ばあちゃんが転んでしまいました。

それは今から1週間前のこと。老人会で道路ばたに花を植える日だったのです。母はみんなとおしゃべりするのを楽しみに出かけました。

そこは私の足で歩けば5〜6分なのですが、母は到底歩けません。少ししか歩けないのに自転車には乗れる。なので自転車に乗って出かけたのです。

これ都会に住んでいる人には不思議だと思いますが、田舎の老人にはよくあることです。

足腰が弱って遠くには行けない。でもまだ自転車に乗ることは出来る。または運転は出来る。

なので、田舎の道路は運転手にとって超危険です。フラフラ自転車を漕いでいる老人がいるし、半分ぼけている人が運転している車が走っている(≧∀≦)

母は、車をよけようとして路肩に寄り過ぎて、アスファルトと土の境目でバランスをこわして自転車ごと倒れてしまったようです。

左の路肩の草が生えている方に転んだらしい。

耳が痛かったと言っていましたが、そのまま作業したようなのです。

お昼に帰って来て、なんだか様子がおかしいので聞いてみたら、なんと耳の後ろが切れていたのです!

びっくりしてまずは消毒薬を付け、今日はもう雑草取りとかしないように言い渡し(畑に出るのが母の生きがいです)その日は様子をみました。

母は転んだことを隠しておこうと思ったらしい! もう自転車に乗るなと怒られるのは目に見えているからです。自転車に乗れなくなれば、もはや自分ではどこにも出かけられなくなるという事です。

次の日、母はちゃんと起きて来たのでひとまず安心。でも左の耳が腫れ上がっていました。

傷はだいぶふさがっていたのでよかったと思いました。

しかしその次の日、左の肩が痛いと言い出しました。そりゃそうだ。自転車で転んで、体を打たなかったわけがありません。

その次の日は膝が痛いと言い出しました。80歳を過ぎているのに、自転車で転んで骨折しなかったのは奇跡でした。これくらいで済んでラッキーでした。

ところがまた次の日、今度は首が痛いと言い出しました。様子を見るしかないと思いましたが、だんだんひどくなるようでした。

週明けの昨日、母がかかりつけの鍼灸院に行くというので送って行きました。今朝、全然よくならないというので、整形外科に連れて行くことに!

今、整形外科の待合室でこれを書いています。レントゲンを撮ったところです。

まずはここで一旦ぶろぐをアップします!

続きを後ほど付け加えます。








スポンサードリンク