★ 森川農園の朝とりアスパラはこちらからどうぞ ★

気分はすてたいモードなのに、時間におわれてなかなか手がつけられなかった断捨離。昨夜、第1歩をふみだしました。まずは、実家の自分の部屋のタンス。断捨離完成の理想のイメージはこんな感じ。
PPW_huruitatemonotozashiki_TP_V1
何にもない畳の部屋。そして古民家。床に何も置いてなくて、掃除ロボのルンバがどこまでの行けそうなおうちを夢見ています(笑)

でも、実家は私の家ではなくて母の家なので、好き放題にはできない。自分の部屋だけは好きにできるので、まずはそこからです。
image
母が嫁入りの時に持ってきたレトロなタンス。それを使わせてもらっています。実家にちょくちょく帰るようになったのは、父のガンが見つかった2013年の夏ごろから。その後父が亡くなり、母の体力が落ちて秋田にいることが長くなったのが2015年の夏。その1年後の昨年、事務所も移してほぼ秋田にいることになりました。

だから、実質3年ちょっとで持ち込んだ洋服、買った洋服があふれ出しています。千葉県には自宅があってそちらにも洋服があり、そこもあふれているんだからすごい(TДT) 実は私のものより主人のものがすごい。洋服なんて多分私の3倍はある!! でも自宅はまだ当分手が付けられません。

このタンスに収まる洋服の量にしたい! しかし実際は厳しく、はみだしています。ため込みすぎは何事もよくない。空間を空けておかないと新しい物も事も、これ以上は入り込めないということ!


昨夜の成果は、45リットルのビニール袋に1個分の洋服と1個分のゴミです。このブログを書き終えたら第2夜の断捨離を始めます。

第2段は押入れの中をやります。押し入れは、私の部屋に2個あるのですが、どちらも下の段は実家の荷物があります。ここはどうしようもない。母の持ち物を勝手に処分することはできない(泣)

一つの押入れには主に手芸道具と材料が入っています。もう一つは書類とネットショップの発送のための資材と仕事関係の資料です。どちらも簡単ではないけど手をつけなくては。

廊下と茶の間の縁側には、手芸屋だった時の在庫がまだまだたくさん残っている。部屋には、まだネットショップにアップさえしていない商品が段ボールに数個残っている。これをサイトにアップしないことには売ることもできない。これを早く終わらせないと!!

今日は、6時起きで朝食の準備と洗濯。朝食のかたずけ後は母のアッシーで運転と買い物。帰ればもうお昼ご飯の支度。午後はニットデザイナー時代の残務処理の仕事をして発送。郵便局に用事ででかけたらもう夕ご飯の支度の時間。おかたずけしてやっとブログを書いています。

これから断捨離だから、また深夜になる。東京にいた時は24時間自分の仕事のために時間を使えたけど、もうそういうわけにはいかない。雑用の断捨離が必要だわ~~~ 

今、私の時間を奪っているものの原因がニットデザイナー時代の残務処理。これを考えただけで気分が落ち込む。話せる時が来たら、このブログでもこの件の考察を書きます。

ぎっくり腰も、このストレスからきたんではないかと思うほど。ああぁ、私はニットデザイナーという仕事はとことん合わなかったんだ(苦笑) 一刻も早くこの仕事を終わられて心を軽くしたい。

私の生活、思考は変わりました。それにふさわしい棲み処にしたい。シンプルになりたい。心の叫びです。

では、断捨離第2段にとりかかります!!

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 



スポンサードリンク