人生の午後を楽しむアラカン女のブログ

高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。現在はネットショップを運営。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスや野菜のPRもがんばってます。アラカン女、小須田逸子の日常と思う事をありのままに書いていきます。

カテゴリ: シニア

母は80代。ご飯は私と同じくらい食べる。その他、おやつは私以上に食べる。なのに、母は全然太らずに30キロ台で骨と皮だけのバアさんである。

私はと言えば、水の飲んでも太る(泣) 母と同じものを食べているのに、私だけが太る (((( ;゚д゚)))

なので、夏になると蚊に刺されるのはいつも私なのである。蚊にとっては、私は見た目がぷくぷくしていて、いかにもおいしそうなのである。
ELL15110759_TP_V1
ところが先日、その日の蚊はものすごくおなかがすいていたらしく、この骨と皮だけの老婆を5~6か所刺した!!

今まで、こんなに一度に蚊に刺されたことがなかった母は、異様にかゆがった。

そして、
「蚊に刺されるのがこんなにかゆいものだとは知らなかった! どうしてみんなはあんなにかゆがるのか不思議だったけど、こういうことなんだ!」
と言う。

そうだよ、かゆいんだよ、一度のたくさん刺されたら! わざと大げささに騒いでいるわけでなないんだよ!!

80年以上生きて、初めて強烈なかゆさを経験した母。まだまだ、初めての出来事があるんだ、と驚いた日であった(笑)

ちなみに、私が一番好きなかゆみ止めは、昔からあるこれである!



こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

秋田県の昨日・一昨日の雨は止みました。本日は普通の梅雨らしいうっとうしいお天気でした。

わが森川農園はお陰様で、アスパラガスの枝の先っぽが少し折れるとか、山ずみにしていた雑草が水没してべとべとになった程度で、大した被害がでなくてすみました。本当にありがとうございました。

まだ水が引かない地域があったり、避難している方々もいます。仲間の農家さんは作物が大打撃の人たちがいます。道路も通行止めがあるし、秋田新幹線も大曲~秋田間は走れません。どうか一日も早く通常の生活に戻れますように。
image
自然は人間の浅知恵でなんとかできるもんではない。自然の前では人間は無力です。

そして、森川農園のアスパラも神様の気まぐれに翻弄されてます。ほら、双子なのか、くっついて離れません!! どうしようもない、成り行きにまかせるしかないのですよ。この現実を受けいれるしかありません w(゚o゚)w オオー!  

さてさて、そんな大雨の中、能天気な老婆がここにも一人いました。テレビを見ても、事態の深刻さがちっともわかってないっぽい。
「 同じ大仙市だよ! ほら、あそこの刈和野のところだよ。」
「 花火通りのあの橋だよ。あの通りだよ。水があふれているでしょう!」
と言ってもピンとこないらしい。のんきに相撲の応援などしていました。

なぜなのか? すべての感覚が鈍くなっているんでしょう。

暑い日も「 水を飲んでね。」と言ってもぜんぜん飲まない。「のどがかわかないんだもの。」と言う。とにかくコップに飲み物を入れて飲んだのを確認しなくてはいけない。一事が万事こんな感じで、新しい情報がぜんぜん頭の中に入って行かないようです。

友人とラインで無事かどうか確認しあった。そこの実家の一人暮らしのお母さんも、避難するように迎えに行ったけど、一人で家にいると言い張り、大げんかのすえやっと連れ出したと嘆いていました。

身に危険がせまっているのが理解できない。そしてガンコ!! いざ逃げるとなると、まともに動けないから周りにも迷惑がかかる。そんなことさえ見通せる能力が減っている。

しかも、自分ではできないのにいつも文句だけ言う。明るいことは言わないで、常に最悪の事態を想定した話をする。

昨夜も母のことを考えてゆううつな気分になって、一人でツイートしてました(爆)
ストレスたまります!!

老化は避けられない。でも、すこしでも筋肉、気力、脳みそを鍛えて、なるべく若い人に迷惑をかけないバアさんになりたい。

雨の洗礼をうけ、老化への恐怖を感じ、ちょっと暗~い気分になっちまった。

こんな日はさっさとお風呂入ってビール飲んで寝ようっと。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



先月、母が転んで耳を切り、肩や首などを打ってしましました。その様子は、以前のブログに書きました。
・恐れていたことがおきてしまった
・続 恐れていたことが起きてしまった

紆余曲折ありましたが、整形外科に行き、痛み止めの注射をして、筋肉が柔らかくなるという薬をもらってきて、今はおちついています。
image
その時にもらった薬についてと、この事実から考えた事を書きます。

母が処方してもらった薬は
・ カロナール
・ チザニジン
という2種類を2週間分もらいました。

「痛みが治まったら飲むのをやめていいし、少しずつ減らしていってもいいですよ。」という説明でした。

goo辞書 薬の手引き によると

カロナール どんな薬か?

体温調節中枢や神経中枢にはたらきかけて、熱を下げ、痛みをやわらげる効果のある薬です。


と言うことで、これは母の首のあたりに熱を持っていたために出されたと思います。

チザニジン どんな薬か?

筋肉の運動に関係している脳・脊髄(せきずい)にはたらきかけて、神経の過度な興奮を鎮め、筋肉の痛み、こわばり、緊張を解消する薬です。中枢性筋弛緩剤にはいろいろな種類があります。

副作用

①過敏症状(発疹(ほっしん)などのアレルギー症状)がおこることがあります。過敏症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。

②ときに、ねむけ、めまい、ふらつき、頭痛、頭重感、倦怠感(けんたいかん)、意識障害、運動失調(複雑な動作や作業ができない)、かすみ目、吐き気・嘔吐(おうと)、胸やけ、胃のもたれ、下痢、便秘、腹痛、食欲不振、口やのどの渇き、一部の薬ではまれに胸内苦悶(きょうないくもん)(胸が苦しい)、呼吸障害のほか、かゆみ、足の脱力感、排尿障害といった症状がおこることがあります。また、 塩酸エペリゾン製剤では、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死(えし)症がおこることがあります。

このような症状がおこったときは、必ず医師に相談してください。

③肝障害、腎(じん)障害、血液障害、ショック、眼瞼下垂(がんけんかすい)がおこる薬もあります。副作用のチェックや薬の効果を確かめるために、定期的な検査が指示されることがあるので必ず受けてください。

使用上の注意

①いろいろな剤型がありますが、食後の服用が原則です。ただし、1日あるいは1回の服用量・服用時間・服用回数、服用期間については、医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。内服剤は、必ずコップ1杯以上の水で飲んでください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。とくに、過去に筋弛緩剤を使用して過敏症状をおこしたことがある人、てんかん、精神疾患、肝・腎障害、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)のある人は、必ず医師に報告してください。また、塩酸チザニジン製剤 では、重篤な肝障害の人には使用できません。

③妊婦または現在妊娠する可能性がある人、母乳で授乳中の人は、あらかじめその旨を医師に報告してください。

④高齢者や小児が使うと副作用が出やすい薬です。医師の指示を守ってください。

⑤ねむけ、注意力・集中力・反射運動の低下などがおこることがあります。使用中は自動車の運転、高い場所での作業などの危険を伴うことはしないでください。

⑥この薬を服用中は禁酒を守ってください。

⑦薬によっては、 フェノチアジン系抗精神病剤 バルビツール酸系催眠鎮静剤などの中枢神経抑制剤、MAO阻害剤との併用、及び筋弛緩剤どうしの併用で、お互いの薬の効果が増強し、副作用が現れやすくなります。ほかの薬を併用するときは、必ず医師に相談してください。また、塩酸チザニジン製剤 は、 マレイン酸フルボキサミン製剤または シプロフソキサシン製剤を使用中の人には使えません。必ず医師に報告してください。



と言うことです。

母はこの薬を飲んでどうだったか?

結論から言うと、すごく効きました。はじめの2~3日は打撲の痛みがまだあったようですが、その後は全く何事もなかったかのように、いや、以前より元気にしていました。

いつもは目がさめた時から、肩や腰を痛そうにしていて、顔をしかめて起きてくるのに、この薬を飲んでいる間はそんなことがありませんでした。まるで何歳か若返った感じでした。

そして薬がなくなった今、元のように肩や腰を痛そうにしていて、顔をしかめています。歩くにも立ち上がるにも「よいしょ、よいしょ」と自分の体を自分で支えられない感じです。そして「今日は日曜で鍼灸院がお休みなので、明日は鍼灸院に連れて行ってちょうだい。」と言っています。

医師の処方箋の薬はやはりすごいです。こんなに効くのならずっと飲ませてあげたいほどです!

でも、私がお世話になってる整体の先生によると、使い続けるのは体によくないそうです。こんなに良く効くということはそれ相応の副作用があるはずだし、筋肉が緩みっぱなしになってしまいますよね。


では、市販のサプリなどでこれに近いものはないのだろうか? 調べるといろいろありました。



う~ん、これだと薬剤師さんがいる薬局でかうのでしょうか? 処方箋より弱いのでしょうか?

サプリだと、






定期購入できるサプリには
・ 笑みの種
・ きなり
などがありました。

ビタミンBが肩こりに効くので、ビタミン剤でもよいというお医者さんのコメントもありました。

私は以前、人工股関節にする前、毎日痛み止め薬を常用していました。薬を飲まないと痛くて寝返りもできないほどで、仕事になりませんでした。なので、薬の処方箋を書いてもらうために定期的に整形外科に通っていました。

私の股関節は、変形性股関節症という病気なので、痛み止めの薬もしょうがないと思います。でも母の肩こり、腰痛はどう考えても老化です。医師の処方した薬をのんで副作用が出るようなことはしないほうがいいでしょう。

サプリも飲んでみなければわからないけど、気休め程度ではという想像です。

できれば自然の衰えを受け入れて、痛みも疲れも生きている証拠と思って生きられれば一番です。でも、本人はつらいのだろうな。痛みが減るのなら、薬がほしいと思っているのだろうか?

なるべく筋肉が衰えないように体を動かし、脳細胞も衰えないように人と会い話をし、できれば文章を書くとかして鍛えてくれるとありがたいのですが、なかなかそうもいきません。

私も母の年齢の80歳を超えたら、肩こり、腰痛に効く薬があったら、副作用があっても飲みたいと思うのだろうか? 老いを受け入れることができるのだろうか? 自信がありません。

超高齢化社会に突入する日本、医療と人生の質について、ずっと答えがない問題を抱えていくことになりますね。

★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


 



昨日、一昨日と還暦を祝う会で岩手県のつなぎ温泉にお泊まりで行ってきました。

楽しかった 
でも、超つかれました(笑)

同窓生は全部で180人でしたが、参加したのは半分ほどでした。

画像は、お宿での2次会の席です。お泊りなので、帰りの時間や車の運転を考えずに飲みまくりです!還暦を祝う会ですが、気分は15歳の乙女のまま(爆)

この会に参加して思ったこと、まずは60年間たいした病気もせず、こうしてお祝いの会に参加できたことは本当にしあわせだということ!! だって、すでに亡くなった方がたくさんいたのです(涙)

それから、女性陣は介護とかいろいろあって、お泊りでは参加できない人がかなりいました。2日目のお昼は地元に帰って、その人たちも合流してランチ同級会でした。

実家の母は足腰が弱ったとはいえ、まだ私が何日かお泊りで出かけられるのだからありがたいことです。

そして、がんの大手術を昨年した人とか、数年前にくも膜下出血で救急車で運ばれて手術したけど、いまではフルマラソンを走るほど元気になった人とか、糖尿病の薬を欠かせなくなってしまった人もいたり、とにかく本当に人生いろいろでした。

女性陣は、この日のために洋服を選んだり、美容院へいったり、それなりに若作りをしてでかけてきたと思われ、みんな若くて美しかった。だれだかすぐにわかりました。

男性陣は、よく言えば貫禄がでて出世していて(頭は禿げるか白髪で、腹は出ておっさん臭がしている ともいう! )誰かわからない人が続出。さすがに同じクラスの男子は、話していたらすぐに誰かわかりましたが。

中学生の時にはまったく目立たなかった男子がえらく出世していたり、勉強できた子がどこでどう暮らしているかわからなくなっていたり、人生てどうなるかわからないわ!!

この会に欠席した人たちは、もちろん仕事の関係で来れない人もいるでしょう。体調が悪い人もいるのでしょう。介護で外出もままならない人もいるのでしょう。

もしかしたらご主人が奥さんのお泊まりを嫌がる人だっているかもしれない。

そして人生が思う方向に進んでくれず、みんなに会いたくない人もいるのでしょう。1泊の宿泊費や交通費がままならない人だっているのでしょう。

そんなことを考えたら、自分はなんて幸せな人生を歩んできたのかと思わずにはいられませんでした。感謝しかありません。

60歳を機に仕事はきっぱりやめるという人もいるし、65歳まで再雇用制度で働くことにした人もいた。自営業だからずっと元気なうちは働くという人もいた。ずっと専業主婦の人もいた。でもみんな思っていることは、子どもや孫の世代がもっと暮らしやすい世界であってほしいということ。

私も自分の生き方をもう一度考えるよい機会になりました。私はまだまだ頑張るよ。体が元気なうちは世界とつながっていたいし、すこしでも社会貢献したい。遊んでいるだけの老後はつまらないよ!!

ちゃんと自分の仕事で自分の老後の資金を稼ぎたいし、森川農園のお手伝いもしたい。健康に注意してがんばります。

そうそう、担任だった先生たちと主任の先生を合わせて、6人の先生にお世話になっていました。主任の先生は亡くなったそうですが他5人はご存命。だけど来てくださったのは唯一の女性だった加藤イヨ先生。

加藤先生は、私たちが15歳の時に35歳だったので現在80歳です。なのにびっりぎょうてん!! 同窓生と見間違うほどお若い!!

ハイヒールで背筋はピンとしていて、お話も若いころとお変わりなく、脳細胞も衰えていないことはすぐにわかりました。驚異の80歳でした。爪の垢をもらってくるんだった~~~

あんな80歳になりたいわ。そんな目標もできた還暦を祝う会でした。

本当にお世話係のみなさまにお疲れ様を言いたい。おかげで思い切り楽しむことができました。今日はたぶんまだ疲れが抜けていないと思います。ゆっくり休んでくださいね~~~

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



昨日から還暦のお祝いの会で、岩手県のつなぎ温泉に来てます。

イヤ〜、楽しかったよ!
これから観光バスで帰ります。

みんなに画像を載せていいか、チェックしていないので風景を載せます。



セロリもだいぶしっかりした苗になってきました。

今日は、これから還暦の同級会でお出かけです。つなぎ温泉でお泊りです。なので明日までは農作業できない。かえってきたら段どりします~~~

それにしても、ばあちゃん曰く、寒くて今年は野菜の育ちが悪い!!
うん、たしかに6月も下旬になろうとしているのに、こたつがはずせない。私の部屋の電気ストーブ、実はまだしまっていません。正確にはしまったけどあまりの寒さのために、また引っ張り出してきました。

私の部屋は夏は最高に涼しい北向き。冬も最高に寒い北向き(泣) この季節でもお日様のあたる部屋と比べると極寒。寒がりの私がじっとすわってパソコンをしていると、足元からじわ~っと寒さがしみてくるのです(涙)

いつもは太平洋側の岩手県が「やませ」にやられて冷害になるのだけど、今年は日本海側の秋田の気温が低い。こままだとなんだか やばい! 気がします。お天気が持ち直して、例年並みの気温になることを祈ります。

さてさて、同級会のことで気もそぞろな私です。みんないいジジィ、ババァになっていることでしょう(笑)

では、行ってきます!!


★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
春アスパラの販売は終了しました。夏アスパラは7月上旬から販売予定です。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ばあちゃんが転んでしまいました。
 
それは今から1週間前のこと。老人会で道路ばたに花を植える日だったのです。母はみんなとおしゃべりするのを楽しみに出かけました。 

そこは私の足で歩けば5〜6分なのですが、母は到底歩けません。少ししか歩けないのに自転車には乗れる。なので自転車に乗って出かけたのです。

これ都会に住んでいる人には不思議だと思いますが、田舎の老人にはよくあることです。足腰が弱って遠くには歩けない。でもまだ自転車に乗ることは出来る。または運転は出来る。

なので、田舎の道路は運転手にとって超危険です。フラフラ自転車を漕いでいる老人がいるし、半分ぼけている人が運転している車が走っている(≧∀≦)

母は、車をよけようとして路肩に寄り過ぎて、アスファルトと土の境目でバランスをこわして自転車ごと倒れてしまったようです。

左の路肩の草が生えている方に転んだらしい。

耳が痛かったと言っていましたが、そのまま作業したようなのです。

お昼に帰って来て、なんだか様子がおかしいので聞いてみたら、なんと耳の後ろが切れていたのです!

びっくりしてまずは消毒薬を付け、今日はもう雑草取りとかしないように言い渡し(畑に出るのが母の生きがいです)その日は様子をみました。

母は転んだことを隠しておこうと思ったらしい! もう自転車に乗るなと怒られるのは目に見えているからです。自転車に乗れなくなれば、もはや自分ではどこにも出かけられなくなるという事です。

次の日、母はちゃんと起きて来たのでひとまず安心。でも左の耳が腫れ上がっていました。傷はだいぶふさがっていたのでよかったと思いました。

しかしその次の日、左の肩が痛いと言い出しました。そりゃそうだ。自転車で転んで、体を打たなかったわけがありません。

その次の日は膝が痛いと言い出しました。80歳を過ぎているのに、自転車で転んで骨折しなかったのは奇跡でした。これくらいで済んでラッキーでした。

ところがまた次の日、今度は首が痛いと言い出しました。様子を見るしかないと思いましたが、だんだんひどくなるようでした。

週明けの昨日、母がかかりつけの鍼灸院に行くというので送って行きました。今朝、全然よくならないというので、整形外科に連れて行くことに!

整形外科でレントゲンを撮り、血液検査で炎症がないか調べました。

結局、骨に異常なし。炎症もなし。(´▽`) ホッ! 痛み止めの注射を打ってもらい、湿布と痛み止めの薬をもらってきました。

そして、お医者さんも、薬剤師さんも、交通事故や転んだ怪我など、あとから痛みが出る人が多いということと、すぐには治らないのでじっくり直すこと! 頭の重さを支える筋肉が弱っているので、首の痛みや肩こりがひどくなっていることを説明してくださいました。

同じことを私も説明しているけど、娘の言うことはまったく信用しない(笑) でも、まずはこれで少し安心しました。

自転車で転んで、骨折もせずよくこれくらいで済んだよ!! よっぽど悪運が強いようです(笑)

でも私にとっては、今後このようなことが度々起こるだろうという警告でした。明日は上京であさっては仕事。その準備が実はまだできていないのです。きのうは鍼灸院、今日は病院のつきそいで時間が費やされてしまいました。

老人を抱えていると、いつどんなことがおこるかわからないから、すべての準備を前倒しでぬかりなくやっておきなさい! と言うことです。爆弾を抱えているのと同じことですね。肝に銘じておきます。

と言うことで、今夜は眠れるかな? 寝れなくても明日の新幹線で眠れるからまだいいですが。

75歳以上の人に、車の免許を自分から返納するように、国も地方も進めています。亡くなった主人の母も、子どもたちが車の運転をやめるように必死に説得していました。でも、やはり足腰が弱って自分の足ででかけられないので、運転して出かけてはあちこち車をぶつけていました。

本当に危険だと思っていました。もう本人が亡くなってしまった今だから言うけど、自分が事故で死ぬぶんには仕方がないけど、誰かを間違ってひいてしまったらとりかえしがつかないよ! と困り果てていました。

国は、もう後期高齢者は全員免許を取り上げるとか、車は運転しないとか、決める時期ではないかと思います。高速道路の逆走とか、ブレーキとアクセルの踏み間違いとか、このままではますます増えると思う。

そういう私も75歳なり、80歳になった時に、潔く運転免許を返納できるのか???

まずは、自分の頭の重さを支える筋肉は鍛えなくては。筋肉ばあさんをめざします! 願わくは脳みそも筋肉と同じように衰えないように鍛えたいものです。

では、いまから仕事を開始します!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 





ばあちゃんが転んでしまいました。

それは今から1週間前のこと。老人会で道路ばたに花を植える日だったのです。母はみんなとおしゃべりするのを楽しみに出かけました。

そこは私の足で歩けば5〜6分なのですが、母は到底歩けません。少ししか歩けないのに自転車には乗れる。なので自転車に乗って出かけたのです。

これ都会に住んでいる人には不思議だと思いますが、田舎の老人にはよくあることです。

足腰が弱って遠くには行けない。でもまだ自転車に乗ることは出来る。または運転は出来る。

なので、田舎の道路は運転手にとって超危険です。フラフラ自転車を漕いでいる老人がいるし、半分ぼけている人が運転している車が走っている(≧∀≦)

母は、車をよけようとして路肩に寄り過ぎて、アスファルトと土の境目でバランスをこわして自転車ごと倒れてしまったようです。

左の路肩の草が生えている方に転んだらしい。

耳が痛かったと言っていましたが、そのまま作業したようなのです。

お昼に帰って来て、なんだか様子がおかしいので聞いてみたら、なんと耳の後ろが切れていたのです!

びっくりしてまずは消毒薬を付け、今日はもう雑草取りとかしないように言い渡し(畑に出るのが母の生きがいです)その日は様子をみました。

母は転んだことを隠しておこうと思ったらしい! もう自転車に乗るなと怒られるのは目に見えているからです。自転車に乗れなくなれば、もはや自分ではどこにも出かけられなくなるという事です。

次の日、母はちゃんと起きて来たのでひとまず安心。でも左の耳が腫れ上がっていました。

傷はだいぶふさがっていたのでよかったと思いました。

しかしその次の日、左の肩が痛いと言い出しました。そりゃそうだ。自転車で転んで、体を打たなかったわけがありません。

その次の日は膝が痛いと言い出しました。80歳を過ぎているのに、自転車で転んで骨折しなかったのは奇跡でした。これくらいで済んでラッキーでした。

ところがまた次の日、今度は首が痛いと言い出しました。様子を見るしかないと思いましたが、だんだんひどくなるようでした。

週明けの昨日、母がかかりつけの鍼灸院に行くというので送って行きました。今朝、全然よくならないというので、整形外科に連れて行くことに!

今、整形外科の待合室でこれを書いています。レントゲンを撮ったところです。

まずはここで一旦ぶろぐをアップします!

続きを後ほど付け加えます。







★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらです ★
森川農園の春アスパラは5月25日までです。夏アスパラは7月上旬から発売予定です。

3重苦です。

近視・遠視・乱視です!

眼鏡をかえました。2週間前に眼鏡屋さんで色々と計測し、ようやく取りに行ってきました。

目の疲れがひどくてどうしようもありませんでした。それぞれに度が進んでいたようです。車の運転用・パソコン用の二つの眼鏡と、スマホは眼鏡なしの複雑な生活でした。これも解消できるのか?



見かけ今まで使っていたものと大差ありません。ちょっとレンズが大きいです。

遠近両用なので、微妙に角度をかえなくてはいけない。それがはたから見ると年齢を感じるポイントなんだよね。実際、年齢を重ねているのでしょうがないけど。

今は遠視用のレーシックがあるらしい。どうなんだろ?

できることなら、目をひっこぬいて新しい目と交換したい(笑) そんなことをしたら目がますます怒って反抗的になるかな?

しばらく、新しい眼鏡に慣れるまで戸惑いそうです。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

昨日はこどもの日でした。
MARIIMG_3306_TP_V1
現在を生きる子供たちは、いったいどれくらいまで生きられるのか? 地球の環境がどうなっているかわからないので、予測はつけにくいですね。

現在の長寿ナンバー1記録はどんな人でしょう。


世界の一の長寿記録者は、フランス人の女性 ジャンヌ・カルマンさん(1875~1997)
なんと、記録は 122歳と164日 だそうです。

私の倍以上の長生きをされたのですね。しかも、120歳の時の写真を見たら、にこやかに笑っていらっしゃる!!

旧約聖書には「人間の齢は120年を超えないだろう」と書いてあるのですが、その神の予言をも2歳こえたんですね。

現在 (2016年のデーター)100歳以上の方をセンテナリアンと呼ぶそうです。世界には120万人いると推測され、日本では65000人 いるそうです。

110歳以上のスーパーセンテナリアンは300人以上いると言われていますが、戸籍など、確かな資料で年齢を証明できる方は43人。その中の42人は女性です。

この43人のうち、21人が東洋人。白人が17人。ヒスパニック系3人、黒人2人だそうです。

長寿の要因の多くは遺伝子であるらしい、と言うことがわかっています。ニューヨークのマウント・サイナイ病院の研究によると、スーパーセンテナリアンだけが持つ遺伝子の特徴がみつかったそうで、100歳以上になった時に、心臓疾患・がん・アルツハイマーから身を守る働きをするということです。

こういう研究が進んで、元気な高齢者が増えることはうれしい事です。

そして、長寿者が集まっている地域として、イタリアのサルディーニャ島、ギリシャのイカリア島、日本の沖縄があげられます。これらの島は長寿のための環境が良いということでしょう。

遺伝子的な要因のほかに、大事な要因もあります。

・ 正しい食生活をする
・ 周囲に環境汚染がないこと
・ 健康的な生活のために自分をコントロールするための教育水準があること

などです。

遺伝子的な要因は今から変えられないけど、他の要因なら少しはがんばれます。そして私的にはこれに加えて、

・ 筋肉が落ちないように体を鍛えること
・ 好奇心を持つこと

が必要だと実感しています。

我が家のばあちゃんは、耳が遠い。それに加え目も悪くなってきました。白内障と推測しているのですが「眼科へ行こう」と誘っても「あと何年も生きないんだから、もういいよ」と言うのです。でもスーパーセンテナリアンだったら、まだ40年近く生きるわ。やっぱり、引っ張ってでも眼科へ連れていかなくちゃ(笑)

昔のように60歳になったら退職で、悠々自適な隠居暮しなんてとんでもない。これからは少子高齢化でますます働き手が不足します。元気なうちは、少しでも社会に役に立てるように仕事をしなくちゃ。そして、元気な期間をできるだけ長くしたい。

そして、次の世代の子どもたちに良い環境の地球を残してあげなくちゃ。

ますます、やることがたくさん出てきますね。まずは、ぎっくり腰の間、休んでいた筋トレを再開します(笑)

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



昨夜、ふろ上がりの母が座椅子に座り「おかしい・・・・・」と言って目をつぶった。これは、いよいよ脳卒中か心臓に来たか! と救急車を呼ぼうと思いました。

そうしたら目を開けて「目の前がまっ白になった」と言うではないですか。ひとまず白湯をもってきて飲ませました。それでおちついてくれたので、朝まで様子を見ることに・・・・・

YUKA160322230I9A4320_TP_V1

だいじょうぶでした(ほっ!)

貧血か、水分不足だったと思います。数年前まで貧血の薬を処方されていましたから。

母は日ごろからあまり水分をとりません。コーヒーは一日3杯ほど飲みますが、普通の水はほとんど飲まない。お風呂あがりだと普通の人は水を飲みたくなると思うのですが、ぜんぜん飲まないのです。本人は「まったく水を飲みたいとは思わない」のだそうです。

昨年の夏は、お風呂あがりを待ち構えて水を渡して飲ませました。外から帰った時も、すぐに水を手渡しました。言葉で言っただけでは飲まないことがわかったからです。

冬の間、夜中に足がつるというので原因を考えました。電気毛布を一晩中つけて寝ているので、そのために水分が足りないのではというアドバイスをもらいました。

ということで、水を飲んでね! とだけ言っておいたのですが、冬の間はさほど気にせずにすごしてしまいました。

母は、体重が40キロありません。ガリガリに痩せています。筋肉が本当に少ない。水を貯えるための筋肉が少ないので、体の水分量がただでさえ足りないのでしょう。

そして感覚が鈍くなり、のどの渇きも感じなくなっている。コーヒーは利尿作用があるので水分補給をしたとはならないそうです。

自分ではまだまだ動けると思っている母。なのに感覚が鈍って水分不足を感じることができない。これから暑くなると、本当にこちらで気をつけないといけません。熱中症で死なせてしまったらしゃれにもなりません(/TДT)/

今日、これからポカリスエットと麦茶を注文します!!












こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



↑このページのトップヘ