今まで誰も本当のことは言いませんでした。たとえ思っていても現役の時には言えなかった。でももう引退したんだもん、誰にどう思われたっていいわ、言っちゃうよ!

12-3

世の中には、特に力を入れて宣伝しなくても、自然にお客様が来てくれるところがあります。

それは一般庶民が使うもの、毎日必要な実用品を扱っているところです。お米や食パンや肉や野菜は毎日食べるので、なんの宣伝をしなくても店先に置いておけば売れます。

洋服だってそうです。高級な呉服屋さんは普通の人は日常では着ないので、お客さんであふれることはない。だけどユニクロやしまむらは、普通の人が毎日着るものなのでお客さんであふれかえっています。

世の中には、やりやすい商売と苦労する商売があります。私が身を置いていた手芸の編み物って「高級趣味品」で、最もやりにくい商売です。たとえ1000円以下のヘアアクセサリーを編んだとしても、それは必需品ではないので「高級趣味品」です。

これは、資本主義の歴史が証明しています。
私はそんなことも知らないで、たまたま好きで編んでいた編物を、深く考えることもなく仕事として始めました。個人が都内に店舗を構えて、固定費をかけて続けられるような商売ではないのです。マーケットサイズを考えればわかります。

お米が必要な人は日本人全員ですから1億2千万人います。でも手編みが好きな人、習いたい人、買いたい人はどのくらいいるのか? 人口の10000人に一人いると仮定するとマーケットの大きさは12000人だけです。気合と根性で頑張ればなんとかなると思ってがむしゃらに頑張ったけど、それではお金は入ってきません。

手編みニットをアパレルとして売っている人たちも、お金持ち相手の商売なのできびしい。お金持ちがいる場所で、少ないお客様をとりあって売らなければならないからです。デパートの衰退はまさにこれが理由です。

編物や手芸のクリエーター、講師、デザナーなどは大金持ちにはなれない仕事です。大金持ちになりたい人は、今すぐやめてください。

大金持ちにならなくていいから、好きな仕事をして多少の収入になればうれしいという人にはおすすめです。

手芸のクリエーター、講師、デザナーなどは、ほとんど資本金がなくても始められます。今はマーケットプレイスなどもあるから、作品が作れてスマホがあれば、リスクもなくすぐに始められます。

講師も、カフェなどを利用すれば場所の心配もなく始められるし、ブログやFBやツイッターをちょっとがんばればそれなりに集客もできます。

でもね、世の中にはいくら死ぬ気で頑張っても発展する仕事と、衰退する仕事があります。儲かる仕事と、ぜんぜん儲からない仕事があります。冷静に数字を見ればわかります。「 高級趣味品 」を扱う仕事は一番やりにくい仕事です。

そして、手作りで自分が作れる作品数は限界があります。つまり収入の上限が決まってしまいます。

手芸やクラフトの教室は、本当に月謝が安いです。「 高級趣味品 」を扱う仕事なのに教室の単価が低いって致命傷です。ましてカルチャー教室などは講習料の半分しかもらえません。これでは交通費にもなりません。

教室を開講しても、一気に数百人も生徒さんを抱えるようにならないと利益はでません。教室の相場というものがあります。あまりにもかけはられた高額の教室には、いくら人気デザイナーでも集客することはむずかしい。

でも私はこの仕事がやりたい、大金持ちにならなくていいから続けたい、という人は、作るものや扱う作品を工夫しなければなりません。大衆に支持されるものを扱うことです。だれもが日常で使えるもの、使いやすい色や形にしてください。要するに普通のデザインのものを主流にしてください。

ド派手な色で、どこに着ていけばいいのか、どこで使えばいいのかわからない奇抜なものは、まず売れないし作りたいと言ってくれる人もいない。上の私の作品画像のようにね(泣) かわいい、すてき、と言ってくれるけど買ってはくれません。必要とされていないからです。

世の中とてもシンプルです。みんなが持っているもの、使っているものが売れます。カッコイイものや誰も持っていないものを売るのは至難の業です。

つまり、
日常使えて、だけどちょっとおしゃれなもの、しかも自分が買える金額のものというのが売れ筋です。

もろもろのことがわかりはじめたのが遅すぎました (苦笑) 

夢を壊すようなことを言ってごめんなさい。私にはこのような条件をはねのけてやっていく才覚がありませんでした。

いつしか苦しいことが増えていき、楽しくなくなっていきました。そして、仕事って何? と考えました。仕事って苦しむためにするものではないはずです。もう苦しむのはやめようと決断しました。

私は、編物を仕事として成り立たせたかった。事業としてやっていきたかった。事業としてやっていけない理由は今までのべてきたとおりです。

事業として利益を出したいのに、私は乗る船を間違えました。タンカーにのって石油を大量に運んで売りさばいて利益をあげたかったのに、漁船にのってしまいました。いくら頑張っても積める量は限られてしまいます。

今までネガティブなことばかり書きました。でも、この仕事がまったくなくなることはないでしょう。女性は本能的に自分や自分の身の回りを飾りたいと思うし、ものを作ることは楽しいからです。

私は現状を打破できませんでしたが、これを読んでいるみんなには、ぜひ解決策を見つけて頑張ってほしい。

本当に勝手な希望だけど、こんな大問題をはねのけて、大金持ちになるクリエーターが出てほしい! と期待している私です。


小須田逸子をフォローする!     

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ  

にほんブログ村


スポンサードリンク