人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

2016年夏、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。元ニットデザイナー。現在はネットショップ運営を中心に活動中。また実家の森川農園の手伝いも。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ: ライフスタイル

今朝のブログ の続きです。

身近にありすぎるものって、身近過ぎて良さに気ずきにくいっていう話です。
image

image
画像はわが実家の玄関先。この雪国秋田で、サボテンの花が咲き乱れているのです。私たちは毎日見ているからあたり前だけど、これって実はすごいことなんですよね。

秋田の良さも、秋田県人にはわかっていない人が多いのです。私も子どものころはそんな一人でした。「秋田なんて何もない。田んぼばっかりだし、有名な企業はないし、お金持ちもいない。かっこいい大人もいない。こんなところイヤだ!」とマジで思っていました。

ところが東京近郊で暮らして30数年、秋田へ帰ってみるといいところがたくさんあるじゃん!!

食べ物はおいしい、空気もうまい、水はきれい。家も屋敷も広いし、スパーも公共施設も駐車場は広いし、車をゆっくり運転していても誰もブーブーとクラクションを鳴らさない。

早寝早起きで健康的で、夜は暗い。星もちゃんと見える。

広大な農地はある。行き交う人はゆったりとしている。秋田弁はやさしい。

どうしてこんな良いところに気がつかなかったんだろう?

ところが、ずっと秋田で暮らしているばあちゃんは「ここは何にも良いところがない!」と心から思っていてそう言う。これも、あたりまえすぎて良さがわからないのだ。

秋田県人よ、田舎の人々よ。一度、地元を離れて都会で暮らしてみなよ。良さがわかるよ。

それから、よそ者を大いに受け入れるといい!! よそ者は逆に、その土地の良さがわかります。

それから、逆に都会の人には、数年、田舎に住んでみることをお勧めします。食べ物がどんなふうに作られているのか、それがどんなに大変なことか体験した方がいい。暮しは不便なことが多いのだけど、そもそも東京が便利すぎるだけで、この不便さは当たり前の不便さであると気が付くことでしょう。

なんか、断絶しているんだよね~~~

身近にありすぎて良さがわからないものって、他にもたくさんあると思います。たまにはぜんぜん別の環境に身を置いてみる事って大切なんだね。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



私は現在、実家の母が高齢になって秋田県大仙市にほとんど住んでいます。事務所の住所も昨年こちらに移しました。

でも、実は住所は千葉県印西市のままなんです。主人がそこにいるからね、一応(笑)

その千葉県印西市、6年連続で住みやすい街の日本一なんだそうです。
とても名誉でありがたいことではあります。でも、本当なの? 本当に住みやすいの???
DJI_0020_TP_V
画像はイメージです。適度に東京に近く、適度に田舎なのが住みやすいのかな?

印西市に引っ越したのは、今から30年近く前。上の息子が4歳、次男が2歳になろうという時で、子育てまっさいちゅうでした。

まだ千葉ニュータウンが今のように発展していなくて、ゴーストタウンのようでした。今は住宅が立ち並ぶ印西牧の原駅のあたりは原野だった。山菜取りの人が来てましたよ。

駅はまだ千葉ニュータウン中央駅までしかできていなくて、あれよあれよと言う間に印西牧の原駅ができ、印旛日本医大駅ができ、今は成田までつながりました。

お店もなくて、大きな買い物をするときには、成田や柏や取手まで行きました。これは車の免許がないとやっていけないと、すぐに自動車学校に通いました。子どもふたりを連れて自動車学校のお迎えのバスに乗って行ったわ。1回で試験に合格して超うれしかったのを覚えています。

たしかに以前よりは住みやすくなった。ジョイフル本田ができてからは、考えられないくらいに大きなお店ができ楽しくなりました。日本医大もできたし。

私が住んでいるのは、北総開発鉄道ぞいではなくて、JRの小林駅前です。ここは、反対に北総線が開発されたことでさびれてしまいました。

越して来た30年ほど前は、朝の7時前後の電車は満員で、東京まで座れなかった。駅前の自転車置き場は通勤通学の自転車であふれかえっていました。今では7時代の電車も余裕で座れるし、自転車も少なくなりました。

東京まで通勤していた人は退職の年齢になり、通学していた子どもたちは大人になり家を出て、今では小林はプチ過疎の街です。一気に高齢化って来るんですね。

千葉県は温暖だし、雪も降らないし、東京までそれなりに近い。だけど自然がいっぱい。家賃は東京よりぜんぜん安い。その点では住みやすいのかな。

でもデメリットもある。北総開発鉄道の料金は、日本でトップを争う料金の高さです。JR成田線は単線のまま。人口が減っているから複線にはならないでしょう。

そして、鉄道はすべて東京に向かっているので、千葉県内の移動は車しかありません。同じ印西市でも、JR側から北総開発鉄道側への移動手段がないのです。車の運転ができない人にとっては不便な街でしかありません。

いろいろあるけれど、住みやすさ日本一として名前が上がるのはうれしいことです。これからも、一気に過疎化することを避けて、楽しい街になるように、住人もできることをしなくては! と思います。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



午前中に東京での用事を済ませ、今、秋田行きの新幹線に乗っています。

東京は暑かった。そしてやはり刺激的でした。
たくさんの人がいて、たくさんの仕事があって、たくさんの考え方がある。

外国人も大勢いて、それぞれに楽しんでいる。

大きな野望、小さな夢、混沌としていてエネルギーにあふれている。

秋田での自然の中での生活ももちろん大好き。食べ物の美味しさでは秋田に軍配が!

私はそのどちらも好き。都会の良さも欠点も知っているし、田舎の良さや欠点も知っている。

両方を知っていて、頻繁に行き来しているって、私の強みの一つなんだろうな。

それを生かす方法がわからない私です。

とりあえずは、あともう少しで始まる森川農園の夏アスパラのPRを頑張ります(^。^)


東京に向かっています。今回は明日仕事をして明後日には帰る強行軍です。


ブルーベリーの実も大きくなって来ました。

自転車で転んだ母の事がちょっとだけ心配です。

このブルーベリーも心配ですが、3本だけ私が植えたマルベリー = 桑の実も、カラスに狙われているので心配です。
去年は私が1個も食べずに、カラス様に献上してしまいました

秋田は久しぶりに快晴です。東京は雨?

短時間ですが頑張って来ます。






この花は本当にゴージャスです。

実家の花。たぶん牡丹だと思っていたけど、どうやら芍薬のようです。

実は、牡丹と芍薬の違いがわかりません。なので、ちょっと調べてみました。

・花の大きさ 大きくどっしりとした貫禄あるがある方が牡丹。それに比べて芍薬はやや小振り。

・葉 牡丹は葉にツヤがなく、大きく広がっています。また先が3つに分かれてギザギザになっているのも特徴。芍薬の葉はツヤがあり、葉の先にギザギザはなし。全体的に丸みがある。

・つぼみ 牡丹の蕾は球形をしています。芍薬の蕾は先端が尖っています。

・ 散り方 牡丹は散るときに花びらが1枚ずつ散ります。数日間かけて徐々にではなく、一気にパラパラと落ちます。そして、葉は落ちますが茎は枯れずに残ります。芍薬は花の頭ごと落ちます。葉も茎も枯れ根と芽の部分が残ります。

・ 香り 芍薬はバラのような甘く爽やかな香りがします。

牡丹は、中国原産で中国の国花。牡丹は花の王としての地位を確立していきます。いっぽう芍薬は古代から薬草として重宝されてきました。

芍薬の根には消炎、鎮痛、抗菌、止血、抗けいれん作用があるとされています。漢方ではお馴染みの生薬で、風邪の時などに飲む葛根湯や、婦人病などに用いられる当帰芍薬散などの漢方方剤に配合されています。パッケージや説明書の原料の欄に「シャクヤク」の文字がかかれているのに気が付いた方もいると思います。

真夏のような暑さの秋田県でした。

森川農園の畑は、すさまじい勢いで野菜が育っています。雑草はそれ以上に育っております(笑)

本日の私がしたことは、まずは「べっぴん2号」の種をまきました。
べっぴん2号!

これは、夏に収獲する大根です。べっぴん2号とは良いネーミングです。

「種をまく」と言葉で言うのは簡単ですが、その前に準備があるのです。先日「マイボーイ」で耕して、土を柔らかくきめ細かくしました。マイボーイについてはこちらに書いてあります。

マイボーイはまだまだ手なずけておらず、私のいうことをあんまり聞いてくれません(泣) でも、なんとかエンジンをかけて、へたくそながら耕せるようになりました。

細かく動くことや、均一に耕やすことなどまだできません。あせらず少しずつ上達していかなくては。

そして、高畝にしなくてはなりません。なにせ大根は30㎝にも40cmにもなるのだかから、柔らかい土のベッドを作ってあげなくてはなりません。
ばあちゃんのご指導を仰ぎながら、3畝つくりやっと種をまきました。種をまいて優しく土のお布団をかけてあげました。

そして、ついにアスパラガスの畑の雑草取り!! アスパラガスの畝の支柱には番号がうってあって、38番まであります。今日は、1から4番までやりました。この畝、番号が増えるにしたがって長くなるの~~~

毎日すこしずつやってたら、終わるころには最初のほうに雑草が生えてきちゃう(泣) こちらもあせらずやります。

本当は、もっとアスパラガスの畑を増やしたいのだけど、息子一人で面倒を見るのは今の面積が限界です。誰か働いてくださる人がいれば、ど~~~んと増やしたい!! 

今後、どうやって労働力を確保して、規模を広げていくのか? どこを目指していくのか? 考えていかなくてはいけないなぁ。あっ、でも主に考えるのは息子で、私はあくまでお手伝い。

そして、こちらは小さなポットに撒いていたセロリの種。思ったより発芽率がよくてびっしり生えてきました。もう一つ大きなポットに植え替えて根がはるのを待ちます。セロリももちろん始めて育てるので、今後どうしていけばいいのか謎です。

ばあちゃんもセロリは育てたことがないそうなので、ネットで調べながら育ててみます。

大き目のポットに移したけど、まだたくさん。間引きしながら育てないといけないです。

今日は、暑くて疲れました。そして、日焼け止めクリームをたっぷり塗って作業したけど、唇とほほのあたりが少しひりひりします。

そうそう、日焼け防止の農作業用の帽子がなかなか見つからなくて困ります。ホムセンターやネットでも探しても気にいったのが見つかりません。なぜか小花模様のものがい多いのよね。

しかたないので自分で仕入れました。つば広でつばの周りにワイヤーが入っていて、自分の好きなように曲げられます。手洗いできてすぐに乾きます。農作業でなくても街でもおしゃれですよ。「女優帽」と命名しました(爆)

やっぱり着用した画像があったほうがわかりやすい。明日自分でかぶってスマホでとってもらおうかな。こんなおばちゃんでも画像がないよりマシうよね。忘れなかったらとります!!






続きを読む

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
森川農園の春アスパラの注文は5月25日までです。夏アスパラは7月から発売予定です。

いくつになっても子どもは子ども、母が80代で娘がアラカンでもです (笑)

母の母(私の祖母)はみなし子で、労働力としてもらわれた子だそうです。子どもの時にやさしい言葉をかけてもらったことがなく、おこられてばかりで成長したらしい。そのせいで母を育てる時にも、やさしい言葉をどういうふうにかけていいのかわからなかったらしい。

その影響なのか、母は私たち姉妹を褒めて育ててはくれなかった。いつも怒っていた。怒っているような口調でしか話さなかった。

しかも、最悪のことを想定して生活する習性を植え付けられた。良いことを考えて生きるように育てられれば、もっと若い時から広い視野と高い理想をもって生きられただろうに。

もう少し褒めて育ててもらいたかった。夢を見て追いかける生活はいいことだという教育だったら、楽しむことは良い事と思って生きてこられただろう。もっと自己肯定感が強く自信に満ちていただろう。

そのことに気が付いたのはもう40歳ちかくになってからだった。 
「何でも良い方向に考えよう。その方が楽しいよ!」
「完璧なんて無理。人間は神様ではないんだから完璧にならなくてあたりまえ。」
と生き方を変えた。

親の育て方って、アラカンになっても影響するんだと思う今日この頃。いまさら80数年生きた母の性格を変えるのは不可能だ。でも、もう少し家族を褒めてほしいよ。

KAZUdadsafd2_TP_V1

昨日、東京から帰り、すぐに野菜の苗を植えた。

母はいろいろ教えてはくれるのだけど、「そうじゃない! なにもわからないな(怒)」と、おこってばかり。最初からうまくでいるわけないでしょう。私は農家の子どもだけど、農業を実際にするのは初めてなのよ~~~

しかも、トラクターで畑を耕してくれたのは息子なのですが「 何回やっても上手に土を耕せない。まったくダメだ。」 と毎回、毎回くりかえす。

自分で耕せないから頼んでやってもらっているんでしょ? 多少、気にいらなくても「ありがとう」じゃないの? と言いかけたけどやめた。ひとこと言えば、10倍になって帰ってくるのが目に見えているので(苦笑)

「人目が悪い=世間体がわるい」 が母の口癖。他人のために自分が大変な思いをするより、多少、手ぬきをしても楽な方がいいと思うのだがそれがイヤらしい。

秋田に帰ると感じるイラッとした気持ち。これは、褒められもせず、認められもしない私の心の不満なのだ。

まじめで、神経質で、ユーモアがわからない母に育てられたので、最初の就職の時には私自身大変だった。手を抜かずに頑張ってしまうので、とうとう今で言うところの「うつ病」になってしまった。疲れたら気分転換することや、よい意味で気を抜くことができなかった。

いろいろ経験して、それなりに大人になって、とうとう母親の老後を見ることなった時には、自分もアラカン。なのに何才になっても母にとっては子どもでしかなく支配する対象なのだ。

親子ってむずかしい。血がつながっていて棄てることができないだけにますますむずかしい。

反面教師として、自分はそうならないように気をつけよう。子どもたちには、自分の好きなように生きなさいと言ってきた。人生は楽しむためにあるのよ。楽しむことは悪なんかじゃない。そして今からもたくさん褒めてあげよう!

私は体が動く限り一人で生きる。もし主人が私より長生きだったら、最後まで2人で生きる。

そのためには、体力よ! 筋肉つけなくちゃいけないのよ(笑) そして好奇心。外に出て人と話すこと。感謝を忘れず感謝の言葉を口に出すこと。

それから、巣鴨の刺抜き地蔵にお祈りして、ぽっくり行くように祈るわぁ(爆) だって息子たちの手を煩わせたくないもん。

疲れきってしまわないように、ストレスが爆発しないように、時々こうして書いて発散します。今日は愚痴に付き合ってくれてありがとうございました (笑)

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★

先日、断捨離シーズン1 を終了してシーズン2まではお休みと思っていたのですが、急遽つづきをやることになってしまいました。

昨夜、手つかずの魔の手芸用品の箱3個の中に必要なものがあり、とり出す羽目になりました。どうせ箱を出したのだから明日やってしまおう!! ということになりました。

今日は雨で外の仕事がなかったので、さっそくとりかかりました。

ビーズ、アクセサリー用の金具や工具、リボンにレース、革ひもに綿ロープ、ポンポンメーカーなどの便利グッズ、ワイヤー、透明なビニールリングにテクノロート類、ミシン糸にゴム類、いつかリメイクを楽しもうととってあるこわれたアクセサリー類、あるわ、あるわ!!

このほかに、まだ毛糸類の段ボールが縁側に10箱以上、ネットショップにアップしなくてはならない商品の箱が4箱、廊下にはネットショップの在庫が置かれてある本棚が2竿。こちらは、またぼちぼちと減らしていかなくてはなりません。

じっくり見ていると何日あっても足りないので、絶対にもう使わないものをゴミ袋に。そして、まだ使うものを大雑把にわけて、もう一度しまいました。

ニットデザイナー時代の残務がこの夏まであるので、完全に捨てることができません。またその仕事が終わっておちついたらダンボールを見直します。

ついでに布とリメーク用の着物地の箱の3箱も見直しました。2箱にして、1箱分はメルカリにだそうかな、と仕訳ました。
image
こちらが、メルカリに出そうかなぁ、と思っているものの一部。メルカリ用も段ボール1箱。

image
結局、
・ 手芸用品3箱が2箱に
・ 布類3箱が2箱に

ついでに
・ クロッシェカフェかぎ針編み認定講座用の箱3箱が2箱に

なりました。手芸用品の押入れの棚も、ちょっとスペースができました。

今週は19日に東京へ行きます。用事をいろいろ済ませて23日に秋田に帰ってくる予定です。もどって来たら、これらをメルカリに出したり、ネットショップにまだアップしていない商品をアップします。

メルカリにアップしたものは、みなさまにもお知らせします。もしほしいものがあったら、その時にはよろしくお願いします。

今日、明日、明後日で、税理士さんに出す書類を制作しなくちゃいけない(涙) 私が最も苦手とする数字の分野です(TДT)

こうして自分の不要なものを見まわしてみると、もう自分の心は手作りから完璧に離れてしまったのだと再確認。ホビーショーの様子をFB友達のみんなが投稿しているのを見ても、もう遠い世界のことでした。

好きで始めたことだったのだけど、利益が出ないことに疲れ果ててしまった。ニーズがない所でいくら頑張っても必要とされることはない、と言うことを思い知らされたのでした。

これからは、ネットショップを淡々とこなし、田舎暮らしを楽しんで森川農園の手伝いをします。

もうすぐ還暦。会社員や公務員の友人たちは、リタイアしはじめました。もう私もいやなことはなるべくしたくない。楽しくできることを穏やかな気持ちでやっていきたい。

荷物も減らして、心も体も軽くなりたい!! あらためてそう感じた今日の断捨離でした。

森川農園ネットショップ

森川農園ホームページ

森川農園ブログ


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

昨夜も少しだけ断捨離しました。

理想は、空いている空間がたくさんある部屋、引き出し。
N811_hurubitatannsunohikidashi_TP_V1

若かった時には、白い洋館とか、洋室にあこがれていたけれど、今は渋い和風が大好きになりました。人間て変わるよね。これは退化か? いや進化したということにしておこう(笑)

残っていた押入れをかたずけ、本棚の整理をして、45リットルのごみ袋ひとつと段ボール1個。これでちょっと隙間が空きました。


手芸材料と道具の段ボールが3個、服地とリメイク用の段ボールが3個、これはまだ中身をちゃんとチェックしていません。今、ニットデザイナー時代の残務処理の仕事をしているので、それが終わって落ち着くまで、もしかして必要になるかもしれないのでその後にします。来年の春かな。

そして、もうひとつ怖いので捨てられなかったものに、ネットの接続とか、スマホとか、そういうものの説明書やら書類やら。これ、どれが必要でどれを捨てていいのかまだ判断ができません。

スマホやネット環境をこの春に変えたので、これも1年たって落ちつけば棄てていいかな。こちらも来年の春です。

あとは、ネットショップ用の在庫商品。はやくアップして少しでも売って減らしたい!!

周りの環境がここ3年で著しく変わりました。まさか、実家に帰って森川農園の仕事を手伝うなんて、3年前は思ってもいませんでした。環境が変わったことで気が付いたことがたくさんあったし、考え方も変わりました。

今、ちょうど良い断捨離の時期なのです。荷物も、身も心も、断捨離して軽くなりたい。シンプルに暮らしたい。

レースも刺しゅう糸もビーズも毛糸も、いつかのためにとっておこうと思っていたけど、そのいつかは高確率でやってこない。自分の体力、気力は次第に衰えていくし、社会的に果たさなければいけない介護とか地域の問題とか、逆に増えて行きます。

特に衰えたのが、視力、聴力。そして集中力。もはや細かい手芸の仕事には耐えられなくなってきたのです。ちょうどよい区切りをつける時だよ、と秋田へ帰ることになったのだと思います。

まだまだそぎ落として身軽になって、本当に必要なものはなんだったのか? を考えていきたい。荷物をもってあの世へはいけないからね(笑)

もう、荷物は増やさないように! いらないものは買わないように! スッキリしている方が、どこに何があるかすぐわかるし、お掃除も簡単。ルンバがスイスイ動けるように(笑)

これでいったん自分の部屋は断捨離のシーズン1を終了します。実家のほかの部屋、千葉県の自宅は、もう少し後の宿題にします。千葉県の自宅には、ため込み魔の主人が陣取っている ((=゜エ゜=))

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

昨夜は、押入れをほんちょっとだけ断捨離しました。ネットショップ用の封筒類が少しだけ取り出しやすくなりました。

JSK542_boroboronoyousyo_TP_V1
画像は、理想の本棚! 本棚も断捨離しなくてはなりません。昨年、東京の事務所を閉める時にブックオフにとりに来てもらいました。それから、陸前高田市図書館ゆめプロジェクト にだいぶ寄付しました。

これは、本を直接おくるのではありません。読み終えた本を株式会社バリューコマースに送り査定をしてもらい、その買取金額相当を図書館に寄付するものです。着払いでバリューコマースに本を送れば、何円を寄付したか後で報告があります。

あとはメルカリ。これは少し前に私も登録しました。本ではないけど、雑貨をもう何点か売りました。捨てるよりは誰かに買ってもらった方がうれしいですもんね。便利な世の中になりました。こういうことがあると、断捨離をするモチベーションもあがります。

夕べはちょっとやっただけで眠くなってしまったので終了。それでも段ボール2個分の不用品を断捨離しました。少しの時間だったけどこれだけありました!!



今夜その続きをやりますが、なんかもう眠いです。 明日は久しぶりの秋田市のAUでの手編みサロンです。いつもより早めに寝れるようにちゃちゃとやります。


★ お知らせ ★
実家の森川農園のアスパラガス、本日から今年分の受付を開始しました。もう、すでにたくさんご注文をいただいております。本当にありがとうございます。

森川農園ネットショップ

森川農園ホームページ

森川農園ブログ


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ