24日から始まった秋田県大仙市での 国際花火シンポジウム。

25日には7000発の花火が春の夜空に打ち上げられました。
 AME_8421hadenahanabi_TP_V1


我が家では29日の最終日にチケットをとっております。現地で見る迫力はぜんぜんちがいます。光と音楽の祭典です。一瞬で消える花火のはかなさ、美しさ、言葉では言い表せません!! 雨が降らないのを祈るばかりです。

25日夜には 、我が家の居間の窓越しで鑑賞しました。打ち上げの場所からは3キロほどはなれているのでだいぶ小さく見えますが、それでも絶景スポットです。打ち上げの音が数秒遅れて聞こえるのはご愛敬ということで(笑)

FMはなび の生放送の解説を聞きながら見ました。 プログラム は国際花火シンポジウム実行員会のサイトからダウンロードして準備。それを見ながら解説を聞くととてもよくわかりました。 

花火の解説をしたら日本一、いや世界一の、コニー こと 小西享一郎さんの解説が面白すぎる。FMはなびのアプリをダウンロードしたかいがありました。

大曲は花火の振興に力を入れている街です。先日も新工場をオープン。各業者さんが創造性の高い花火に注力できるようするため、この工場をオープンさせたそうです。
普段はもの静かでおっとりした大曲の人たちですが、花火に関しては熱い!

外人さんなどあまり見かけるこがないこの街に、世界から技師や観光客が訪れ、それを子供たちがもてなしたことはとても意義がありました。

子供の時にこうして外人さんをお迎えして交流することは、狭くなりがちな視点を世界に向けることになるからです。

今夜、明日の夜、そして29日と、あと3晩も花火が楽しめます。世界で最高峰の芸術的な花火がたっぷり楽しめて幸せです。

とにかく、最終日、わが家が現場へ出かける日は雨が降らないで!! と祈るばかりです。

こちらもよろしく!

Facebook
Twitter
Instagram 

小須田逸子って誰さ?
問合せはこちらです 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 




スポンサードリンク