まったく商売をしたことがなかった私でも、一応、経営者としてお金の勘定をしていくうちに、前とはぜんぜん違う感覚が身につきました。

PAK65_torinosubottlenarabu20130825_TP_V1

その中の一つに、レストランやお店に入って、すぐに計算をはじめてしまうという習慣がついてしまいまいした。

・ これくらいの広さだと家賃は何万円くらい?
・ バイトは何人いる?
・ 客単価は一人どれくらい?
・ お昼には何回転して、何人位お客さんが入る?
・ お料理が出てくるまで何分?
・ 材料費はどれくらい?
・ この時間帯でこの人数だと・・・・・

かわいくない客です(笑)

その昔、ママ友とランチしていたころにはそんなことなど考えませんでした。ただ楽しくおしゃべりしてランチを食べていました。

いったん商売をはじめてからは、もう元へは戻れません。このチラシはわかりにくいとか、このポップは行けてるとか、このお店の名前は何屋かわからないから損しているとか、中が見えなくて入りにくいとか、目線が変わってしまいました。

この前六義園に行ったときなんか、きれいな花が咲いていたのに、植木屋さんが働いているのを見て、この広大な庭園の維持費はいくらかかるんだ? と言った具合です。

元生徒さんや仲間の仕事ぶりを見て、よいところと悪いところが透けて見える (笑) 私自身のお店やオリジナルデザインはちゃんとできていないのに、他人のことはよくわかる。

・ この人は華やかに見えるけど、内実は苦しいはずとか、
・ この人は地味だけどコツコツやって生徒さんがついてきているなとか、
・ そろそろ次のステップに行く時期だなとか、
・ 今は無理しないほうがいい、余計な経費はかけないで! とか
・ 派手に立ち回っているけど、実力がともなっていないよ、とか
・ 今はじっくりと自分のオリジナルデザインをつくりこむ時期、とか
・ ここに集中した方がいいのにとか、
・ ブログのここを直せばもっと生徒さん来るのにとか

それを、自分の仕事に生かせばいいのにそれができないのが、人間らしい自分です(爆)

最初のころは、気合と根性で頑張ればなんとかなる、と思ってがむしゃらに頑張ったけど、気合と根性ではお金は入ってきません!! 愛があればお金なんていらない、というお尻の青い子の恋愛と同じで、絶対にうまくいきません。

商売は数字です。私はこれがまったくダメでした。そして、利益がでなくて、だんだん心が苦しくなっていった。このあたりのこともそのうち書いていきます。

マーケティングばかり勉強してもだめです。基礎を勉強したら、オリジナルデザインの制作をする。オリジナル教材を作る。オリジナルカリキュラムを作る!! です。あちこちのマーケティングのセミナーをはしごしてもあなたの作品は売れないよ。生徒さんは増えないよ。最後は作品力です。

ああぁ、経営者としてちっとも儲からなかったけど、失敗談だけは誰よりも豊富な私です(苦笑)

小須田逸子をフォローする!     

Facebook
Instagram
Twitter

小須田逸子って何者?
問合せはこちらです 
   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ  

にほんブログ村


スポンサードリンク