捨離しました(笑)

とにかくスッキリしたい。
何もおいていない畳の部屋みたいに見晴らしをよくしたい。

タンスがいっぱいだと新しい服を入れるスペースがないように、家のスペースも、頭の中身もスペースがないと新しいものを受け入れることができない。

もう、捨てたい病にかかりました (笑) 
はやいとこ緊急の仕事を終わらせます!!


小須田逸子をフォローする!  

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

にほんブログ村













 続きを読む




千葉の自宅周辺です。

秋田の実家から昨日出てきました。
あたたかい 
春の花が咲き乱れています。

ああぁ、日本て平和だ。
このおだやかな日が孫・子の代まで続きますように!! 

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 



 




誠文堂新光社
2017-03-23






 続きを読む

↑このページのトップヘ