秋田農村写真集 人生の午後

明るい農村の風景や、野菜、花などの画像をお届けします。画像は無料です。ご自由にお使いください。2016年、高齢の母のため実家の秋田県大仙市に移住。田舎の良さを伝えるシニアです。元ニットデザイナー。実家の森川農園の手伝いやアスパラガスやダリアや野菜のPRもがんばってます。

★ 小須田逸子をフォローする ★
ac2f685e2-s ba24bda655-sab88b9b8e-s



このジャングルのようなところ、それは森川農園のアスパラガス畑です。

今日は、小春日和で暖かかったのですが、カッパを来て完全防備の息子です。

アスパラガスの葉は細くてちくちくしているので、刈り取る時に服にささってくるのです。草刈り機でどんどん根もとから刈り取ります。すぐ、草刈り機のガソリンがなくなって、何度も補給しながらの作業です。

これを集めて積む作業が、またまた大変です。今夜はこれから雨になりそうなので、切ったアスパラガスが濡れて重くなります。

畑をきれいにしたら、堆肥をまいたり手入れがまだまだあります。

ダリアの刈り取り、球根の掘り出し、球根の選別と、ダリア畑の仕事もたんまりあります。

それが終わったら、庭木の冬囲いに、家の冬囲い。雪が降る前にどこまでできるだろう?

まだまだ冬の休憩とはいかない森川農園です。

あっ、妹一家が来てくれて、長芋ほりは無事に終わりました。写真を撮りそこねました (涙)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


11月に入り、冬もちかずいてきました。

森川農園のアスパラガス畑はどうなっているかというと、アスパラガスの葉はすっかり茶色。かろうじて実がまだあります。


農園主の息子は、本日、アスパラガスが倒れないように張っていたビニールの紐をとりはずしています。画像で黒く見える紐です。



アスパラガスは茶色に枯れてきたのに、地面の雑草はいまだに青々としていますよ。なんて強い!! この雑草のような最強の人生を送りたいものです。

えっ、誰か「これ以上強くなってどうすんの?」と言ったでしょう(笑)
 

明日には、このアスパラガスは根元からかられる予定です。いよいよ畑も冬の風景です。

雪が降る前に、ダリアの刈り取り、家の雪囲い、庭木の雪囲いなど、まだまだやらなければいけないことが山ずみです。

明日は、妹一家が来て、長芋堀りをしてくれる予定です。

お天気になりますように!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








もう、ダリアの根本から刈り取らなくてはなりません。

そして球根の堀りあげです。

また、来年の5月末~6月上旬に植え、8月下旬にはきれいな花を咲かせてくれることでしょう。

今年もたくさん咲いてくれてありがとう!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





孫の1歳の誕生会を開く予定だったのに、具合が悪くなって入院(≧∀≦)   お見舞いに行きました。

知らない爺さんと婆さんが来たので、不審な目で怯える孫(^。^)

特に爺さんはどこぞの組長のように強面だからなぁ(笑)

快方に向かっているとの事で、よかったです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

母の唯一の趣味とは、これです!



クロスワード!!

毎月、秋田おばこ農協の広報誌が来るのですが、その巻末にのっています。これを毎月まじめに考えて空欄を埋めます。

時々、今どきの流行とか、ネット関係の言葉を埋めなければいけない時があります。そうなると、息子や私が動員されます(苦笑)

そんなのにつきあっている暇はないよ、勝手にやってよ! と思うのだけれど、なんといってもこの家の世帯主は母で、固定資産税を払っているのも母だからねぇ~~~

卑弥呼さまに逆らうことはできない(笑)

今月も私が動員されました。無事に完成!!

80代の脳みその老化を遅らせるのにはちょうどよいかもしれない。

こんなアナログな趣味なんて今どきやっている人がいるのかしら? と思ったら、意外や意外、クロスワードのアプリまであるのね。びっくりしました!!

森川農園についての記事は、別ブログにすることにしました。
こっちも読んでね!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

実りの秋。梨、ブドウ、リンゴ、栗。本当においしいものが実って幸せな季節です。

私の大好物は柿!!

果物の王様といわれるドリアンも、女王といわれるマンゴスティンも食べたことないけど、たぶんそれを食べたとしても、私の中では柿が一番。

本日は、その柿をむいて干しました。


こちらが、昨日、親戚が持って来てくれた柿。干し柿用に、ヘタの上に枝を少しつけてもぎ取ってくれてます。ありがたや、ありがたや!!


ほっておくとすぐに熟してしまいます。20個ほどは渋抜きをして保存して、他は干し柿にすることにしました。

母と二人で、まずは皮をむく作業。その後、1個1個しばって7~8個の固まりに。それを熱湯にちょっとだけつけたあと、このように天日に干します。


8時半ごろから始めて、お昼前までかかりました。おいしいものを食べるのには手間がかかる (* ̄∇ ̄*)  あとは、お天気になって干し上がるのを待つだけです。

食べきれない分は冷凍します。そうすると、1年中楽しめます。下の画像は、去年の冷凍干し柿を解凍したもの。時々、デザートとして食卓に並びます。


先日、友達のカフェに行ったときも話した。
「還暦って自分や、周りの人や環境を考え直す時期だよね。」って。友人のご主人も、今までまったく興味がなかった畑仕事に興味を持ちだしたとか。

自然と共鳴する昔ながらの生活の知恵が、どれだけ大切なのかに気ずかされる。若い時には、自分が生きていくこと、のし上げることに精一杯で、そんなことを考える余裕はなかった。

そして最後には、食べることが生きることに直結していることに気が付かされる。食べ物そのものや、調理や保存の仕方がどれだけ大事ということに、やっと目覚める。それが人生のサイクルなんだろうな。

こうして、実りの秋にたくさんのおいしいものが食べられることに感謝!!

森川農園ホームページ

森川農園ブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ